FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターハンターワールド 情報まとめ(9/24現在)

こんばんは~
管理人のFLATです。
今年のTGSはモンハンパワーでかなり繁盛したみたいですね
自分はいけませんでしたが、友人は参加しているみたいです。
大型タイトルの後編が出てくれるのはやっぱり良い物ですね
今年と来年は注目のゲームも多いので、今から色々と期待して行きたいと思います。

それでは今日はその話題のモンスターハンターワールドについて現時点での情報をまとめて行きたいと思います。
(特に製品情報やシステム面が中心です)
また、今回は大枠となっている情報が中心となっております。



■発売日
これは結構驚いた人もいるかと思います。
MH:Wの発売日は「1月26日」に決定しました、
ぶっちゃけ最初は初頭とぼやかしていたので3月くらいになると思っていましたw
そう考えると結構気合を入れてスケジュールを組んだのでしょうね
おそらく皆さんも早くプレイできると言う事でかなり嬉しかったと思います。
もちろん延期などの可能性もありますが1月にプレイできる事を期待しておきましょう。

■値段
定価は9,698円になっていますね
一部では高いと言われていますが個人的には妥当と思っています。
今作は今までとはシステムやグラが新しいものですから開発費がまずかなり掛かったでしょう。
開発期間も長かったでしょうし、タイトルブランドも考えるとこれでも頑張った方なのでしょう。
そもそも最近はフルプライスだとこれくらいするゲームを多いですからね
ゲーム作成難易度から考えるに今後はこれくらいがスタンダートになってくるかもしれません。
むしろ資金はしっかり回収して今後にしっかりと繋げていって欲しいところです。

■ハード
日本語版はPS4のみで海外はそこに+PCとXoneになりますね
もちろんDL版とパッケージが存在します。
これに関してはおそらくPS4が一番人口が多くなるでしょう。
グラ的にはPCも気になりますが、日本語版と考えると私もPS4でプレイすると思います。

■モンスター
これは新モンスターが大量に出てくるみたいです。
逆に旧モンスターは結構リストラされるんじゃないかと予想されています。
現時点ですとレイアとレウス、ボルボロス、ディアブロスは確認されているみたいです。
ただ、PVなどではほぼ新モンスターだったので本編でもそうなる可能性大ですね
こればかりは新作と言う事で新しいものを押し出して行きたい意図があるのでしょう。
そもそも今作はモデルも前作から使いまわし出来ませんからね
個人的には旧モンスターもいっぱい出て欲しいですが、基本的には新モンスターが中心になるかと思います。
もちろん旧モンスが出てこないと決まったわけではないのでそちらにも期待したいと思います。

■武器
武器は既存の14種類ですね
新しいモーションなどが追加されるみたいです。
ちなみにおそらくスタイルや狩り技は廃止でしょうから、そこの影響も気になります。
まぁ、イメージとしてはX以前のシステムに近づくんだと思います。
ちなみに乗りは健在です。

■マップ
これは現在2つ判明しているかと思います。
マップ内はシームレスでここがワールドの由来ですね
マップの広さはまだ完全には把握できていませんがFTがあるくらいですから広いのでしょう。
また、マップ内にかなりギミックがあるみたいなのでそれも楽しみですね
生態系なども観測できるみたいですし、そういった点でもかなりの変化といえそうです。
ちなみにモガの森のように自由にマップ内を探索するモードも存在するみたいです。

■集会場
まさかの16人部屋になる見たです。
もちろんクエは4人なのでそこからさらにパーティを組む感じになるのでしょう。
これで集会場もかなり賑わいを見せそうですね

■キャラクリエイト

これはかなり一新された模様です。
判明している情報だけでも細かく設定できるようになっている事が確認できました。
(洋ゲーなどの)クリエイトに近い感じです
これで今までみたいにワンパターンな顔じゃ無くなりますね
おそらく頑張ればかなりのクオリティの顔が作れるでしょう。
今作のグラも相まって期待感のあるシステムの一つですね
ちなみに今回は頭装備を非表示に出来る嬉しいシステムもあるみたいです。

■武器強化
これが個人的はかなり嬉しかったですね
今作の武器強化は完全にツリーで見れるようになりました。
攻略サイトとかの派生表がまんま強化画面で使えるイメージです。
これでだいぶ武器の強化先とか見比べるのが簡単になりましたね
色んな武器を試すタイプの自分にはもってこいの仕様です。
また、今作は強化した武器を巻き戻す事が出来るみたいです。
しかも素材まで戻ってくるという親切設計(お金は戻ってこないかと思われます)
これでお試しで武器が作りやすくなりましたね
なので、ワールドでは積極的に色んな武器を自分で試して行きたいと思います。
ちなみに防具については試着も出来るようになりました。

■ウィッシュリスト
生産・強化したい装備を登録することで、いつでも必要な素材を確認することができるようになる機能
また、登録内容に応じて、素材が集まるとシステムメッセージで告知してくれるみたいです。
これでいちいち武器やに確認に行く必要や覚えておく必要がなりなりましたね
これもなかなか便利な機能かと思います。
ただ、一部では物欲センサースイッチとかも呼ばれているみたいですねw
これは新たな迷信が増える予感です。

■お守り
こちらも健在みたいです。
ただ、もしかするとスキル周りが少し変更になる可能性があるのでこちらもそれに対応するかと思います。
お守りシステムの最大の変化は生産・強化が出来るようになる点ですね
(どれくらい自由に生産・強化できるかは不明)
これは今までのプレイヤーからしたらかなり画期的なシステムだと思います。
これでもうお守りマラソンに苦しまされることは無くなるかもしれませんね
まぁ、これに関して詳しい仕様の発表を待ちたいと思います。

■特殊装具「装衣」
これは新システムですね
アイテム扱いとなっており、使用すると一定の効果が得られるみたいです。
(消費アイテムではなく、制限時間つきの無限アイテムでクールダウンが必要)
現時点では以下の装衣が判明しています。
隠れ身の装衣:一定時間、モンスターの視界から身を隠せる。攻撃を行うか、ダメージを受けると効果が終了する。
動の装衣:ダメージのリアクションが無くなり風圧無効、聴覚保護、耐震の効果を得る。受けるダメージが減少する。
挑発の装衣:モンスターに狙われやすくなり、モンスターを望む場所に誘い出せる。攻撃を受けると効果が終了する。
滑空の装衣:ジャンプの滞空時間が長くなり、強風の吹く特定の場所では、風に乗って移動することもできる。
       また、ジャンプ攻撃でモンスターに乗りやすくなる効果を持つ。

■モンスターリスト
これも大きく一新されたみたいです。
具体的には肉質だったり。弱点が分かるようになりました。
挙句には素材や部位破壊位置、状態異常のランクまで載っています。
ぶっちゃけ変な攻略本よりも詳しそうでした。
これも今作を代表する親切設計な部分ですね

■トレーニングルーム
自由に武器などの確認をする事ができます。
気軽にモーションなどの確認が出来るのは嬉しいですね
また、ダメージの確認も出来るので作った武器の火力の確認なんかにも使えます。
特に検証勢とかはうまく活用しそうです。



今回のまとめは以上になります。
まだ細かい点はいくつもあるので、それもいずれ紹介できればと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~
スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンター:ワールド
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。