FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドウバース 新カード情報その3(ワンダーランドドリームズ)

こんばんは~
管理人のFLATです。
E3も終わり、新しいゲームの情報が大量に公開されました。
個人的にはモンハンの新作がかなり気になりますね
ただ、噂されていたゲームの情報が公開されなかったのが残念でした。
そちらは今後の情報公開に期待したいと思います。

今日も前回に続いてワンダーランドドリームズのカードを紹介をしたいと思います。
カードの公開ペースが速く、今回もおおよそ半分くらいの紹介になります。
また、クラス順にまとめていたため、クラスの偏りもございますがご了承ください。
それでは、始めます。


・幽霊屋敷

・クラス:ネクロマンサー
・コスト:1
・レアリティ:ブロンズ

[効果]
カウントダウン 3
自分のターン中、自分のフォロワー(ゴーストを除く)が破壊されるたび、ゴースト1体を出す

[コメント]
何とも言えないカードですね…
序盤だとフォロワーをトレードした際に一点プラスできるのでそう考えればそれなりの効果だと思います。
ただ、カウントダウンはそんなに長くないですし、後半に引いてもどうしようもないカードですからね
もう一つは骸の王との組み合わせですが,そちらだとさすがに悪霊の饗宴のほうが相性は良いです。
結局は場にも残らないので、現状のネクロのコンセプトを考えると活躍の場はそこまで多くなさそうですね


・冥河の導き手

・クラス:ネクロマンサー
・スタッツ:2/2/2
・レアリティ:シルバー

[効果]
ファンファーレ
ネクロマンス6:このバトル中に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーと同名のフォロワー1枚を手札に加える。
(コスト最大のフォロワーが複数あるなら、その中からランダムに1枚)

[コメント]
死者の帰還内蔵型のフォロワー
現状だとヘクターや不死の大王なんかを回収できるので、効果自体は使い道がありそうです。
ただし、コストがネクロマンス6と言う事でかなり重いので、そこが最大のネックになると思います。
意外と墓地は余らないものなので、そう考えるとこれを入れることで寧ろ動きが窮屈になってしまう可能性もあります。
余程墓地に特化したデッキじゃないと気軽には採用できないんじゃないでしょうか?
少なくとも現行のネクロデッキがそのまま残るようなら採用する枠はないかと思われます。


・謎かけの芋虫

・クラス:ネクロマンサー
・スタッツ:4/4/3
・レアリティ:シルバー

[効果]
自分の他のニュートラル・フォロワーすべてを+1/+1する。自分の他のネクロマンサー・フォロワーに2ダメージ。

[コメント]
遂にネクロのカードなのにニュートラルを強化してネクロを締め出すカードが来ましたね
さすがにこれはクラスシステムに逆らいすぎだと思います。
そして効果自体もかなり微妙ですね
そもそもニュートラルがネクロに絡みにくいですし、ネクロフォロワーは横に広げるタイプですからね
そう考えるとだいぶミスマッチなカードだと思います。
もしニュートラルが強くなった場合は使えるかもしれませんが、それだともうクラス関係なくなりますからね
個人的には次の環境か心配になるカードの一つだったりします。


・ダークアリス

・クラス:ネクロマンサー
・スタッツ:7/5/5
・レアリティ:レジェンド

[効果]
ラストワード
自分の場のネクロマンサー・カードすべてを消滅させ、ダークアリス1体を出す。
次の自分のターン開始時、自分の手札と自分のデッキのネクロマンサー・カードをすべて消滅させる。

[コメント]
これもなかなかすごいカードですね
デメリット読むともうニュートラル以外使うなって意思が伝わっています。
(一応デッキ圧縮として使えなくもないですが)
効果自体も1コス小さいモルディカイなので、正直デメリットと釣り合ってない気がします。
これなら普通にモルディカイ使った方がデッキ組む際に幅が広がりそうです。
それでも使う場合はニュートラル中心の専用デッキを組む必要があるかと思います。
さすがにここまでしなきゃまともに使えないカードなので、個人的にはあまり期待感はないですね
ちなみにこのカード自体も複数入れていると出した際に残りが消滅したりします。


・災厄の屍王

・クラス:ネクロマンサー
・スタッツ:4/4/4
・レアリティ:レジェンド

[効果]
攻撃不能
自分のターン開始時 ネクロマンス6; このフォロワーを進化させる。

進化後 4/4/4
攻撃可能
ラストワード
災厄の軍団を1体出す

[コメント]
こちらも制限付きの小型モルディカイのようなカードですね
こちらに関しては進化前提で効果が組まれているカードになります。
進化後にモルディカイ効果と攻撃が可能になります。
また、進化については進化権の他にターン開始時にネクロマンスでも行う事ができます。
このカードの最大のメリットはやっぱり4/4/4の高スタッツにあると思います。
進化後状態を維持できれば4/4を場に置いておけるのでかなり優位に立てます。
ただ、進化前に倒されたり、進化後が4/4なのでモルディカイ並の働きをするかと言われればそんなことはないでしょう。
あくまで低コストが売りの疑似モルディカイみたいな形になると思います。
ネクロマンスも序盤だと厳しい数字ですし、個人的には少し使い難い印象を受けますね
少なくとも4コス枠だからと言って適当にデッキに挿して働いてくれるカードではないでしょう。
なので、このカードはネクロマンスを重視したデッキに採用される程度に留まるかと思います。


・ジェド・マロース

・クラス:ネクロマンサー
・スタッツ:5/5/7
・レアリティ:ゴールド

[効果]
ファンファーレ
自分の他のネクロマンサー・フォロワーすべてを破壊する。「そのフォロワーの数」と同じだけ自分のリーダーを回復する。

[コメント]
ネクロには珍しい回復効果も持ちのカード
場のネクロフォロワーを破壊するデメリットがあるが、その代わりに回復すると言った形になっています。
と言っても、回復自体は最大4点なのでデメリットに対してはオマケ程度になりそうです。
このカードの最大の魅力は5/5/7の高スタッツにありますね
5コスでこの体力は倒すのにかなり苦労するかと思います。
そして場にフォロワーがいないorニュートラルフォロワーだけなら、高スタッツがそのまま出せる形になっています。
運営側もこれを想定してスペックを設定しているのでしょう。
こういった高スタッツカードは優秀だとは思うのですが、現状のネクロだとちょっと相性が悪いですかね
ネクロはフォロワーを横に並べるやすいことが利点なので、場にフォロワーがいないとジリ貧になることが多いです。
逆に並んでいる状態で出すと不利になってしまう可能性もあるので、どうにも出しどころが難しいカードになっています。
なので、その他のカード同様に新カードによるネクロニュートラルデッキに期待…て感じになるかと思います。


・再生の毒林檎

・クラス:ネクロマンサー
・コスト:2
・レアリティ:ゴールド

[効果]
自分のニュートラル・フォロワー1体はネクロマンサー・フォロワーになり、「ラストワード このフォロワーと同名のフォロワー1体を場に出す」を持つ。

[コメント]
ニュートラル限定の再生効果を付与することの出来るスペル
制限があるとは言え,コスト2で再生ラスワを付与できるのはかなり強いです。
大型ニュートラルに付けるだけで一気に面倒になりますし、場の状況を一変させる可能性を持っています。
どこまでニュートラルが絡めるかはわかりませんが、これだけで大型ニュートラルは入れる価値あるかもしれませんね
ネクロに変化する効果は現状何とも言えませんが、新弾の情報視る限りだとデメリットになってしまいそうです。
場に残ると言うネクロに合った効果のカードなので、環境での活躍に期待しているカードの一つです。


・悪夢の処刑人

・クラス:ネクロマンサー
・スタッツ:4/0/3
・レアリティ:シルバー

[効果]
必殺
交戦時カードを1枚引く。

[コメント]
ドロー効果と必殺を持つフォロワ―
相手フォロワーを必殺で倒しつつ、1枚ドローできるのは普通においしいと思います。
うまくやれば2ドローしつつ2体持っていけるので、そうなってくればかなりのアドバンテージになります。
ただ、その代わりかスタッツが恐ろしく貧弱ですね
特に攻撃に関しては進化しないと0点なので、リーダー自体を攻撃できないのは大きなデメリットになります。
また、除去にも弱いので現環境を考えると少し活躍するのは難しいのかなと思います。
(現在シーフや(疾走・突進なし)必殺フォロワーをあまり見ませんからね)
まぁ、効果的に2pickと相性が良いので、そちらだと結構見かけそうな気がします。


・狼少年

・クラス:ヴァンパイア
・スタッツ:2/3/1
・レアリティ:シルバー

[効果]
このフォロワーは攻撃力1のフォロワーに攻撃されない。

[コメント]
なかなか面白いスタッツと効果を持ったフォロワー
攻撃力1に攻撃されないので、1コスのフォロワーに倒される心配がない点が地味に大きいですね
無視すると2コストの3打点になりますし、なかなかいやらし設定になっている気がします。
無論2コスト帯には普通に倒されますし、1点スペルでも死ぬのでそこら辺が流行ってるかで変わってくるでしょう。
それでも体力3(特にグリームニル)を単体でトレードできるのは大きな利点でしょう。
2コスト帯自体が激戦区なので使われるかはわかりませんが、個人的には面白いフォロワーだと思っています。


・トーブ

・クラス:ヴァンパイア
・スタッツ:2/3/3
・レアリティ:ブロンズ

[効果]
攻撃不能
自分の場にニュートラル・フォロワーが出たとき、突進を得て攻撃可能になる。

[コメント]
大前提としてニュートラルフォロワーがいないと動くことができません。
なので、2コストでこいつを出して3コストでグリームニルなどを出すと言った動き方がメインになりそうなカードです。
動くために縛りがありますが、そこさえクリアしてしまえば3/3が3ターン目に動けるのでかなり強力です。
(3コスニュートラルも現状でミニゴブやグリームニルなどの強力なフォロワーがいるのも大きいです)
イメージとして復讐の悪魔→ベルフェゴールの小型版みたいな感じでしょう。
ニュートラルを絡めないといけない縛りはありますが、こいつに関してはそれに見合う強さがあると思います。
ただ、突進を活かすには同時に2枚のカードを出さないといけないのでそちらメインで使うのは難しいでしょう。
(後半では3点除去スペル的な動きは出来ると思います)
また、現状のヴァンプにほとんどニュートラルが絡んでいない点については、新弾に期待するしかないでしょう。


・致命の刃

・クラス:ヴァンパイア
・コスト:3
・レアリティ:ゴールド

[効果]
相手のフォロワー1体は「攻撃時 このフォロワーに3ダメージ」を持つ。
復讐状態なら、相手のフォロワー1体ではなく、相手のフォロワーすべては「攻撃時 このフォロワーに3ダメージ」を持つ

[コメント]
シャドバには珍しい相手フォロワーに効果を付与するタイプのスペル
実質的に3点スペルで復讐状態なら3点のAOE効果になります。
コストと効果を考えればなかなか優秀ですが、即効性がないためその点がネックになる可能性もあります。
分かりやすい所だとネクロなんかで効果を付与したフォロワーを利用されるとスペルの撃ち損になってしまいます。
(守護の場合でも攻撃せずにそのまま置かれてしまう事も考えられます)
このようなデメリットも考えると少し使い難さが目立ってしまいますね
しかもヴァンプには優秀な除去スペルが多いので、それらも含めとこのカードが使われる可能性は低いでしょう。


・邪悪なる妖精・カラボス

・クラス:ヴァンパイア
・スタッツ:6/6/6
・レアリティ:レジェンド

[効果]
ファンファーレ
このバトル中、自分のリーダーは、「ターン開始時に自分のPP最大値は+1されない」と、
「自分のターン終了時、相手のリーダーに1ダメージ、カードを1枚引く」を持つ。
(邪悪なる妖精・カラボスの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)

[コメント]
遂にリーダーに効果を付与するカードが来ましたね
まぁ、ハースだと似たようなカードがあったので何となく予想はしてました。
効果自体はなかなかヴァンプにマッチした効果をしていると思います。
まずデメリットとしてPPが増えなくなってしまいます。
これはもちろん大きなデメリットなのですが、それでも最低で6PPは確保できます。
ヴァンプ自体アグロに組まれることが多いので、そういった意味ではこのデメリットは他クラスと比べれば軽く済みます。
そしてメリットの効果も手札を大量に消費するヴァンプには嬉しいですし、バーン効果もアグロにマッチしています。
(ただ、PPが余らなくある可能性があるのでそこがどれだけ影響してくるかですね)
そういった点を考えるとクラス特性にはマッチしたカードになっているじゃないかと思います。
もちろんこのカードを採用するとコントロールは組み難くなるなど問題もあるので、ある程度構築は絞られます。
(ドロー効果自体はコントロールにこそ欲しいカードなんですけどねw)
後はこれ自体を出せるのが6ターン目なので、場合によっては試合が決まっていたパターンも出てくるかもしれません。
そこら辺が次の環境に適応してないとどうしても使うのが難しくなってしまいますね
総評としてかなりピーキーではありますが、上手い事使えれば圧倒的に有利にしてくれるカードって所でしょう。


・変装の牙

・クラス:ヴァンパイア
・コスト:1
・レアリティ:シルバー

[効果]
ターン終了まで、自分のニュートラル・フォロワー1体は「フォロワーへ攻撃したなら、ダメージを与え合う前にそのフォロワーを破壊する」を持つ。

[コメント]
コストが1のニュートラル限定のメデューサの魔眼
正直現状メデューサが使われていないことから、このカードも使われなさそうです。
思ったよりメデューサ効果自体も活かせる場面は多くないですからね
さすがにコスト下がっても制限が付いちゃ厳しいでしょう。
そもそもコスト2が1になってもそこまで運用上に違いが生まれないので、あんまり利点にならないんですよねw


・バンダースナッチ

・クラス:ヴァンパイア
・スタッツ:5/4/5
・レアリティ:シルバー

[効果]
突進
ファンファーレ
エンハンス7:ラストワード「次の自分のターン開始時、コスト6以上のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す」を持つ。

[コメント]
なんとも使い勝手がよさそうなカードが来ましたね
まず5/4/5の突進の時点で結構評価できます。
5コス帯は進化合戦になりやすいので、そこを温存できるのは大きいですね
次にエンハンスですが、こちらもなかなか面白い効果だと思います。
特に大型やラストワード系を持ってこれれば大きなアドバンテージになります。
ただ、効果の発動タイミングが遅いので、そこまで絶対的に頼りになる効果ってほどではないでしょう。
あくまで素の性能と合わせて使い勝手が良さだなと判断しました。
極端なパワーカードでは無いですが、使いやすそうだなぁと感じるカードでした。


・緋色の剣士

・クラス:ヴァンパイア
・スタッツ:5/2/4
・レアリティ:シルバー

[効果]
必殺
ファンファーレ
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ、自分のリーダーを2回復。

[コメント]
必殺+進化のいらないワードローブレイダーverですね
スタッツこそ低めですが、効果がかなり強いですね
普通にワードローブレイダー効果は強い上に進化権いらないですし、オマケに必殺まで付いています。
最悪バーンにも2点使えると考えるとかなりのパワーカードじゃないでしょうか?
先のカードも含めてヴァンプの5コス帯は一気に強化されそうです。
現在はカオスシップ型が主流ですが、もしかすると本格的なミッドレンジヴァンプ何かも登場してきそうです。
逆にワードローブレイダーはこのカードの登場でだんだん見なくなっていくかもしれませんね


・デモンオフィサー・エメラダ

・クラス:ヴァンパイア
・スタッツ:7/4/5
・レアリティ:ゴールド

[効果]
ファンファーレ
相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。復讐なら疾走を持つ。

[コメント]
除去+復讐疾走持ちのフォロワー
これに関してはエクスキューション(5)+ダークジェネラル(4)+0/+2なのでどう考えてもコスト以上の効果ですよねw
コストが少し重い弱点はありますが、守護倒しつつ顔面殴れるのはフィニッシャーとしてかなり優秀です。
現状ヴァンプは復讐に入るのも容易ですから、このカードはかなり警戒の対象になりそうです。
もちろん文句なしのパワーカードですし、普通に環境には入れそうなカードです。
ただ、アグロが流行るとコストの大きさがネックになるので、そこは少し懸念点かと思います。


・深淵の落とし子

・クラス:ヴァンパイア
・スタッツ:8/6/7
・レアリティ:レジェンド

[効果]
潜伏
攻撃時 このフォロワーが潜伏状態なら、相手のリーダーに6ダメージ
ラストワード
このフォロワーが潜伏状態なら、相手のリーダーに6ダメージ

[コメント]
最低でも6点バーンが消滅以外で補償されるフォロワー
ただし、両方の効果を満たすのはヴァンプだと手段がないと思います。
典型的なフィニッシャーカードで潜伏で除去されない点も優秀です。
たとえAOEやランダムで除去されても最低で6点バーンはしてくれます。
(顔面を殴れてしまえば12点なので、顔面への火力としてはかなり高いですね)
コストが高いと言った弱点はありますが、一度出してしまえば相手側は一定のダメージを覚悟することになります。
スタッツ自体も放置できる大きさじゃなりませんし、何ともいやらしい設定になっているカードですね
これらの点はフィニッシャーとして最高峰の資質になっているんじゃないかと思っています。
逆に弱点はコストと即効性のなさが挙げられるでしょう。
(即効性のみを重視するなら素直に疾走の方が使いやすいかと思います)
なので、コントロールで試合を運べればかなり出しやすいのですが、状況によっては出すタイミングが無かったりします。
このカードを活かしたいならそれらを考えてデッキを組む必要があるかと思います。
ちなみにフィニッシャーはよくリノセウスと比較されますが、あれは例外中の例外なので比較対象にするのは酷でしょうw


・スノーホワイトエンジェル

・クラス:ビショップ
・スタッツ:2/1/2
・レアリティ:レジェンド

[効果]
ラストワード
自分の場にスノーホワイトエンジェル1体を出す。
その後、場に出たスノーホワイトエンジェルを進化させ、そのフォロワーはラストワード能力を失う。

進化後 2/2/3

[コメント]
一度復活し、復活後に自動で進化するフォロワー
場に残る能力と合計的なスタッツは2/3/5なので、パワーはあるカードだと思います。
特に2コスト帯の能力だと考えれば派手さはないですが、かなり優秀なカードだと思います。
ちなみにこれ単体で3/2/3を2回攻撃すれば一方的に狩れるので、その点含めて個人的には高評価です。
(特攻自滅→進化で再攻撃で素のまま3点まで出せます)
その上でスタッツが1/2と2/3に分かれているので、小回りが利く点も嬉しいですね
現状ビショップには明確なフォロワーの最有力がいないため、その点も追い風となるでしょう。
単純に強い2コストフォロワーとして今後活躍してくれそうです。


・アリスの冒険

・クラス:ビショップ
・コスト:2
・レアリティ:ゴールド

[効果]
自分の場にニュートラル・フォロワーが出るたび、自分のアミュレットすべてのカウントダウンを1進める。

[コメント]
実質何度もカウントブーストができるカード
普通のデッキではあまり活躍の場が無さそうですが、一部デッキではかなりありがたい存在になりそうです。
そのデッキがセラフと聖杯になります。
先にこのアミュレットを出した状態でこれらのカードを出せば、次のターンに一気にブーストできます。
特にゴブリンプリンセスを使えば一気に3カウントブーストできるので、それだけで試合を決めたりも出来ます。
まぁ、その反面やっぱり必要な条件を多く、コンボとしては安定しなさそうでもありますね
何かとネタは思い浮かぶのですが、扱いズラさが目立ちそうなので実際にはあまり使う機会はなさそうです。


・ホワイトタイガー

・クラス:ビショップ
・スタッツ:3/3/2
・レアリティ:ブロンズ

[効果]
守護
相手の能力で選択できない

[コメント]
マイニュ効果を持った3/3/2の守護
返したターンとかで除去されないでトレードまで持って行ってくれる信頼感はありますね
(もちろんAOEには弱いですが、そんなのどのカードでも同じでしょう)
逆に2/2/2フォロワーとトレードになってしまうので、その点はどうしても弱点になってしまいます。
まぁ、3/2と2/3は現状では後者の方が評価されることが多いので、このカードも例に漏れずでしょう。
同枠にグリームニルやプリズムプリーストなどがいる事も考えると採用される余裕は無いかと思います。
2pick辺りなら普通に使いやすいカードなので、そちらでの活躍に期待ですね


・ハティ

・クラス:ビショップ
・スタッツ:6/3/7
・レアリティ:シルバー

[効果]
ファンファーレ
相手の場に進化後・フォロワーがいるなら、突進と必殺を持つ。

[コメント]
進化後フォロワー絶対狩るマン
結構軽い条件でこの効果が付与されるのはかなり大きいですね
特に素の体力が多い点もなかなかいやらしい設定なんじゃないかと思います。
(ちょっとファングスレイヤーと似た設定になっています)
ちなみに破魂と比べると条件が緩い分、少し出すタイミングが遅くなってしまいます。
それでも6コストなので、進化権を全部使われているのは稀でしょう(寧ろ応酬真っ只中の可能性もあります)
ビショップはコントロール気味のデッキが多いですし、その点含めて使える場面は結構あるんじゃないかと思っています。
ただ、テミスや天罰やダークジャンヌなど同コスト帯に強いカードが多いので、そこで勝ち抜けるかどうかは未知数ですね
カードパワーは問題ないのですが6コス枠が飽和気味ですので、最大の壁は採用枠争いになるんじゃないかと思います。


・黄金郷の獅子

・クラス:ビショップ
・スタッツ:7/5/5
・レアリティ:レジェンド

[効果]
ファンファーレ
手札のコスト5以下のアミュレット1枚を場に出し、それを破壊する。
自分の場にニュートラル・フォロワーが出るたび、このカードのコストを-1する。

[コメント]
ニュートラルブースト効果を持っているフォロワー
ぶっちゃけブースト条件が甘いので、かなり簡単にコストを下げることができそうです。
(もちろんニュートラルを多めに採用しているデッキが前提です)
おそらくニュートラルが強くなることを考えると次環境で一気に評価が上がりそうなカードですね
これくらいなら極端にニュートラルを使用する必要もありませんし、上手い事クラスと絡めて行けそうです。
そもそも7コスで出しても、隼と組み合わせれば合計スタッツ7/8/9で3/4が疾走なのでそれだけで十分使えます。
その上でコストブーストも出来ると考えるとカードパワーはかなり高いんじゃないかと思います。
ただし、多重召喚系フォロワーと比べると手札消費は少し多くなってしまうので、そこをブーストで補いたいですね
特に競合相手もいませんし、次の環境で結構見かけることになるでしょう。


・赤枝の聖騎士・ノイシュ

・クラス:ビショップ
・スタッツ:2/2/2
・レアリティ:ゴールド

[効果]
ファンファーレ
次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーへの4以上のダメージは3になる。

[コメント]
ダメージ軽減効果を持つフォロワーでバーン殺し
出してしまえば次のターンは問答無用で大きなバーンダメージを抑えてくれるカード
軽く考えてだけでもリノやドラゴン辺りは泣きを見そうです。
逆に手数で押し切るバーンにはあまり効果がないのですが、意外とそういった戦法もないですからね
なので、とりあえず後半出しておけば生き残れる可能性が上がる優れものって感じです。
それでなくても2/2/2と標準の大きさはあるので、とりあえず出す場面には困らないカードでしょう。
(まぁ、単純に考えて後半使った方が本領を発揮します。)
次の環境でワンターンキルが横行するようなら対策として大活躍してくれるかと思います。
それでなくてもエルフが流行れば絶対にリノは絡んでくるので、それだけで出番は増えるでしょう。




以上が今回の新弾カード紹介になります。
やっぱりどのクラスにもニュートラルは大きく絡んできそうですね
ただ、単体で強そうなカードもちらほら見られます。
何だかんだで新弾は使いやすいパワーカードが注目されますね
もちろんニュートラル関連のカードも環境に大きく影響してくると予想されます。
特に今回はニュートラル前面押し出しで大きく環境が変わりそうです。
大きな変化に懸念点もありますが、良い方向に転がってくれることを期待しましょう。

ちなみに今回で48/105紹介したことになりますね
次回も残りカード+αと言う形になるかと思います。
まぁ、多かったらまた分けるなどの措置をすると思うので、そこら辺はご了承ください。

それでは今日はこれで終わります、
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~
スポンサーサイト

テーマ : Shadowverse【シャドウバース】
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。