FC2ブログ

MGSV:TPP スタッフのスキルについて

こんばんは~
管理人のFLATです。
昨日から10月に入り、今年も残り少なくなってきました。
気温もどんどん下がってくると思いますので、体調管理は気を付けないといけませんね
今年の残りの期間も頑張って更新して行きたいと思います。

前回の記事でマザーベースの班の機能について簡単に触れました。
今日はその続きとして、マザーベーススタッフのスキルについてまとめたいと思います。

まずはスタッフについて簡単に説明したいと思います。
前回説明したと通りにマザーベースには複数の班があり、それぞれの機能が備わっています。
また、各スタッフにはそれぞれの班の能力がランダムで割り振られています(E~S++)
そしてその班の能力が高いスタッフが多いほど、班の機能が成長すると言う仕組みですね
(ちなみに各スタッフを配属した班の能力しか適応されません)

その能力とは別に特殊技能(スキル)を持ったスタッフが存在します。
そのスキル自体は色んなものがあるのですが、スキルを持ったスタッフがいる事で班の機能が増えたりします。
(ちなみにそのスキルが機能する班にいないと効果は発揮されません)
このスキルは開発等で必要となったりします。
なので、ここからは各スキルについて簡単にまとめたいと思います。



・共通スキル
全ての班で効果を発揮するスキル

・植物学者
扱いとして共通スキルだが戦闘班スタッフとして出撃したときにしか機能しないスキル
戦闘班スタッフとして出撃した際に、薬効植物の採取量を向上させてくれる。
前半開発で不足することある植物を採取してくれるので結構便利です。
後半になると植物は余り気味になるのですが、そうなったらGMPに変えられます。
普通の兵士は持っていないので、必要な場合はミッションで取ることになります(ミッション7)

・トラブルメーカー(~)
班内でトラブルを起こして、その班のスタッフに悪影響を与える。
このスキル持ちはどんなに能力が高くてもすぐに解雇することを強くお勧めします。
特に不摂生は感染症を引き起こしてすごい速度でスタッフが死んでいくので気を付けてください。
(暴力とハラスメントも結構な速度で診療所送りにしてきます)
トラブルメーカーの管理さえできていてば不利益は生じないので、ここだけは気を抜かずに常にチェックしておきましょう。
(全てのスタッフをスキルごとにソートすると確認しやすいです)

・ビックマウス
FOB防衛の際にアナライザーの能力を偽造してくれます。
分かりにくいですが、マザーベース内の能力は偽造していない状態のものになります。
まぁ、FOBをやらなければ特に関係ない能力ですし、別に取っても不利益になる能力ではないので正直気にしてないですね
(ちなみにビックマウス持ちは意外と能力が高かったりします)

・ムードメーカー
班内におけるトラブルを抑制してくれます。
ただ、トラブルメーカーさえ解雇していれば基本的にはトラブルは生じません。
その上にトラブルメーカーはムードメーカーでは相殺できないというオマケ付き
なので、トラブルを抑えたい場合はトラブルメーカーの解雇をした方が断然効果があります。
まぁ、こちらも現状あまり生かせないスキルの一つだと思います。


・戦闘班スキル
戦闘班スタッフとして出撃した際に各能力にプラス補正が付くスキル
ちなみに戦闘班スタッフは出撃画面でスネークと変更できます。
まぁ、そのスタッフの出撃した際の長所だと思ってください。

・アスリート
ダッシュ時の移動速度を向上する
・ガンマン
リフレックス・モードの持続時間を延長する
・クイックドロー
武器の構え速度を向上する
・クライマー
匍匐/クライミング時の移動速度を向上する
・サベージ
ダッシュ中、CQCボタンで強力なパンチを放つ
・タフ
ダメージへの耐性を向上する
・フォーチュン
重傷の発生を抑制する
・レスキュー
フルトン回収の成功率を向上する


・研究開発班スキル
研究開発班に配置することでそれぞれ武器や装備を開発することが可能になる。
ちなみに複数人配置する必要はなく基本的には一人で開発条件は満たせる。

・ガンスミス(~
各武器種類の開発条件/使用コストを緩和、派生タイプの開発を可能にする。
基本的にガンスミスがいないと各武器前半で開発が止まってしまうので、各一つずつは確保しておく事をお勧めします。
ちなみにガンスミスに関しては各地にいるので、ミッションごとに確保していれば不足することはほとんどありません。

・運搬技術
研究開発班に配置すると、ツール[+ CARGO 2]の開発を可能にする。
フルトンで兵士以外を回収するために必要な追加強化を行ってくれるスタッフ
コンテナ・兵器の回収が出来るようになるのでほぼ必須ですね
タスクミッションのクリアに必要な場合もありますので、雇っていること前提でゲームが進んでいきます。
ちなみにこのスキルを持った兵士はミッション10で捕虜として配置されています。

・材料工学
研究開発班に配置すると、スーツ[BATTLE DRESS]などの開発を可能にする。
スネークにはあまり必要ないのですが、戦闘班に必要なBATTLE DRESSを開発できるようになります。
そこまで必要なものではないのですが、FOBをやる人は取っておいた方が良いと思います。
ちなみにBATTLE DRESS自体は耐久力を上げてくれるスーツです。

・電気紡績技術
D-Dogの装備[SNEAKING (KNIFE)]などの開発を可能にする。
D-Dogを使うなら優秀な装備なので取得しておくと良いと思います。

・動物学者
サポートウェポン[BAIT BOTTLE]の開発を可能にする。
ちなみにBAIT BOTTLEは小型動物用のトラップです。
たしかこれを使わないと動物コンプできなかったと思うので、目指している方には必要ですね

・トラップ技術
サポートウェポン[E-STUN DECOY]の開発を可能にする。
非殺傷系のトラップには必要だったと思うので、ノーキル狙いの人には便利です。

・バイオニクス
義手の開発を可能としてます。
基本的に義手はスネークの基礎能力を上げてくれるので、こちらもかならず取っておくべきですね
まぁ、こちらはミッションで雇えるので、ロックだけ忘れないようにしてもらえれば大丈夫です。

・麻酔技術
ハンドガンの「麻酔弾化」を可能にする。
ちなみにこれは元々実弾だった武器を麻酔銃に改造できるというものです。
最終的に初期麻酔銃がかなり優秀になるので、あまり使い機会がないような気がします。
ただ、麻酔だと起きても警戒にならないと言う利点があるので、麻酔銃のセミオートを使いたい場合は必要となります。

・マスターガンスミス
武器のカスタマイズを可能にする。
このカスタマイズに関しては後半ないと地味につらいので、取っておくことをオススメします。
ちなみにこの能力持ちはサイドオプスでのユニークスタッフです。

・ミサイル誘導技術
ミサイルKILLER BEEなどの開発を可能にする。
ヘリを落とすための誘導ミサイルが作れるので、基本的には確保しましょう。

・メカトロニクス
義手[+ PRECISION 1]などを開発可能にする。
たしかスネークの防御力を上げる義手の強化開発だったと思います。

・レーダー技術
義手[+ ACTIVE SONAR]などの開発を可能にする。
DD使わない人は重宝するソナーを開発できるので、取っておいて損はないと思います。

・メタマテリアル技術
携行品[STEALTH CAMO.PP]などの開発を可能にする。
ステルス迷彩を作れるようになりますが、今作は制限が多いので使う場合は注意してください。
(ランクの制限・時間制限など)

・映像監視技術
警備装置[SURVEILLANCE-CAM]などの開発を可能にする。
FOB用の兵器で防衛で普通に優秀なので、侵入防ぎたい方は取っておいた方が良いと思います。


・医療班スキル
医療班に配置することで診療所に来ている兵士の治療速度が向上する。

・外科医・内科医・カウンセラー
外科医が負傷、内科医が病気、カウンセラーがPTSDの治療速度を向上させてくれます。
外科医に関しては派遣ミッションで負傷してくる兵士がいるので必要ですが、他二つはトラブルメーカーさえ解雇しておけばほとんどなることがないので、必要性は低いです(しかもこのスキルじゃカバー出来なかったと思います)
トラブルメーカー対策のスキルだと思うのですが、結局最大の対策はトラベルメーカーの解雇と言う悲しい感じになっています。
まぁ、結構頻繁に取れるスキルなので、そこまで必死に集める必要ないですね
・創薬技術
携行品[NOCTOCYANIN]などの開発を可能にする。
こいつに関しては医療班に配置することで、研究開発が行えるようになります。
NOCTOCYANINはFOBで必須レベルに優秀なので、取っておくことをオススメします。
ちなみにこのスタッフはミッション9の捕虜です。


・支援班スキル
支援班に配置することで機能するスキル(と言っても通訳しかいません)

・通訳(~)
それぞれの言語の通訳を行ってくれるスタッフ
この機能は班に一人でもスキルを持った兵士がいれば機能します。
このスキルがないと尋問も無線も聞けないので必須レベルですが、普通にサイドオプスで集まります。
ロストしても取り直せますが、面倒と言う方はロックしておくと良いと思います。


・ユニークスキル
ユニークキャラが持っているスキル
ストーリー進行で加入するので、プレイヤーが気にする必要はないですね
一応配置だけは考える必要があるのですが、それも最初に自動でやってくれます。
これらを持っているスタッフは自動的にロックが掛かるのでロストもありません。
一応能力だけ以下で紹介します。

・寄生虫研究(Code Talker):医療班に配置すると、[PARASITE SUIT]などの開発を可能にする
・戦術教官(Ocelot):班内スタッフの「士気」の低下を抑制
・前哨狙撃兵(Quiet):遠距離狙撃に加え、隠密での偵察任務もこなす狙撃兵
・二足歩行兵器開発(Huey):研究開発班に配置すると、「D-Walker」などの開発を可能にする
・マザーベース副指令(Miller):班内スタッフの「士気」の上昇を促進




以上がマザーベーススタッフのスキルになります。
基本的に集めるのが必要なので、開発系と通訳系だけですね
後に関してはスタッフを乱獲していれば基本的に入ってきています。
最初はスキル持ちを優先して雇っていいと思いますが後半大量に被るので、そうなってきたら能力優先でいいと思います。
ちなみに開発系は捕虜としてミッションにいる事が多いので、そこだけは意識して進めましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~
スポンサーサイト



テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-