FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battlefield 1 CTE第2弾アップデートについて

こんばんは~
管理人のFLATですね
気が付けば2月も終わりととにかく時間が経つのが早いです。
そういえば今月からプレミアムフライデーなるものが始まったらしいですね
なんでも月末の金曜日は仕事が3時で終わる素晴らしいイベントらしいです。
まぁ、周りに恩恵を受けていた人なんて皆無だったのですぐに形骸化するとは思います。
政府や経団連にはもう少し実行しやすい政策を考えてもらえると嬉しいですね
とりあえずはプレミアムフライデーは無理でも健康に気を付けながら無理せず生活していきたいと思います。

今日はCTE第2段アップデート情報が来ていたのでそちらをまとめます。
前回同様に製品版の適応内容と時期は未定となっています。
それでは、内容についてまとめて行きたいと思います



■グレネード関係

全てのグレネードは自動で補給されるようになる。
また、弾薬箱に近くでは補給速度は3倍に上昇する。(ポーチは効果なし)

以下は各グレネードの補給時間
・フラググレネード:36秒
・軽量対戦車グレネード:36秒
・衝撃信管グレネー:36秒
・焼夷:グレネード:36秒
・ガスグレネード:27秒
・ミニグレネード:24秒
・スモークグレネード:18秒

以下はグレネードの修正点
・衝撃信管グレネードの爆発までの最短時間を0.7秒→1.0秒に変更
・焼夷グレネードの爆発までの最短時間を0.67秒→1.3秒に変更
・ミニグレネードのダメージを65→72に変更
・軽量対戦車グレネードの爆発内径を2.0→1.5に変更
・味方のガスによる制圧効果を減少させ、引き起こされる咳の発生を抑制


■武器

・MG 08/15
L 水平方向のリコイルを0.7→0.3に変更
L 最高精度までの射撃数を1発減少
L オーバーヒートの閾値を67発に変更

・M1911
L タクティカルリロードの時間を1.4秒→1.6秒に変更
L エンプティリロードの時間を2.3秒→2.6秒に変更
L リロードのしきい値を1.1→0.78に変更

・M1903(試作)
L 発射レートを450→360に変更
L 16メートル以内であれば4発キル可能になるように変更

・自動式ライフル
L リコイル減少がスムーズになるように変更
L リコイルを変更(詳細は不明だほとんどライフルに適応される)
L 射撃後の拡散リセットまでの時間が上昇
L 1発ごとの基礎拡散増加を0.25→0.2に変更
L 1秒ごとの基礎拡散減少を3.75→3に変更
L (マークスマン、狙撃、光学照準):ADS時での1発ごとの拡散増加ボーナスを減少
L (マークスマン、狙撃、光学照準):1秒ごとにわずかに拡散減少ボーナスを追加

・Madsen MG
L 初弾のリコイル倍率を1.9→1.8に変更
L 水平方向のリコイルを0.6→0.55に変更

・MP18
L 垂直方向のリコイルを0.38→0.35に変更
L(試作):3発目のリコイル倍率を1.8→1.5に変更
L(試作):ADS時の拡散減少速度を2倍に変更

・Automatico M1918
L 垂直方向のリコイルを0.44→0.40に変更
L 水平方向のリコイルを0.8→1.2に増加
L(塹壕,突撃歩兵):初弾のリコイル倍率を2.65→2.8に変更
L(初期仕様):初弾のリコイル倍率を2.65→2.33に変更
L(初期仕様):リコイル減少を12→16に変更

・Hellriegel 1915
L 水平方向のリコイルを0.8→0.95に変更
L オーバーヒートでADSを強制キャンセル
L 移動しながらの腰だめ撃ち時の拡散を0.25増加

・M97 Trench Gun
L 所持弾数を1マガジン減少

・Frommer Stop Auto
L 水平方向のリコイルを1.0→1.2に変更


■ガジェット

・クロスボウ
L 残弾をリロードしなくとも最大数まで補充されるように変更
L 自動補充の時間を15秒→25秒に変更(ちなみにこれの自動補給に変更される)

・K弾
L 補充速度を5秒→2秒に変更

・対戦車グレネード
L 爆発内径を2.0→1.5に減少

・ワイヤートラップ爆弾(焼夷)
L 携行数を2→1に変更


■ビークル

・対空砲
L 着弾時の爆風と衝撃を削除
L 攻撃機と戦闘機への直撃ダメージを50%、爆撃機への直撃ダメージを40%減少

・A7V
・火炎放射器の射程を44m→24mに変更
・速度と初速を減少し、有効時間を増加




以上がCTE第二段の修正内容になります。
意外と修正頻度が高くて追うのが大変ですねw

内容を見て気になったところがまずはグレネード関係の大幅な仕様変更です。
自動補給が可能になったので、これは結構大きく環境に関わるかと思います。
また、これでパーチの役割が減りそうなので援護兵は箱持ちが増えそうな予感がします。
次に対空砲の修正も個人的にも気になりますね
ここまで弱体化されるとおそらくは対空砲で落としきれることがかなり減るかと思います。
なので、今まで以上に航空戦力が脅威になってきそうです。
上手い人の戦闘機辺りはマジで落とされなくなりそうなので地味に不安ですね
他にはMP18はいつも強化されてますし、マチコとヘルリーゲルはいつも弱体化している気がしますw
自動ライフルに関しても結構大幅に変わりそうなのでそこら辺は今後注目ですね

こんな感じで今回も広い範囲で調整されています。
システム変更もありますし、今回の修正では結構環境が変わりそうです。
ちなみに今回も例に漏れず製品版への適応時には変更がある可能性があります。
特に今回はそれなりに変更を入れるつもりでいるみたいです。
そこら辺も含めて製品版適応時にはどうなるのか楽しみです。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~
スポンサーサイト

Battlefield 1 第一弾DLC「They Shall Not Pass」追加情報

こんばんは~
管理人のFLATです。
2月も中旬に差し掛かってきましたね
今月もいくつか注目のタイトルが発売されています。
その中でもニーア・オートマタ辺りなんかは待ってた人が多いんじゃないでしょうか?
個人的にはフォーオナーも注目してたりします。
今年もゲーム市場は上々の滑り出しを見せて個人的には嬉しい限りです。
なので、今年も思いっきりゲームを楽しんでいきたいと思います。

1週間ほど前にBF1の第一弾DLC「They Shall Not Pass」の追加情報が公開されました。
判明したのはコンテンツは武器とオペレーションですね
(ちなみに今までにまとめた第一弾DLC情報→http://flatmk2.blog.fc2.com/blog-entry-590.html)
それでは、追加のコンテンツについてまとめて行きたいと思います。

■追加オペレーション


・悪魔の鉄床

・マルヌを越えて


■追加武器


・Ribeyrolles 1918

8×35mm Ribeyrolle弾を使用するフランス製のサブマシンガン
(8×35mm Ribeyrolleはライフル弾より少し小さいくらいの口径です)
あまりレートが高い銃ではないのでどちらかと言うとMP18に近くなりそうですね


・RSC 1917

8mm×50R弾と使用する5発装弾のフランス製ライフル
結構独特なマガジン(クリップ?)構造をしています。
装弾数が少ないのが少しネックになりそうな銃ですね



・Lebel Model 1886

8mm×50R弾を使用するフランス製ボルトアクションライフル
マガジンがチューブ構造になっているボルトアクションなので珍しいタイプですね
(マガジンには8発入る構造です)
ちなみに無煙火薬を初めて取り入れた銃みたいです。



・Chauchat

こちらもフランス御用達の8mm×50R弾を使用するフランス型の自動機関銃
ライフル弾を撃てる代わりに240rpmと低レートになっている。
装弾数も20発と少ないのでどちらかと言うとフルオートのライフルのような感覚になるのでしょう。



・Sjogren Inertial

ノルウェー軍のセミオートショットガン(製造はスウェーデン)
12ゲージ弾を使用でき、マガジンは5発みたいです。
ショットガンとしては珍しくスライドが露出しているタイプです。



・Mle 1903(拡張)

現在でもゲーム内で登場しているハンドガンですね
なので、おそらくはプリセットが追加されるのでしょう。
拡張なのでおそらくは装弾数が増えそうですね



・ギアクラブ,ネイルナイフ,トレンチフルール,レイダークラブ

格闘武器




以上が第一弾DLCの追加情報となります。
追加オペレーションについてはオフラインですね
結構ストーリーも良い作品だったので、新しいオペレーションも楽しみです。

武器に関しては各武器種類に一つずつと言った感じですかね
一応兵科で考えると突撃兵が武器二つ追加になりそうなので、少し優遇されている程度でしょうか?
それぞれに関してはやっぱり結構マイナー所が追加されてますね
まぁ、時代設定を考えると現在では有名じゃない武器が多いのは致し方ないでしょう。
ただ、独特な機構の武器が結構あるのでその点は個人的には興味深かったりします
ちなみにほとんどフランス製で使用弾薬も被っている武器が多かったりします。
あくまでバックグラウンドの話ですのでゲーム自体には影響がないと思いますが、ある程度共通点は持たせるのかもしれません。
そこら辺は蓋を開けてみてって感じになりそうです。

それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : BF1
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 CTE第一弾アップデートについて(冬季アップデートについての追記あり)

こんばんは~
管理人のFLATです。
バイオ7をVRでプレイしていて感じたのですが、どうにもVR作品があまり出ていない印象ですね
個人的にもVRでしっかりとプレイしたのがバイオ7とエロバレーなので自分のプレイ不足の可能性もあるのですが…
ただ、やっぱり最初の話題性から考えると完全に失速している感は否めません。
おそらく開発関係の問題で中々敷居が高くなっているのでしょう(技術やら資金やら)
まぁ、ハード全般でもある程度時間が経たないとゲームが揃わないのは何時もの事ですからね
(特にVRに関しては流通数もあまり多くないのでそちらも関係していそうです)
ポテンシャルはそう考えても高い装置なので、このまま消える事だけは回避して欲しい所です。

今日は最近始まったBF1のCTEについて軽くまとめてみます。
今月からBF1でCTE(コミュニティーテスト環境)の運用が開始されました。
(ちなみにBF4でもこの環境は導入されていました)
コミュニティーテスト環境とは何ぞや?と言いますと…
「CTEに申し込みをしたプレイヤーに対して,アップデートやDLCなどの追加コンテンツを製品版適応前に体験してもらい,
そこからのフィードバックによりさらなるクオリティアップを目指すためのシステム」

簡単に言ってしまうと修正・追加コンテンツの先行体験+プレイヤーテストを行うための環境ですね
アップデートのベータテストみたいなイメージを持って頂ければ大きくズレないかと思います。

そのCTEに対する最初のパッチノートが公開されました。
(製品版での適応日時はまだ不明)
今回はそのアップデートの中から重要そうな項目をピックアップしてまとめたいと思います。


■システム関連


・リボンの追加
・兵科の最大レベル上昇(50まで)
・次戦マップの投票機能の追加(ランダムの2マップからの選択)


■マップ関連


・試合開始前のビークル選択予約を削除
・分隊員が攻撃されている際の出撃ポイント選択不能時間を3秒から10秒に増加
・スエズのコンクエストでのスポーン位置を修正


■武器関連


・12G Automatic
L(拡張):拡散が1.6→1.8に変更,最大18mまで2発キル可能に変更
L(バックボア):拡散が1.28→1.2に変更,最大19mまで2発キル可能に変更
L(ハンター):拡散が1.28→1.2に変更,最大21mまで2発キル可能に変更

・Moodel 10-A(スラグ)
L ADS拡散が静止時0.3→0.24,移動時0.5→0.48に変更
L 弾速が380→420に変更
L 腹部と上腕での即死距離が8mに減少
L 胸部の即死距離が11mに上昇
L 腹部,腕,足のダメージが減少
L 反動が全方向均等になるように変更

・Autoloading 8.25
L(拡張):エンプティリロードを2.9秒→3.066秒に変更
L 横反動を0.6→0.4に変更

・M1909
L(光学仕様):ADS時の横反動を10%増加
L(突撃歩兵):横反動を14.3%増加

・Selbstlarder 1906
L ADS時の精度向上
L リロードディレイを0.8秒→1.0667秒に変更

・Cei-Rigotti
L リロードディレイを0.4秒→0.6秒に変更
L 横反動を0.64→0.56に変更

・Russian 1895
L(塹壕)(騎兵):2ヒットキルの距離を少し延長

・Martini-Henry
L 30-80mでのダメージを若干増加

・Lewis Gun
L(光学仕様):ADS時の横反動を10%増加

・M1907 SL
L 横反動を0.84→0.7に変更

・Automatico1918
L(塹壕):横反動を14.3%増加

・Hellriegel1915
L(初期仕様):横反動を14.3%増加

・Madsen
L(突撃歩兵):横反動を14.3%増加

・MG15 n.A.
L(突撃歩兵):横反動を14.3%増加

・BAR M1918
L(突撃歩兵):横反動を14.3%増加

・Mondragon
L リロードディレイを0.5秒→0.5667秒に変更

・Bodeo 1889
L リロードディレイを1.1秒→1.0秒に変更

・Bulldog revolver
L リロードディレイを1.0秒→1.1秒に変更

・No.3 Revolver
L ADS時のファイアレートを119→138に変更

・Frommer Stop Auto
L マガジンサイズ14+1→15+1に変更

・衝撃信管グレネード
L 最大ダメージを80→72に変更

・Tankgewehr M1918
L 一度の補給で4マガジン分補給されるように変更

・その他
L ライフル「初期仕様」のリコイル減少速度を6→7に変更


■装備・兵士関連


・エリート兵科において,体力回復のディレイとグレネード所持数が減少するように修正
・騎兵のサーベルの当り判定の修正
・制圧効果が早く起こり過ぎによう修正
・ガスグレネードの効果を22秒→15秒に変更
・制圧効果と低ヘルスの画面効果を修正



以上が自分がピックアップしたCTEに適応されている内容になります。
(前文に関しましては原文をお読みください→https://www.reddit.com/r/battlefield_live/comments/5r139s/battlefield_1_cte_patch_1/)
まとめ内容に関しましてはゲームバランスに関係してきそうなモノを中心にまとめました。

内容自体は思ったより細かいものが多いですね
テスト段階の修正ですので様子を見ながらと言った感じなのでしょう。
目立つ部分としては突撃歩兵モデルの弱体化が一番でしょう。
軒並み横反動を大きくされているので、突撃歩兵のメリットが少し薄れそうです。
後は残念武器だった12Gに強化が入ったのでそちらがどれだけ使えるようになったかも楽しみです。
まぁ、実際の環境にこのまま適応されるかはわからないので、CTEでの動向も調べて行きたいと思います。
最終的な次回の修正内容でさらに面白い環境になることを期待しましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~




-追記-
投稿するタイミングで製品版への冬季亜アップデートでの適応の発表されました。
簡単にしかまだ確認していませんが、ほとんどがCTEでのパッチと変わらないみたいです。
まとめた内容で違う点が見つかりましたら再度まとめて記事を出したいと思います。

パッチソース元(日本語)
https://www.battlefield.com/ja-jp/news/update-notes


テーマ : BF1
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 特殊なプリセットについて

こんばんは~
管理人のFLATです。
今年もあっという間に一ヶ月ちょっとが経ちましたね
私は地元が寒すぎたので、空いていた時間は基本的に冬眠している感じでした。
やっぱり人間は20℃以上ある場所に住むべきだと思います(迫真)
とりあえず寒さに耐えつつ、暖かくなるのを待ちたいですね

前回で各兵科の武器のまとめが一段落着いたので、今回からまた新しい内容を書いて行きます。
当初はサブ武器のまとめでもと考えていたのですが、とりあえず保留しておいて…
前4回のまとめ中に友人に質問された「特殊なプリセット」について簡単にまとめてみたいと思います。

今までも何回か説明している通りに今作は各武器にいくつかのモデル(プリセット)が存在します。
これは武器ごとに基本となる性能があり、各プリセットで少しずつ性能やアタッチメントが変わっている感じになっています。
ただし、一部武器のプリセットでその基本性能から大きく異なった特殊なプリセットが存在しています。
今日はその特殊なプリセットについて簡単にですが紹介・解説を行います。



・Model 10-A(スラグ)

使用している弾が散弾からスラグ弾に変更されたモデル
スラグ弾のため基本的には散弾と違いしっかり狙わないと命中しません。
弾速や精度などが違うが性質的にはスナイパーに近いですね
他の違いとしてはダメージモデルが散弾SGとはかなり違っています。
(ワンショットの距離は短いですが、SGとしては減衰もかなり緩やかになっています)
まぁ、散弾と単発の違いなんて明らかですので完全に別感覚で扱っていくことになるかと思います。
ただ、ワンショット出来る距離なら精度の問題で腰だめで当たるのでそこは通常のSGと少し感覚が近いかと思います。
(もちろん散弾よりは命中させるのがシビアですが、SRと比べれば圧倒的に腰だめは使えます)
独特な感覚の武器ですが、対応できる距離が相当長いので突撃兵の武器としては結構役に立ったりします。


・MP18(試作)

射撃モードが3点バーストになっているモデル
フルオートで撃てない代わりに横反動と精度が上昇している
元々低反動なこともあり、中距離でも十分当てて行く事ができます。
ただし、ダメージモデル自体はそのままですので火力があるかと言えばぶっちゃけ不足気味です。
その上フルオートで戦えないため使用感も微妙ですし、個人的にはあまりオススメしないです。
一応ディレイがほとんどないので疑似フルオートのように撃てますが地味に難しかったりします。
まぁ、SMGのバーストと言う時点で微妙な感じが出ているので、使っている人は稀ですね
一応横反動が小さいメリットはありますので、どうしても横反動がダメな人は一考の余地ある…かもしれない程度です。


・M1907 SL(掃討)

フルオートで射撃することが可能になったモデル
リコイルも改善されており、扱いやすさが大きく向上しています。
各モデルと比べてもかなり優秀な性能になっています。
個人的にはM1907ではこれが一番オススメですし、看護兵の武器としても特色がハッキリしていて使いやすいです。
正直M1907の性能を考える時はこのモデルを基準に考えることが多いのであんまり特殊な感じはないですね
とりあえず扱いやすい看護兵の武器として考える場合はかなり上位の候補になるかと思います。


・Autoloading 8(.25 拡張)

使用する弾薬を小口径に変更したモデル
違いとしてダメージモデルと装弾数、リコイルに精度と基本性能が軒並み大きく変わっています。
ぶっちゃけ名前が同じだけの違う武器みたいな状態です。
このモデルの特性としては威力&射程が低い代わりに、元々の高レートとリコイル改善により扱いやすくなっています。
ライフルとしての最低限のダメージも持っているので、近距離のキルタイムはライフルとしては変わらず最高値です。
他にも装弾数が増えており、その点に関しても元の武器と比べての大きなメリットですね
遠距離はさすがに威力不足ですが、中距離までなら安定して戦えるモデルかと思います。
他モデルが装弾数の問題で扱いにくいこともあり、とにかく扱いやすさが目立つ印象です。
とにかくAutoloading 8を使ってみたいと言う場合はとりあえずはこちらをオススメしたいと思います。
(Autoloading 8のライフル最高レートはどう考えても.25モデルの方が性能的に相性が良いため)
まぁ、.35モデルとはレート以外全く違う武器ですので実際には違う武器を使っている感じにはなるんですけどねw
このモデル自体は近距離寄りの扱いやすいライフルになっているので、看護兵の武器としても結構オススメです。


・Russian 1895(塹壕)

主にダメージモデルやレートが変更されているモデル
元々スナイパーではあるが、性能的にはほぼレバーアクションのライフルみたいな感じになっています。
まずダメージモデルが大きく変わっており、胴体ワンショットが無くなっております。
その代わりにレートや腰だめ、移動時などの精度が大きく向上しています。
元のモデルを比較すると一目瞭然なのですが、ほぼ2発当てる事前提の武器になっております。
サイトもアイアンサイトになっていますし、少なくとも狙撃は基本出来ないモデルです。
ただ、ライフルに近くなっているとは言え、元がSRなのでレートなどの問題で近距離などはかなり苦手です。
中距離でも意外と当てるのが難しいので、正直どっち付かずな性能になっているような気がします。
足を止めての撃ち合いになら結構強いのですが、あんまり活かせる状況にならないもの辛い所ですね
イメージはSRとライフルの中間武器ですが、適正距離が中途半端なので個人的にはあんまりオススメしません。


・M1903(試作)

使用弾薬や武器の機構そのものを変えたモデル
おそらく今作で一番武器の性能が変わっているプリセットです。
この武器を一言で言ってしまえばライフル型の拳銃って感じですね
最大の特徴として射撃モードの変更と弾薬が挙げられます。
まず射撃モードがセミオートに変更されたことでレートが大幅に上昇しています。
その値が449rpmとライフル平均の1.5倍ほどのレートとなっています(おそらくセミオート最高値)。
また、ダメージモデルは拳銃弾と言う事でハンドガンに近くなっています。
そのため火力的には近距離に強いハンドガンみたいな印象になるかと思います。
ただし、構造はライフルですので精度やリコイルがかなり優秀になっており、中距離でもバシバシ当てれます。
レートによる火力と命中率を考えれば中距離までなら戦っていける武器かと思います。
さすがに遠距離は最低ダメージが低いので厳しいので、ライフルとして使うにしてはかなり近距離寄りになるでしょう。
なので、イメージとしてはハンドガンとライフルの中間の武器のような感じです。
武器自体に高レート・低反動と言う特徴があるので、モデル自体としての評価もそれなりに高くなっているかと思います。
得意な距離は少し短いですが、扱いやすい部類の武器になっているので個人的にはオススメです。
特に偵察兵でSRが苦手な人なんかには合っているかと思います。
ちなみにこのモデルでもK弾を使えば、通常のSRモデルのダメージに切り替えることが出来りもします。




以上が特殊なプリセットのまとめになります。
おそらく元の武器性能から大きく異なっている武器はこれですべてだと思います。
(今回使用弾(ダメージモデル)や射撃モードが異なっているモデルをピックしました)

こうやって見てみると意外と特殊なモデルもあるもんですね
色んな武器を使っている人や情報を見ている人は気が付きますが、そうじゃないとわからない場合もありそうです。
特にRussian 1895の塹壕辺りなんかは自分も最初は気が付きませんでしたからねw
逆にM1907 SLの掃討辺りは逆に使用率が高すぎて特殊なモデルってことに気が付き難そうです。

特殊プリセット自体については思ったより偏った性能の武器が少ない事ですね
どちらかと言うと特殊プリセットは別武器として扱えるようにするために作られている印象です。
そもそもWW1時代の武器が少ないため、こういった工夫をしないと種類を増やせない問題もあるのでしょう。
まぁ、同じ武器を完全に別の感覚で使えるのは新鮮で面白いので個人的にはアリだと思っています。
ちなみにM1903の試作などは本当に実在していたモデルらしいです。
そういった意味では今後各武器の特殊なモデルなんかも登場してくるかもしれませんね
(この時代の武器は試作型のモデルは噂含めて多く存在しているらしいです)

それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : BF1
ジャンル : ゲーム

BF1 第一弾DLC「They Shall Not Pass」 情報まとめ

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近更新が不定期になってしまい申し訳ありません。
現状リアルが結構立て込んでおり、なかなか時間が作れない感じです。
この状態がいつまで続くかは予想できませんがさすがにそこまで長引かないことを願っています。
更新自体は怠けずに続けていきますのでどうぞよろしくお願いします。

それでは今日はBF1の第一弾DLCについてまとめます。
実は情報は少し前に来ていたのですが一週間ほど私が見逃していましたw

DLCのタイトルは「They Shall Not Pass」
コンテンツとしてはマップ、ビークル、エリート兵科、ルール、固定武器の追加になります。
今回は各コンテンツごとにまとめてみたいと思います。


■追加マップ


・Verdun Heights

火災が発生している森で戦うマップ
傾斜地や固定砲台が特徴となっているマップのようです。
森全体が燃えているらしいので、着火や視界などに気をつけて闘い必要がありそうですね
意外と火災樹でのマップってFPSでは無いので楽しみだったりします。


・Fort Vaux

巨大な要塞内で戦うマップ
基本的に室内での戦闘が主になるため遭遇戦が多そうなマップです。
また、上空が塞がれていることから航空機や迫撃砲が使用できないマップとも予想できます。
今作は意外と室内戦がメインのマップが少ないので少し雰囲気が違うマップとなりそうです。


・Soissons

フランスの田舎村のマップ
戦車と歩兵がメインになるマップみたいです。
個人的には屋外のスタンダートなマップになるような気がしています。


・Rupture

川や橋が存在する屋外マップ
屋外マップながら複雑みたいなので、場所によって戦い方が変わるマップな気がします。
また、川が存在するみたいなのでそれを利用したギミックもあるかもしれませんね
こちらもどちらかと言うと歩兵がメインになりそうなマップです。




■新ルール


・フロントライン

ルールとしてはどちらのチームも各時点ごとに一つのフラグを目指すルールみたいです。
(拠点は数珠繋ぎらしいです)
そして、 敵司令部を占領するとラッシュのスタイルへと目標が変化するみたいです。
ちょっと全部伝わり難いのですが、キャプフラ+最後のフラグだけラッシュみたいな感じなんですかね?
これに関しては動画などが公開されたらチェックしてみたいですね



■新ビークル


・シャール2C戦車

かなり大型の大型の戦車らしいですね
もしかしたら新型のベヒモスなのかもしれません。
地上を自由に移動できるベヒモスだとかなり優秀になる気がしますね
ちなみに実在している戦車の中では一番大きいみたいです。


・突撃戦車砲

使用する戦車の種類はサン・シャモン戦車
戦車枠で登場し、おそらく一番重装甲の戦車になるかと思います。
火力は分かりませんが対戦車で力を発揮するタイプになるんでしょうかね?
また、そういったところでは重戦車と被りますがどのように差別化してくるか楽しみです。




■新エリート兵


・塹壕強襲兵

格闘戦闘に特化したエリート兵
装備だクラブとグレネードのみみたいですのでかなりピーキーな性能になりそうですね
おそらくある程度のスピードもあるでしょうから爽快感がありそうです。
扱いは難しそうですがスタイリッシュクラブアクションが出来るのは楽しみです。




■新固定武器


・榴弾砲

大型の榴弾砲
扱いなどは野砲に似ているそうです。
戦車に対する対策として追加された固定兵器でしょう。
戦車も二つ追されますし、これでバランスをとる感じなんだと思います。






以上がDLC第一弾のコンテンツのまとめになります。
見た感じですとマップとビークルの追加がメインみたいですね
武器やガジェットに関しては別の形で増やしていく感じになるのでしょう。
DLC含めこれからの追加コンテンツの情報を楽しみに待ちたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : BF1
ジャンル : ゲーム

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。