FC2ブログ

Battlefield 1 航空機について

こんばんは~
管理人のFLATです。
現在絶賛大忙し中でございます。
リアルの仕事の方が余りにも貯まっていて軽く死にそうです。
気が付いたら今年の残りも一カ月ですし、本当にびっくりですよ
とりあえず来年を無事に迎えれるように頑張りたいと思います。

それでは今日は前回に関連してBF1の航空機についてまとめてみたいと思います。
こちらも戦車と似たようなシステムで航空機枠に3種類のビークルが存在します。
ここでは,前回同様に各航空機ごとの特徴について軽く触れて行きます。



・攻撃機

3つの中で中間に位置するようなイメージの航空機
モデルにもよりますが、地上と空中に対して有効な攻撃手段を持っている。
他二つが地上か空中に特化しているので、腐り難く使い勝手が良い航空機になっている。
(耐久と速度に関してもちょうど真ん中の性能をしている)
また、モデルごとに戦車や航空機にも厚く対策がとれるためとにかく汎用性に優れている。
弱点らしい弱点もないので、とりあえず迷ったらこれを選んでおくのが無難かと思います。
個人的には一番オススメの航空機です。


・爆撃機

地上攻撃に特化した大型の航空機
移動と旋回性能が悪い代わりに地上への火力と耐久がとても高くなっています。
(大型の航空機と言う事で銃座も二つ付いています)
とにかく歩兵を一気に倒したい場合にオススメの航空機ですね
弱点はとにかく遅いことで対空にかなり弱くなっています。
耐久こそありますが、戦闘機に捕まったり、対空砲に撃たれ続けると簡単に落ちてしまいます。
そのため対空砲の位置や相手航空機には気を使わなければなりません。
ただし、銃座に入って貰えれば後ろに付かれても追い払えたりするのでそういった場合はまた別になってきます。
まぁ、割かし複数人運用が要求される航空機なので、ハードルは少し高めですね
なので、火力はあるが扱いが難しい航空機だと思います。


・戦闘機

ドッグファイトに特化した小型の航空機です。
とにかくスピードとドッグファイトに特化した性能となっています。
そのため、基本的には他航空機に有利に立ち回れます。
弱点としては歩兵(地上)に対しての有効な攻撃手段に乏しい事ですね
とにかく地上への攻撃が難しいので、航空機がいないとうまく仕事が出来なかったりします。
なので、他と比べると出撃タイミングを見極める必要があります。
耐久に関しては脆いですが、スピードで逃げ切れることが多いので対空に対しては何とかなったりします。
個人的には一番扱いどころが難しいと思っている航空機です。
(スピードがあるので地味に制御するのも大変だったりしますからね)
どうしても制空権が欲しい場合に使用するのが妥当なところになってくるでしょう。




以上が航空機の簡単なまとめになります。
航空機に関してはとくかく攻撃気が使いやすいですね
他二つも強いのですが、役割が限定される分少し汎用性に欠けるかと思います。
もちろん状況が嵌れば強いので、使えるに越したことはないんですけどねw
現状航空機はなかなかいいバランスな気がするので、個人的には良い印象を持っています。
少し対空が厳しいなどの意見などもありますが、ビークルが強いのはある程度はしょうがない部分かと思います。

扱いに関してはこちらも慣れながらうまくなっていくしかないでしょう。
こちらは戦車と比べると数があったり、空いていたりするので練習の機会は多いかと思います。
慣れてくればまた違った楽しみ方が出来るようになったりします。
とにかく使えて損することは絶対にないので、使ってみたい人は積極的に練習してみてください。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~
スポンサーサイト



テーマ : BF1
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 各戦車について

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近周りで色んなカードゲームが流行りだしていたりします。
特に遊戯王とかシャドウバースなんかはかなりプレイ率が高いですね
自分もシャドウバースとTCGの遊戯王はプレイしてたりします。
どちらも時間潰しには最適な感じのゲームですからね
まぁ、どちらも片手間でプレイしていることが多いので実力の方は微妙ですw
とりあえずシャドバなんかは気軽に始められますし、空き時間に軽くプレイしたい人にはオススメします。

今日はBF1の戦車について触れて行きます。
今作の戦車枠は4つ存在し、リスポーン地点としてその4つから選んで出撃できるようになっています。
(戦車で出撃すると戦車兵と言う特殊兵科で出撃します。)
各戦車ごとに枠があるわけではないので、出撃する戦車の種類選びが結構重要になってくる場面もあったりします。
なので、今回はそれら各戦車の特徴について簡単にまとめてみたいと思います。



・MarkV Landship(戦車)

見た目としては一番戦車らしくなっているビークル
最大の特徴としては運転席ではなく、2・3番席から主砲(57mm)を撃てるようになっている点ですね
(運転席からは対物ライフルだったり、迫撃砲が撃てます)
これら全ての火力を前方の集中できるので、前方への火力面は圧倒的に優れている戦車となっています。
特に対戦車ランドシップの戦車に対する火力は圧巻の一言です。
ただし、弱点も明確でとにかく複数人乗車していることが前提となっている点ですね
主砲が2・3番席頼りなので、そこに乗っていなければそもそも火力がほとんど出なかったりします。
単乗りでは低火力・微妙な耐久・鈍足とかなり残念になってしまいますからね
しかもある程度乗組員での連携も必要なので、その点も野良ではかなり厳しくなってたりします。
そのため、パーティで暴れられる場合は有効ですが、そうでないならあまりオススメできない戦車となっています。
現在では扱い難くなっているので、これ使うなら素直に重戦車を使う事をオススメします。
ちなみに後ろ取られると極端に辛かったり、大きいので狙われやすい点なんかも残念要素をプラスしてたりします。


・A7V HeavyTank(重戦車)

車体全面がに装甲をまとっており、あまり戦車のような見た目をしていない戦車
最大の特徴としては耐久が高い点でしょう。
装甲が固い上に回復持ちの緊急修理を持っているので、他と比べてもかなりの堅さを誇ります。
火力に関しても主砲を運転席から撃て、装弾数も6と多くなっているため十分あります。
また、運転席以外の席も多めになっており、側面などへの火力も確保されています。
(モデルによって2番席以降が戦車だったり、歩兵に特化できるのも特徴です)
弱点としては鈍足な所くらいと現状ではおそらく一番優秀な戦車ですね
理想は複数人乗りですが、単乗りでも扱いやすい点はランドシップの現状を考えるとかなり大きなアドバンテージでしょう。
鈍足が問題にならない場面なら戦車はこれ一択状態だと思います。
対戦車戦でミラー以外ならほとんど勝てるのが本当に大きいですね
ぶっちゃけ現時点で戦車間に力差が結構あるので、何かしら修正があるならこれから弄られそうな気がします。
ちなみにキャタピラは存在するので、側面の下部を狙えばちゃんと破壊できるようにはなっています。


・FT-17 LightTank(軽戦車)

今作最小の戦車となっており、他と比べると一回りサイズが小さくなっている。
また、小型の戦車であるので一人乗り専用になっている。
見た目からも想像できる通りに利点は機動力になっています。
上二つの戦車と比べると明らかに速い上に小回りが利くようになっています。
(それでも、思ったよりは動き難かったりはするんですけどねw)
弱点は耐久の低さと戦車に対する火力の低さですね
(一応75mmを使えるモデルも存在するが、そこまで対戦車が強い訳ではなかったりします)
これらの弱点から余程有利な状況じゃないと対戦車では勝てません。
逆に機動力と攻撃のタイプから歩兵に対しては戦いやすい仕様になっています。
なので、敵戦車を抑えられている状態ならば歩兵狩り要因として力を発揮するような戦車ですね
まぁ、耐久のせいで突撃兵一人で動きを止められたりもするので歩兵に対して絶対と言う訳でもないです。
(機動力が高いと言ってもすぐに逃げ切れるほどではないですからね)
一人乗りなので地味に歩兵を輸送できないのも厳しい点かもしれません


・ARTILLERY TRUCK(自走砲トラック)

戦車枠なのになぜかトラックとして存在しているビークル
そのため他とは少し毛色が異なる性能をしています。
まず機動に関しては車両系と同じ(少し遅めだが)であり、加速しきれば戦車枠の中ではかなり速くなっている。
旋回に関してもキャタピラじゃなので、他の戦車とは少し仕様が異なっている。
また、兵器に関しても主砲格の装備は移動しながら撃てないようになっている。
トラックのため耐久も低く、対戦車ではやっぱりあまり勝ち目のないビークルになっている。
(特に耐久面は残念でその上意外と大きいので、歩兵や戦車に狙われやすかったりします)
ただし、ビークルに唯一対空砲が搭載出来たりとユニークなビークルだったりもします。
そこまで極端に弱い訳ではないが、トラックと言う事で別枠を用意してあげて欲しいですね
ちなみにこいつも一人乗りなので、せっかく速いのに歩兵の輸送が出来ないのはやっぱり厳しい点な気がします。
もう少し加速が速ければ高機動系の戦車枠として少しは目が出てきそうなんですけどね…




以上が現在の戦車枠の簡単なまとめになります。
現状では対戦車・歩兵両方を考えると重戦車一択な気がしますね
やっぱり耐久と火力を両立していて扱いやすくなっているのは大きいです。
なので、おそらく重戦車辺りが戦車間のバランスを取るためにナーフされる気がします。
(他の戦車のバフは歩兵泣かせになりそうですからね)
もちろん囲んで袋叩きにすれば戦車にも対応できますが、毎回そう上手くいかないのが現状です。
逆に弱くなりすぎてもアレですし、なかなかバランス取るのは難しいところですね

こんな感じで戦車については巷では結構熱い議論がなされています。
私自身も色々考えることがありますが、おおよそは上記の意見通りです。
戦車を使う際の簡単な参考意見になれば幸いです。

ちなみにどうやったら戦車をうまく扱えるか聞かれることがありますが、とにかく乗って慣れる事です。
どんなにシュミレーションしても練習しなければ意味がないですからね
もちろんそれでチームに迷惑をかけることもあるでしょうが、その点は自分がうまくなる上ではある程度は仕方ないでしょう。
(現在上手い人なんかも最初はそんな感じのはずですからね)
それでも気になる人は過疎サーバーで練習するか試合が決定的な場面で使うなど工夫しましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : BF1
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 ver.1.04アップデートまとめ

こんばんは~
管理人のFLATです。
遂にコチラでも軽く雪が降り始めました。
寒い上に乾燥していて個人的には地獄ですね
インフルエンザも流行りだしていますし、これはお家に篭らなくちゃいけません(使命感)
ともかく年末まで後一ヶ月程度なので、そこまで頑張って生きていきたいと思います。

先週遂にバランスの修正を含むBF1のパッチが配信されました。
秋の大型アップデートと言うだけあって、結構大型のアップデートとなっています。
(バランスの調整やシステム改善、不具合の修正などなど)

パッチノートも公開されていますが、大型のアップデートだけあって内容もかなり多くなっています。
そこで今回はその内容から重要そうな点(当社比)をピックアップしてまとめてみたいと思います。
(主にバランスやシステム関連など)



■ルール関連

・オペレーション
攻撃側が有利となるようにチケットが150→250となり,陣地確保時の回復が30→から50に変更
また,撤退時にキルすることでのチケットの上昇が2→3に変更
・コンクエスト
SUEZでの拠点数が3→5に変更(今までの初期リス位置)
地上兵器の数が1→2に変更


■システム関係

・UI画面から兵士のカスタマイズが可能になるように変更
・一定時間命令リクエストを無視すると分隊長が他隊員に移動 (リクエストから60秒でリクエストを出して兵士に移動)
・ラウンド終了時からいつでも退出できるように変更
・分隊XPブーストがバトルパックに追加
・ラウンド終了間際にチームを変更できないように変更
・3名以下のパーティではラウンド開始時に最初から分隊ロックが外れているように変更
・出撃時に正しくない兵科になってしまう不具合が修正


■武器バランスの調整

・LMGとライフルの制圧効果を強化
・LMGのADS時命中精度を強化
・Lewis Gunの初弾の反動係数を低減
・Huot Automaticの初弾の反動係数を低減
・BAR M1918の横反動を増加
・軽量仕様についてLMGで命中精度上昇率の増加とパイボットの追加
・SMGとLMGの命中精度のモデルを変更 (詳細不明)
・Hellriegelのオーバーヒート時間の改善と横反動を増加
・Mle 1903のリロード時間を少し短縮
・Mle 1903とRepetierpistole M1912の取り出し時間の減少
・Russian 1895のレート減少
・バックショットのダメージ倍率がより一定化


■ガジェット関係

・リムペット爆弾が爆発まで破壊不可に変更
・ガスと焼夷タイプのワイヤートラップ爆弾の携行弾数を2個に増加
・迫撃砲が一定時間狙いを定めないと命中率が減少するように変更
・迫撃砲(空中炸裂)の最大ダメージ範囲を変更
・各迫撃砲に二つのスモークグレネードを追加
・迫撃砲(榴弾)の射程を空中炸裂と同様に変更
・ライフルグレネードの起爆時間が延長(HEは爆発半径が7mから6mに減少)


■ビークル関係

・ビークルに対する跳弾が確認しやすいように変更
・要塞砲のダメージと歩兵への即死範囲を増加
・対空砲の部位へのダメージを減少
・対空トラックの射程を減少
・ライフルによる航空機への部位へのダメージが減少
・攻撃機に対するK弾のダメージを上昇
・対爆撃戦闘機ミサイルの弾速が上昇
・50kg爆弾でダイレクトヒット時に飛行機やタンクに多少のダメージが与えられるよう変更
・騎兵がヘッドショットで受けるダメージを削減
・馬上からの対戦車グレネードの射程を増加
・ハンドグレネードの輸送車両へのダメージを増加
・装甲自走砲トラックの与えるダメージを近距離で上昇、遠距離で減少するように調整
・対ビークル地雷を同時に最大6個までマップ中に設置可能に変更
・馬がガスグレネード、焼夷グレネードで受けない問題を修正
・馬の当たり判定が修正

Source:https://forums.battlefield.com/en-us/discussion/58616/battlefield-1-fall-update-notes-11152016


一応個人的に目立った部分は以上になります。
予想以上に細かい修正が多かったので、パッチの内容を把握するのが大変でした。
もしかしたら重要な部分の見逃しがあったら申し訳ありません。
(一部噂にあった修正点を確認できなかったので、そこら辺を見逃している可能性はあります)
まぁ、バランスに関わってくる部分では大きな見逃しは無いかと思います。

アップデート自体の印象については何とも言えない感じですね
システム関係は多少改善されましたが、まだまだ不便な点が多いです。
UIの使い難さは言わずもがな、新しく追加された終了時の退出機能も不具合が多かったりします。
動作関連の不具合も多いですし、ここら辺はまだまだ改善の余地ありです。
バランスに関してはまだまだ判断が付かない状態です。
ある程度新しいバージョンを触った感じでは迫撃砲だけは見に見えて使い難くなっていましたね
さすがに最大ダメージ範囲を精度が落ちたため使いやすさがガクッと下がりました。
武器に関してはそこまで極端に何かが変わった感じはないですね
少しBARがあれかなって思いましたけど、現在でも十分使われています。
なので、武器に関してはそこまで変わっていない気が現在はしています。
総じて今回のアップデートはシステムの一部改善と迫撃砲のイメージがほとんどって所です。

今回の大型アップデートで変わった点も多かったのですが、物足りない部分もいくつかありました。
まぁ、発売されて間もない状態でのアップデートだったので、間に合わなかった部分もあるのでしょう。
次回アップデートではデータもある程度出揃うでしょうし、今回以上の修正になることを期待したいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 プリセットについて

こんばんは~
管理人のFLATです。
昨日久しぶりにBF1で3D酔いになりました。
慣れているゲームではあまりならなので少しビックリしましたね
やっぱり体調が悪い時に無理するなと言う事でしょう。
皆さんもゲームをする時の体調にはお気を付けください。

今回は武器のプレセットについて説明して行きたいと思います。
まずプリセットとは何ぞや?って話ですが、簡単に言えば武器のカスタマイズ種類みたいな感じになります。
今作はカスタムがほとんどできない代わりに1つの武器ごとに複数のパターンが存在します。
まぁ、武器に対して一定のカスタマイズをしたものが用意されていると思っておいてください。
(アタッチメントの違いもありますが、同じ武器でも性能そのものが異なっています)
そのカスタマイズの種類が今作で言うところのプリセットになります。
ちなみに各武器に3種類のプリセットが用意されてるので、このゲームは同じ名前の武器は3種類存在していることになります。
(サブ武器と一部メイン武器はその限りではありません)

そして、プリセット自体にも種類があります(カスタマイズの特徴が異なってきます)
そこでこの記事では各プリセットの特徴についてまとめてみたいと思います。



・初期仕様
初期仕様と言う割には全武器にあるわけではないプリセット
基本的には拡散や反動減衰にボーナスが付いている。
他プリセットと比べて強化点が結構地味なので、あまり好まれている印象はない気がする。

・塹壕
腰だめ撃ちの精度が大幅に上がっているプリセット
AIMより腰だめのほうが当たりやすい何てことも結構発生してたりします。
基本的にSMGに多いプリセットです。

・突撃歩兵
反動が3割ほど低減されるプリセット
わかるレベルで反動が大人しくなっている武器も多いので使いやすさがかなり上がっていることが多い。
どちらかと言うと中距離や遠距離で力を発揮するプリセット

・光学照準
サイトが工学照準に変更されるプリセット
それ以外にも静止時の精度が良くなってたりします。
アイアンサイトが苦手な人などにはオススメです。

・試作
特殊なカスタムが施されるプリセット
元の武器とはかなり違った性能になっていることが多い。
また、武器ごとにこのプリセットで変化する内容も大きく異なる。

・バックボア
ショットガン専用のプリセット
反動がマイルドになる代わりに射程が落ちる。
正直ショットガンのカスタムとしては相性として微妙な所

・ハンター
こちらもショットガン専用のプリセット
散弾の拡散率が抑えられている。
実質的に射程が伸びるため、このカスタムのショットガンは評価が高くなっている。

・掃討
腰だめ精度や縦反動が改良されているプリセット
また、フルオートで撃てない武器もこのモデルに限ってはフルオートで使用できる。

・スラグ
ショットガンでスラグ弾を使用するプリセット
散弾でなくなる単発になる代わりにダメージの射程が伸びる。
どちらかと言うと歩兵モデルなどのSRに使用感が近い

・拡張
装弾数が増えているプリセット
一部武器では使用弾薬が変化しているので、武器の性能そのものが変わっているモノもある。

・軽量
基本的には初期仕様と同じで拡散と精度減衰にボーナスが付いている
このプリセットは機関銃用であり、撃ち続けて精度の上がる機関銃とは相性が悪い
総じてあまり使われていないプリセット

・制圧
中距離スコープとバイポット,装弾数増加のカスタムが付いているプリセット
性能に関してはボーナスは存在しない。
基本的にどのプリセットも性能にボーナスが付いていることがあるので、ある意味素の性能になっている武器

・望遠
遠距離スコープとバイポットが付いているプリセット
また、静止時のADS精度も上がっているので遠距離の敵を倒すのに向いているカスタム
基本的には制圧同様定点向きのプリセット

・マークスマン
スコープが付属しているプリセット
高倍率のスコープが付いているため遠距離での戦闘が得意となっている。

・カービン
スコープの代わりに工学サイトが付いているプリセット
腰だめ撃ちと移動時の拡散が減っており、近距離で扱える仕様になっている。
ただ、武器自体はSRなのでボーナスの相性的には微妙な所

・歩兵
SRのスコープを外したプリセット
精度回復が速いので、連射するのに向いている
ただ、元がSRなので適正距離はやっぱり中~遠距離となっている。

・狙撃
高倍率スコープとパイポッドを装備したプリセット
定点スナとして使うなら一番適したカスタムをしている。
そもそもSRらしいプリセットがマークスマンと狙撃しかなかったりする。



以上が現在登場しているプリセットになります。
だいたいのプリセットの特徴はこんな感じになっています。
まぁ、結局は元の武器依存なのである程度の傾向性を示しているだけですね
それでも、さすがに同じプリセットで全く違う部分が伸びたりなんてことは無いみたいです。
(一部例外なんかはあるみたいですけどね)

ちなみにこのプリセットシステムが導入されたためか武器の種類自体は今までより少なくなりました。
(プリセットごとで別の武器として見なせば逆にいつもより多くなっている計算だったりはします)
そこら辺を残念がる意見が多かったりします。
自分自身ももう少しくらいは武器の種類が欲しかったなぁと思いつつ全プリセットを使い切れてないのが現状です。
まぁ、さすがに全部別々で見ると武器のボリュームは多いですからねw
水増し云々の話もあるでしょうが、時代的にも準備できる種類に限界があるのでしょう。
DLCで新武器の追加も予定されているみたいですし、そちらに期待しながら待ちたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 武器カテゴリーまとめ

こんばんは~
管理人のFLATです。
遂に私の住んでいる地域であられが降りました。
いや~さすがに気温が一桁台に乗ってしまうと寒いですねぇ
FPSや格ゲーなんか手が悴んでしまい本当に困ります。
まぁ、暖機運転がてらCivだったりシャドバだったりをプレイしてから他のゲームを遊んでる感じです。
手の悴みもそうですが、インフルエンザが出始めているみたいですので皆様もお気を付けください。

それでは今日は前回の関連として各武器カテゴリーについて触れてみたいと思います。
内容としては武器カテゴリー全体の印象のまとめみたいな感じになります。
もちろん武器ごとに性能は違うので、あくまでカテゴリーの全体像のまとめになりますね
(各武器についてはもう少し時間が掛かりそうです)
まぁ、前の記事と一緒に兵科選びの簡単な参考にでもなればと思います。



・ショットガン

今作のショットガンはセミオートとポンプアクションが存在します。
(一応スラムファイアで実質的なフルオートのSGも存在してたりはします)
性能としては今までの作品と大きな違いはないかと思います。
ただし、レートなどの問題で近距離を苦手とする武器が増えたので相対的に強くなった印象ですね
(近距離以遠はそもそも戦える武器じゃないので考えてません)
現在猛威を振るっているガスの妨害も受けにくいですし、ルール・マップによってはメインの戦力として機能します。
残念な点としては広めのマップが多いので、強みを活かせない場合が少し多い所でしょう。
まぁ、そもそもBF自体そういった広めのマップが多い傾向はありますので、今作が特にと言った感じはないです。
弱点の遠距離もロケットガンで無理やり対応できないもないですからね
そういった感じで上手に運用してあげればかなり強い武器カテゴリ―だと思います。


・サブマシンガン

今作ではいつもより少し貴重なフルオートが主流の武器カテゴリー
特徴としては当たり前ですが近距離に強いフルオート武器って感じです。
性能自体は今までと比べてレートが落ちる代わりに腰だめなどの精度が高い印象ですね
レートが落ちたと言っても他のカテゴリーも軒並み落ちていますし、近距離はいつも通り強いです。
ただ、レート自体は落ちたため適正距離がある程度被るショットガンに対して結構不利になった印象ですね
(もちろん戦える距離はSGより長いのであくまで近距離に限った話です)
まぁ、今までの作品と比べばレート控えめで精度が高い分だけ中距離も戦えたりするのでSGとは一長一短でしょう。
それでもSGほどではありませんが、やっぱり広めのマップは苦手だと思います。
SGほど極端ではないが、近距離での戦闘を厚く見たい状況なんかでは使いやすい武器って感じでしょう。
(個人的なイメージとしてはSGの適正距離をマイルドにしてその分少し伸ばした印象です)
ちなみにAutomatico M1918と言う武器はこのゲームでは珍しい高レート武器なので結構流行ってたりします。


・ライフル

今作からARが無くなり、代わりに看護兵の主力となった武器カテゴリー
イメージとしては今まで言うところのDMRに近い感じだと思います。
全体的にレートが低い代わりにダメージモデルがかなり優遇されています。
TTKに関しても全体的に優秀で中距離の火力は他の武器と比べると高めに設定されています。
なので、中距離付近の戦闘は相当有利に戦えるようになっているかと思います。
弱点は低レートな点であり、セミオート武器も多いので近距離に比較的苦手です。
(それでもダメージは大きいので連射でゴリ押せたり出来ます)
他には連射時や腰だめの精度も全体的に少し悪いですが、それ以外は高水準にまとまっています。
そのため対応できる距離が広いので、今作の武器としてはマイルドで汎用性が高いですね
その上で兵科的に自己回復できるんですから、そりゃ歩兵の主力になるでしょう。
個人的にも一番大好きな武器ですし、広めのマップで使う武器に困ったらとりあえず使ってみることをオススメします。


・ライトマシンガン

高装弾数でフルオートと言う時代的にはなかなか先進的な武器カテゴリー
特に今作のLMGは特徴的な武器が多く、視覚的にもなかなか面白かったりします。
今作のLMG最大の特徴は連射していると精度が上がる点ですね
かなり面白い特性ではありますが、仕様的には正直使いどころが難しいですね
精度が上がるまで撃ち続けると反動的にきついので遠距離だと普通に指切りしちゃいます。
そして,近距離ではそもそも精度がそこまで極端に影響しませんからね
問題は中距離なのですが、これに関してはどちらが正解か結構微妙なところです。
当てれるならフルオート,当たらないようなら指切りして行くが無難な回答だとは思っています。
(もちろん理想はTTK的にも指切りしない事なんですけどね)
ここら辺の判断が個人的には少し難しい印象を受けました。
適正距離は武器によって違いはありますが、概ね中距離辺りですね
ただ、TTK的にはライフルに勝てないので如何にフルオートを活かせるかになりそうです。
ぶっちゃけ今作は普通のフルオート武器ってだけである程度扱いやすいのでやっぱり利点はそこになるかと思います。
近距離なんかもフルオートでばら撒けば何とかなったりしますからね
そんな感じで癖もあるがある程度まとまっている武器ってのが個人的な印象です。


・スナイパーライフル

今作は時代設定もあってかボルトやレバーアクションが主流ですね
一応セミオートも存在しますが他SRとはかなり毛色が異なります。
BF1での最大の変更点は適正距離ができ、近距離のワンショットが無くなった点でしょう。
これによって凸スナみたいな動きがかなり減ったように思えます。
個人的にはこれは結構嬉しい変更点でしたね
他の特徴としては弾速がいつもより速いため、だいぶ当てやすい印象がある事でしょう。
これのおかげで今までのスナイパーより扱いやすくなっているかと思います。
デメリットはいつも以上に近距離に対応できなくなった点ですね
ただ、今作は広いマップが多いためSRの活躍の場は多い印象です。
まぁ、旗に絡むと射線が通り難くなるので一部ルール以外ではやっぱり難しい武器なんですけどね
それでも遠距離以遠ならかなり一方的に戦えるので人気の高い武器だとは思います。
まとめると武器としては強いけどオブジェクトを絡めると扱いが難しいと言ったいつも通りのSRって感じです。




各武器カテゴリーについて簡単に触れてみました。
いつもとは時代設定が違うので、武器についてもそういった点で差異が出ている感じです。
特にARが無い点は最近のFPSとしては本当に珍しいと思います。
汎用性の高い武器が減ったので、いつも以上に色んな武器が使われている印象ですね
特徴的な武器も多いですし、武器に関してはなかなか新鮮で面白い点が多かったと思います。

そんな感じなので武器に関する評価や適正は結構人によって分かれそうです。
もちろん武器ごとの強さもありますので、そのカテゴリーがどうかは一概には言えませんが…
個人的には汎用性はライフルと機関銃,一定状況下ならSMGとSRって感じになる気がします。
扱いやすさで言えばフルオートで使える武器って感じになりそうです。
まぁ、まだまだBF1は始まったばかりなので今後色んな武器を使って意見を詰めて行きたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 各兵科の特徴まとめ

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近はCiv6にBF1にBBCFにとやるゲームがあって大忙しです。
その他にもシャドバなんかも始めたので、現在平行して4~5タイトルほど遊んでいる状況ですねw
特にCiv6なんか究極の時間喰いなんで、睡眠時間なんかがマッハで消し飛んでいます。
色んなゲームが発売されて目移りしてしまう時期ですが、時間のご利用は計画的にしましょう(棚上げ)

今日はBF1の各兵科の特徴についてまとめてみたいと思います。
具体的には今作における各兵科の使用感みたいな感じです。
ただ、全ての武器は使えていないのでそちら関係に関してはカテゴリーの傾向程度でお話します。
それでは、内容の方に入って行きます。



・突撃兵

この兵科の最大の特徴は何と言ってもビークルに対して対抗手段を持っている事です。
他のクラスもない訳ではありませんが、この兵科が一番有効な装備を持っています。
特にロケットガン辺りは扱いやすくて、歩兵の対ビークル装備としては最優良候補でしょう。
ただ、現状突撃兵でビークルに対処するプレイヤーは正直そこまで多くないです。
おそらく一番の理由は突撃兵一人じゃいくら装備があっても対処しきれない点があるかと思います。
(対ビークル装備が時代設定的にいつもと比べると使い勝手が落ちるのが原因でしょう)
ぶっちゃけリスクが高い上にポイントもうまくないので敬遠する人は多いのでしょう。
(もちろん数がいればすぐに壊せるので、パーティなどでまとまって動けるのなら話は別です)

武器に関してはSMGとSGとなっているので、兵科としては戦える距離が限定的です。
もちろん瞬間的な火力は高いので条件が合えば強いのですが、少しその条件に合うマップが少ない感じです。
そのため少し使い勝手が他の武器と比べると落ちてしまうと思います。
(強い弱いと言うよりは適正距離の問題で少し扱いが難しいイメージです)

もう少し対ビークルの意識が強い環境になれば増えそうなんですけどねぇ・・・
現在だと少しビークルの対処がつらくて敬遠されがちな雰囲気は正直あります。
(数居れば問題なのですが、そんなにうまい事行かないので現実です)
個人的にはビークルが脅威なゲームだと思っているので、もう少し人気が出てくれると嬉しい兵科ですね


・援護兵

この兵科の特徴は弾薬補充と迫撃砲、LMGが使用できる点だと思います。
弾薬補給はこの兵科の最も基本的な役割になります。
特に今作は所持段数が軒並み下がっているので、いつも以上に補給の仕事が多い印象です。
迫撃砲に関しては単純に強いので、近頃はよく使われている感じです。
(既に弱体化が検討されているみたいです)
おそらくこの兵科を使っている人の何割かは迫撃砲を使うために使用しているでしょう。

武器に関しては今作では貴重な高装弾数のLMGが使用できます。
単純な火力こそそこまで高くはないのですが、マガジン関係はとにかく優秀です。
ただ、精度に関して少し特殊な設定になっているので人によってはそこが扱い難く感じるかと思います。
それでも今作の武器自体特殊なものが多いので、そこまで異色感は出ていないでしょう。
(むしろ通常のレートでのフルオート武器なので、一部はある意味今までのARに一番近いかもしれません)

まぁ、ガジェットに拘らないで歩兵としての戦いやすさを求めるなら総合的には看護兵の方が良い気がします。
とにかくこの兵科は自分含めた弾の補給を行いながら戦えるのが最大の魅力です。
逆を言うと補給系のガジェットを持たないと兵科の利点が活かせないですからね
最近は迫撃砲と一部LMGが人気なので、初期と比べるとこの兵科は意外と見かけるような気がします。
ただ、この兵科は全体的に修正が検討されているので、それ以降どう変わってくるかが気になる所です。
迫撃砲と一緒にLMGまで弱体化されちゃうと途端に補給が不足しそうでそこが少し不安ですね


・看護兵

この兵科は味方の回復と蘇生を行うことが出来ます。
基本的には相手を倒す所から始まるゲームなので、そこへの対抗手段を持っているこの兵科の役割は大きいです。
看護兵の一番の仕事の回復や蘇生によって戦線を維持する事ですね
そこに関しては今作も変わらずと言った感じです。
また、自分自身も回復できるので他のクラスと比べても生存率は高い兵科だと思います。

武器に関してはライフルを使用しますが、今作は時代設定上ARと言う武器は存在しません。
なので、基本的には単発式のライフルがこの兵科の主武器となってきます。
まず、今作のライフルの使用感は今までのDMRに近い感じになっています(一応フルオートに出来る武器もある)。
そのため使い勝手は少し悪いかもしれませんが、DPSなどの火力関係のパラメータは軒並み高くなっています。
他にも今作に多い中・遠距離戦で有利を取りやすいなど、武器としての性能は高めとなっています。

そして自己回復が出来る点などを含めると対人における歩兵の主戦力になります。
逆に他の兵科と比べてビークルに対する対抗手段がほとんどありません。
(回復と蘇生のガジェットで基本的には装備枠が埋まることが多いため)
以上の事から歩兵に対する能力に特化した兵科だと言えます。

こちらは安定して見かける兵科だと思います。
個人的にも良く使う兵科で重要度も高いと思っているので一番評価している兵科です。
贅沢言えばもう少しガジェットの選択肢が欲しい気もしますが…結局は看護系で枠が埋まるので難しい所ですねw


・偵察兵

偵察をすることが目的の兵科ですが、基本的にはSRクラスとして認識されることが多い兵科です。
最大の特徴は言わずもがなスナイパーライフルが使える事でしょう。
今作のSRは特に優秀でマップの広さもあってかいつも以上に評価されている印象です。
(しかもいつもより弾速が速いため、遠距離でも割かし当てやすいと言ったオマケ付き)
そういった点で遠距離からの脅威となっている兵科ですね
ただ、今作のSRは近距離ではダメージが落ちるため弱点もいつも以上にハッキリしています。
そのため、この兵科が多くなりすぎて押されている試合もちらほら見受けられます。
(この兵科が嫌われている理由にはこういった背景もあるのでしょう)
歩兵に対する脅威度は高いですが、警戒されてしまうとどうしても厳しくなってしまいますからね

装備に関してはとにかくフレアガンのスポットが優秀です。
今作はあまりマップに情報が出ない仕様なので、その中で広範囲の敵をスポット出来るのは強力の一言です。
個人的にはこれと双眼鏡のおかげで今作は結構偵察しているイメージですね
そんな感じでこの兵科はスポットしながらSRでちょっかいを掛けて行く感じになってくると思います。

ぶっちゃけこの兵科は現在なかなかの飽和状態って感じです。(もちろん試合によります)
そもそも他の兵科と比べて数が要求されないので、その上で数が多い印象です。
遠距離とスポットは強いんですが、それ以外の役割を持ち難いので扱いが難しいですよね
もう少しスポット自体に優位性が出てくれば役割の重要度も上がってきそうだと思います。
ちなみにあまり使われていませんが、双眼鏡によるスポットが強力なので個人的にはオススメの装備です。




以上が各兵科の簡単なまとめとなります。
現状兵科に極端な偏りはありませんが、そもそも試合における兵科の要求数自体が一定じゃないですからね
自分の感覚だと気持ち偵察が多めで突撃が少ないような印象です。
ただ、試合によっては突撃兵が溢れていたりもするので結局は試合次第と言った所ですかね
そういう意味ではチームの兵科割合と試合状況を見ながら変えられるのが一番の理想でしょう。
そこの所正直自分も上手い事出来てるか微妙なラインなんですけどねw
とりあえずは戦車が暴れていたら突撃兵に変えるなどの単純なところからカバーして行く形で良いと思います。
SPMや勝率何かはそこら辺を上手い事して行けば少しずつ改善されるでしょう。
キルレに関しては…ビークル乗るのがぶっちゃけ一番だと思います。

11月には大型アップデータ、12月には早々追加マップが配信されるみたいです。
やっぱり大きなタイトルだけあって運営にも力が入っていますね
今後のBF1の展開にも期待しつつ楽しんで行きましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-