FC2ブログ

BF1 シングルプレイヤー情報

こんばんは~
管理人のFLATです。
自分は結構ボードゲームをやるのですが、先日初めて協力系のボードゲームをしました。
友人が持ってきてくれたのですが、予想以上に面白かったですね
なにより身内での殴り合いにならなくて済むので気が楽でしたw
これを気に少しボードゲームを集めようとも思ってたりします。
何か皆さんのオススメとかあったら教えて頂けると嬉しいです。

それでは今日はBF1のシングルプレイの情報についてまとめたいと思います。
ここまではほとんどマルチの情報だけでしたのですが、ここ最近で一気にシングルの情報も公開され始めました。
まぁ、BFと言うかFPS自体が最近ではマルチプレイがメインで見られていることが多いですからね
もちろん公式としてはシングルにもある程度注目して欲しい所なのでしょう。

とりあえずは公開されたシングルプレイについても動画を紹介します。
まずはそのBF1のシングルトレーラをご覧ください。



トレーラーだけ見ると戦争が題材の割りに思ったより暗い雰囲気じゃない感じですね
戦場で戦っていた兵士にスポットを当てたストーリー映像みたいな印象を受けました。
(良くありがちな「黒幕を倒す!」みたいな感じのストーリーではないみたいです)
あくまで当時の戦争をゲームのストーリーで表現するつもりなのでしょう。
また、その関係で複数の状況や人物にスポットを当てた内容になっていそうです。

その他にも公式からストーリーの紹介も公開されていました。
今回のストーリーは幾つかの物語に分けて進行していくみたいです。
ここでは各ストーリーの題目とあらすじを紹介します。


■高き場所の友

連合国軍は空の戦いにおいて負け続けていた。 イギリス軍はエースを揃えたドイツ軍に必死に食らいつくが、戦闘パイロットの平均寿命は17日足らず。 だがどれほど絶望的であろうと、西部戦線の空を争う翼持つ騎士たちの戦いに加わる時が来た。 そこでは息をのむドッグファイト、思わぬ敵との遭遇、そして友情の物語が待ち受けている。


■記されぬ言葉

中東の砂漠でアラビアの部族たちは、オスマン帝国の圧政に反旗を翻す。 強力なオスマン帝国軍の大砲に反乱軍は馬からライフルを放って立ち向かう。 伝説のアラビアのロレンスとともに戦うベドウィンの戦士として、装備に優れる敵を倒し、絶大な威力を誇る列車砲を撃破する術を見出さなければならない。


■血と泥濘の先に

1918年秋、イギリス軍はフランスの町、カンブレーに大攻勢を仕掛けるべく準備を整えていた。 連合国軍司令部は、戦車の支援により敵前線の突破は確実なものと信じていた。 だがMark V戦車にはひとつの大きな欠点があった。信頼性の低さだ。 噛み合わない戦車クルーの一員となり、互いに手を取り合う術を見出しながら、敵陣の中へと突き進め。


■サヴォイアに栄光あれ!

イタリア王国とオーストリア=ハンガリー帝国はアルプス山脈で膠着状態にあった。 雪に覆われた山々が障害となり、どちらも敵を駆逐する方法を見つけられずにいたのだ。 一方、イタリア軍の精鋭部隊アルディーティは常識破りの攻勢に向けた準備を進めていた。 アルディーティの鎧を身につけ、山の斜面を進め。戦略上の要衝たる要塞をめぐりイタリア軍とオーストリア軍が激突する。


■ランナー

イギリスはオスマン帝国中心部に向けた前代未聞の海上侵攻作戦を発動し、新たな戦線を開こうとしていた。 第一次世界大戦のDデーと呼ばれるガリポリ上陸作戦に向けて50万人を超える将兵がかき集められ、船で運ばれている。 オーストラリア・ニュージーランド軍団の伝令兵として、プレイヤーは一大砲撃と海岸への上陸をその身で体験し、生死を分ける重要なメッセージを届けるために前線を駆けまわることになる。




以上が現在公開されているシングルプレイヤーの情報となります。
正直自分はそこまで注目していなかったのですが、トレーラー見て一気に興味が沸きましたね
戦争モノのゲームであのトレーラーの雰囲気は珍しいです。
結構純粋に歴史モノとして見れそうなので、そこら辺でかなり期待しています。
意外なところから楽しみが増えて私自身ホクホク状態ですね
高いテンションと期待感を保ちつつ発売日を待ちたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~
スポンサーサイト



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 登場マップ紹介

こんばんは~
管理人のFLATです。
温暖差のせいで案の定体調を崩しました。
やっぱり普段動かないので体力が落ちてますね
特に自分はゲーム疲れから体調を崩すことが多いので、これからの季節は気を付けたいですね

それでは今日はBF1に登場するのマップが公開されたのでまとめたいと思います。
まずは公開された画像を紹介します。



■ARGONNE FOREST
 

アルゴンヌの森が舞台となるマップ
全体的に開けており、白兵戦が主になるとのこと。
カモフラージュなども生かせるマップみたいです。



■BALLROOM BLITZ

おそらく室内と室外で戦うマップ
室内は将校の宿舎、屋外は川が戦場となるみたいです。
また、塹壕戦もこのマップでは行えるみたいですね



■FAO FORTRESS

湿地や砂漠、浅瀬での戦いが行われる。
様々な条件での戦いになる可能性がありますね
ちなみに舞台は上陸作戦が行われる島とのこと



■SUEZ

補給地点が舞台となっているマップ
重要な拠点が舞台になっており、多くのビークルや兵器の登場が予想される。
また、開けた砂丘なども戦場になるらしい



■シナイ砂漠

オープンベータにも登場した砂漠の舞台
開けた場所を基本に入り組んだ場所も存在するマップ
このマップ自体は広めであり、移動手段なども重要になってくるマップである。



■AMIENS

有名な都市が舞台となっているマップ
都市が舞台となっているため市街戦となることが予想される。
おそらく全体から見ても入り組んでいると思われます。



■Monte Grappa

山々に囲まれた場所が戦場となっている。
画像からも分かる通りに飛空挺が登場するマップ
当初から話題となっているマップであり、動画も幾つか確認される。
私が見た限りではなかなか広めな印象を受けました。



■EMPIRE’S EDGE

今作は水辺のマップが多く登場しますがこのマップのその一つです。
要塞化されているようである程度設置兵器の登場が予想されます。
また、コチラも話題の戦艦が登場するマップらしいです。



■ST. QUENTIN SCAR

塹壕や小村が舞台となるマップ
そのため歩兵は入り組んだ場所での戦闘になると予想されます。
戦闘機も登場していることから空からの有効な攻撃手段もあるみたいですね




以上が公式より公開されたBF1のマップとなります。
現状では製品版には9個のマップが登場するみたいです。
(これが初期マップ全てかどうかは現在不明)

マップについては全体的に見て広そうな設定のモノが多いですね
やっぱり時代柄そういう場所での戦闘が主になってくるのでしょう
まぁ、BF自体が戦争を題材としているゲームなので、元々広いマップは多いんですけどねw
後はやっぱり塹壕戦などのこの時代設定での特有の戦いがセールスポイントでしょう。

遂にマップなどの情報も公開され始め、発売の訪れを感じます。
発売日に胸膨らませつつ、前情報を調べながら待ちたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 オープンβ統計データ

こんばんは~
管理人のFLATです。
いきなり気温が下がり始めましたね
最近の天気が原因だとは思いますが、かなり急激な変化だと思います。
機械の動作音が減ったのは精神的にありがたいのですが、肉体的にはかなり厳しいですねw
皆さんも風邪には注意しましょう。

今日は公式からオープンβの統計が公開されたのでそれについてまとめたいと思います。
(統計内容については様々なものがあります)
今回はそれぞれの統計データごとに見て行きます。


■ベータ参加人数:1,320万人over

これが統計データで一番強調されていましたね
この人数はEA史上最大のベータ参加人数となったようです。
こういうデータを見るとゲームに対するユーザーの期待感が良くわかりますね
(ちなみに直近での有名なベータではOverwatchがありますが、そちらは970万人になります)
この勢いが製品版発売まで続けば、この秋の大きなコンテンツとなるでしょう。


■各兵科の使用率
・突撃兵:30%
・偵察兵:28%
・援護兵:21%
・看護兵:10%
・特殊兵科:11%

こちらは各兵科の使用割合となります。
数字を見た時点でもやっぱりある程度予想通りの結果となっていますね
突撃兵科は対戦車として必要性が高く,偵察兵はSRが人気でしたので納得の結果です。
援護兵に関してはもう少し低いと思いましたが、機関銃のおかげか意外と高い数字となっています。
看護兵に関しては戦場の状況を見てみるとかなり不足していた雰囲気がありましたからね
(蘇生されることが野良ではほとんどありませんでした)
それでもさすがに特殊兵科に負けるとは思っていませんでした。
やっぱりライフルの扱いが変わって事で人気が出なかったのかもしれませんね
公式としてもこのデータを元に色々とバランスについても検討するみたいです。
まぁ、数字を見る限りは看護兵に何かしらの修正が入りそうですがβ時点での使用率ですからね
全ての装備が使用できるようになると評価が変わるかもしれませんし、公式としても少し慎重になるかもしれません。
それでも偏りは出るかと思いますし、公式の裁量が問われてきそうです。


■近接キル:2,890万回

これはなかなかの数になっているかと思います。
やっぱり正面から撃ってもカウンターがないのは扱いやすいですね
威力こそ変わってませんが、近接戦の殺しきりとかに稀に使えたりしました。


■最も車両を破壊した兵科:対戦車兵

そりゃそうでしょう


■装甲列車によるキル数 : 1,300万キル

思ったよりは多くないですね
やっぱり試合終盤からしか登場しないのと歩兵はみんな逃げるのが原因でしょう。
むしろこれがキルを取り過ぎると試合のバランスが変わるので個人的にはべヒモスの性能については慎重派です。


■ロードキル:2,380万キル

これは思ったり多い印象です。
ただ、単純に参加人数で割ると一人2回程度の計算になるんですよね…
そう考えると妥当なような数字でもある気がします。
(意外と音が聞こえずに近づかれるパターンもありましたからね)
まぁ、これはマップによって大きく変わりそうなので参考値程度でしょう。


■馬によるキル:6,220万キル

これはお馬さんがなかなか強かったので妥当な結果でしょう。
狙い撃ちされると脆いのですが、やっぱり攻撃力はかなり高かったですね
個人的にはBF1の新要素としてはかなりプレイして楽しかったシステムでした。
ただ、これ馬によるロードキルが含まれてるのかそうでないのかでロードキル含めて数値の印象が変わりそうです。




以上が今回発表されたBF1βテストの統計データとなります。
基本的なデータが主となっており、β時の環境が伺える結果となっていますね
開発としてもこれは良い調整資料となったでしょう。
(もちろんこれ以外にもたくさんのデータが今回のβテストから得られているはずです)
なので、今後発表されるであろう調整内容に注目していきましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 各兵科のガジェット (オープンβ)

こんばんは~
管理人のFLATです。
先日PCの一台が調子悪いので、適当に自分で修理していました。
それ関連として少し前(現在も)PCデポの不祥事で軽く世間が盛り上がっていますね
商売なんで色々しているんだと思いますが、それで信頼失くしてたら本末転倒でしょう。
まぁ、そもそもPC市場自体がなかなか苦境みたいですからね
PCは個人的に色々と生命線なので、市場には頑張って欲しい所です。

それでは今日はBF1の各兵科のガジェットについて軽くまとめたいと思います。
(まとめるガジェットは現時点で判明しているモノのみです)
ガジェットの詳細についてはオープンβの情報を元にしています。
また、自分の使用感もかなりの割合で入っているのでご了承ください。



■突撃兵

・ATグレネード
対戦車用のグレネード
持ち手があるタイプの大型のグレネードで他のグレネードと比べて車両に効果的
ただ、ある程度近づかないと確実に当てれないため意外と扱いが難しかった印象です。
(これだけで戦車を壊しきるのは難しいです)
当たり前だが対人でもダメージは与えることが出来る
・ATロケットガン
従来のロケットランチャー枠で使用時にはバイポッドの使用が必須
意外とまっすぐ飛ぶので、爆発物の中ではかなり使いやすい部類
個人的にはタンクをある程度の距離から壊そうとするとこれに頼らないときつかったですね
バイポッドは地面意外にも窓枠の縁とかでも展開できました(ちなみに展開モーションはないです)
メインの武器が射程が短いので、たまにこれで相手歩兵を狙撃してたりしてました。
・ダイナマイト
このガジェットは今まで言うところのC4枠
基本的には今までのC4とある程度同じ運用が出来ます。
意外と対人と対戦車どちらでも使えるので、腐り難いのが個人的には良かったです。
・AT地雷
ビークル用の大型地雷
ビークルにしか反応せず、砂漠ではルート特定が難しいためかなり活躍しにくいガジェットでした。
ただ、ノーモーションで設置できるので、強引にビークルの近くに設置するみたいな運用は可能
ちなみに決まれば一番ビークルに対する効果は大きいです。


■衛生兵

・注射器
今作の蘇生装備(今作はチャージの必要なし)
蘇生の他に今まで同様に相手に使用することでキルも可能
これがどうこうと言うよりは蘇生マークが見難い
・医療バッグ
いつものアレ
あまり歩兵では使われないが、戦車からたまに撒いてる人がいる
大きいのでどこにあるか分かりやすいのはメリット
・回復パック
こちらも今までのモノとほぼ同様
こちらは二つまで展開出来て、味方に投げ付けることも出来る。
ただ、パック自体が小さいので異様に見辛い(後たまに地面に潜る)
・RFグレネード
ライフル型のグレネード
もの凄く狙い難い
一応いくつかの種類がするがあまり使われてなかった印象


■援護兵

・弾薬パック
こちらも基本的にはいつもと同じ
同時に2つまで展開できる。
爆発物の回復が今作は異様に早かったです(弾の補給も普通に速いです)
・弾薬箱
こちらも弾薬を補給できるガジェット
ただ、パックが強かったのでこっちを使っている人はあまり多くなかったですね
ある程度大きさがあり、展開するときにスペースがないと消滅するらしい
見つけやすいメリットは医療バック同様あるが、そもそもあまり落ちていない。
・トリップマイン
ワイヤー感知型の対人探知地雷
ぶっちゃけ今までのクレイモアと比べるとかなり目立ちます。
威力は一撃では倒しきれないことが多めなので、本当に探知用として使う事が多いです。
ちなみに地雷としては意外と種類があります。


■偵察兵

・信号銃
手持ちの信号弾(船乗りとかのフレアみたいな見た目)
色んな効果の信号弾があり、βではスポットとフラッシュがありました。
スポットは意外と広い範囲であり、探索手段が今作は少ないので重宝しました。
・徹甲弾
対ビークル用のスナイパーの弾
ガジェットを使用するとSRの弾が切り替わり、一発ずつリロードを挟みます。
(おそらくチェンバーに直接弾を入れてるんだと思います)
当てやすいのですがほとんどダメージが与えられず、連射も出来ないので扱い難いかったです。
・双眼鏡
倍率高めの双眼鏡
スポットをすると普通のスポットとは違い相手のシルエットが赤く浮かぶ
また、潜望鏡のようになっており、自分は身を隠しながら相手をスポットすることが可能
おそらくSRのスコープ同様に光りが反射している


■共通

・ガスマスク
ガスから身を守ることが出来るガジェット
ただし、周辺視野や音響を妨げて、ADSも不可能となる。
基本的に常時着けているモノではなくガスが見えたら装着する感じです。
ちなみにどの兵科でもデフォルトで装備されている。




以上が私がオープンβ時点での兵科ごとのガジェットになります。
おそらくこれら以外のガジェットの情報は出ているので、製品版でいくつか追加されると思います。
もちろん製品版での仕様変更などもあるので、あくまで今の情報は暫定版って感じです。

とりあえず各ガジェットを見てみると従来から登場している装備がやっぱり多いですね
もちろん名前など変わっているモノは多いですが、装備自体はそこまで変更されている感じはないです。
兵科に対するガジェットの振り分けも取り分け違和感はないと思います。
まぁ、、時代設定が今までと大きく変わるので、性能なんかは結構大きく変わっているモノもある程度存在してます。
(技術的に現代と第一次世界大戦時では大きく異なるため)
やっぱり電子制御の装備がないだけでも結構印象は変わりそうですね

ただ、正直なところは私個人としては時代的にもう少し技術レベルが低いと思っていました。
性能自体はどうであれ、装備内容自体は現代に比べても極端に遜色があるわけではないんですね
なので、時代設定のせいでガジェットのバリエーションが減るんじゃないかと言う懸念は心配なさそうです。
当たり前ですが何だかんだで現代装備の原型になったものが存在したと言うことなのでしょう。
そういった点を考えられるのもWW1を舞台としたゲームの醍醐味かもしれませんね
発売までおおよそ一ヶ月ですが、それまでの間も色々考えながら楽しんで行きたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

Battlefield 1 オープンβの感想・評価

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近朝と夜が涼しくなって来ている気がします。
エアコンの稼働率などを下げれるので、個人的には助かっています。
まぁ、気が付いたら肌寒くなっていそうで寒がりの自分としては怖くもあるんですけどねw
とにかく季節の変わり目が近づいて来ているので皆様も体調にはお気を付けください。

それでは今日はBF1オープンβの感想・意見について書いてみたいと思います。
(ちなみにレベル60程度までプレイしての感想・意見となります)

先日BF1のオープンβが終了致しました。
ネット上でも様々な感想・意見が出されており、その内容も賛否どちらの意見も多く見かけます。
私自身もBF1には良かった点と悪かった点が複数存在していると感じています。
そこで良かった点・悪かった点それぞれに分けて自分なりの意見を書いて行きたいと思います。



■良かった点

・グラフィック
これはやっぱり綺麗でしたね
しかも今作は視野角も変更できるので、映像面はかなり評価できます。
マップ自体も大きく視界も広いため、臨場感や迫力はかなり出ていると思います。
個人的にはVRでこのグラフィックがどのように見えるか結構楽しみだったりします。

・時代設定
今作は第一次世界大戦が時代設定となっております(最近のFPSでは珍しいです)
この時代設定自体は個人の趣味があるので、賛否両論があるかと思います。
私自身も現代戦が好きな人間なので、実はそこまで極端に時代がWW1で嬉しかった訳ではないですね
なので、評価した点はそこではなく、武器や装備が時代設定にある程度沿っていた性能となっていた点です。
何だかんだでFPSは現代か近未来が多く、武器や装備の性能をそこを基準としたものが多いです。
ただし、今作は時代背景が現代とは大きく異なるため、全体的な武器の性能が変わっています。
そのため普段とは試合の雰囲気が変わっており、私としては少し新鮮さを感じました。
(昔の銃器なので全体的に見れば低性能[低レートや低精度など]な感じがします)
ゲームバランス自体はβなのでまだ討論できないのですが、装備に関しては個人的には期待したいところですね

・ビークルの操作が簡単(特に航空機)
個人的にはこれはかなり嬉しかったですね
BFシリーズは少しビークルの操作が初心者に優しくない仕様が多かったりします。
ただし、今作は直感で動かせるものが多いのでその点は少し入口が広くなったイメージです。
そのかわりβではビークルが猛威を振るっていたので、それらは製品版での修正に期待しましょう。


■悪かった点

・バグ
これはβ版なので仕方ない点ではあります(そもそもβはユーザーが意見・問題をフィードバクするイベントですからね)
ただ、それでも結構数が多かったので、製品版までに直しきれるかが不安なところです。
ここはEAの頑張りに期待するしかないでしょう。

・動作が少し不安定
ネットワーク関係もあるのか、少し動作が不安定なところがありますね
例えとしては少しレスポンスが遅かったり、動作が巻き戻った場合がありました。
これはバグと言うより、使用の問題に感じたので製品版でそうなっているか気にあるところです。
バグとして修正されていれば問題ないのですが、そのままだと少し違和感が出てしまうと思います。

・UI
これは個人的には評価が低いですね
まずメニュー画面がβ時では結構見難かったです。
試合によってはリザルトや出撃画面でのUIの動作で不安定な部分があったのでその点も不安です。
HUDも今までのシリーズのモノと似ており、WW1の時代背景と少しマッチしなかった部分があったかと思います。
時代背景に合わせるならもう少しHUDの情報を減らしても良いかもしれませんね


■どちらとも言えない

・ゲームシステム
これは半々と言った感じですね
発砲でマップに映らない点は時代背景としては合っていますし、ゲームシステムとしても個人的には面白かったです。
銃剣突撃も面白い仕様で移動手段や逃げと使い道が意外とあって良かったです。
逆にべヒモスなんかは時間制限がある試合だとほとんど仕事しませんし、時間制限がない試合だと試合をひっくり返しかねない性能をしていたので、少しバランス的に難しい新システムと言う印象を受けました。
他にもスポットが使い難かったのも個人的には少しマイナスなイメージでした。
(発砲でマップに映らないからにはスポットの性能はある程度使いやすくなるべき…と言う考えです)
他にも色々なシステムがありますが、全体で見れば50:50くらいな評価です。
まぁ、まだ砂漠でしかプレイできていないので他のマップでどのようになるかで評価は変わるでしょう。
要望としてはやっぱりスポットはもう少し使いやすくして欲しいですね

・ゲームバランス
これは製品版に対しては判断材料が揃っていないので評価できないです。
β版に限って言えばぶっちゃけそんなに良くないです。
(ビークルが強い&射程長い武器がマップ構造上の問題で戦いやすい)
まぁ、β版のバランスの評価なんて参考程度にしかならないと思います。
いくつか修正も検討しているみたいなので、この点は現時点では何とも言えないところでしょう。




私のBF1のベータ版の感想はこんな感じとなります。
プレイしていて色々と感じる点は多かったですが、やっぱりBFシリーズだけあって面白いですね
(細かい指摘も多いかとは思いますが、やっぱりFPSとしては安定している作品だと思います)
特に時代背景のため、もっと大雑把なシステムになるかなぁと思ったのですが意外と違和感は無かったです。
逆を言うともう少しゲーム性を犠牲にして時代背景に近づけることも出来そうではあります。
まぁ、ゲーム性が無い物はコンテンツが長続きしないので今の感じをベースにと調整していく形になるでしょう。

どの作品に近いかたびたび質問されていますが、個人的にはあまり近い作品が思い浮かばないですね
(何だかんだで武器などの使用感が少し特殊な気がします)
操作感自体は直感的になっているので、ゲーム自体はBFとしてはカジュアルになっているかもしれません。
なので、極端にプレイすること自体が難しいみたいなことは無いかと思います。
もちろんFPSなので実力差が出ない訳では無いのですが、入り口は広いでしょう。
最初に挫折してやめてしまう人が減ればプレイ人口は維持されやすいので、個人的にもそうなれば嬉しいですね

BF1のβテストも終わり、ユーザーは発売を待つのみとなりました。
βテストをプレイして皆さんも様々な感想を持ったと思います。
中には新たに興味を持ったり、逆に失った方もネットの反応を見ると大勢居るような気がします。
私自身は購入する予定ですし、βテストで期待感もある程度持てました。
もちろん修正して欲しい点を数多くありますが、そういったEAの手腕込みで期待しています。
なので、今後も発売までBF1の情報についても注目して行きたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

Battlefield 1 オープンベータで使用できる武器・装備

こんばんは~
管理人のFLATです。
CoDの新作にオマケとして付いてくるCoD:MWのリメイク情報が色々と公開されました。
自分も見てみたのですが、やっぱり懐かしさが滲み出てきますね
結構オマケ目的でデラックス買う人も多いみたいです。
私自身も気になっているので、そちらを購入予定ですが少しだけプレイ人口が不安ですね
(デラックス版が地味に高い&IWやBF1とも分散する可能性がある)
まぁ、そもそもやりたいゲームがその時期にはかなり多いので、時間のほうが心配だったりしますw
なので、10月以降は死なない程度に精一杯ゲームを楽しんでいきたいと思います。

皆さんオープンベータを楽しんでいますか?
私は知り合い何人か巻き込んで分隊組みながらプレイしています。
オープンベータ自体は今週いっぱいですので、プレイ予定の方はお忘れなく

それで今日の記事はオープンベータで使用できる武器・装備についてです。
これらについてベータ時の資料としてまとめておきたいと思います。

今回行われているオープンベータですが、ある程度装備が制限されています。
制限自体は全体で見ておおよそ半分と言った感じですね
(その他にも一部カスタムなんかも制限されています)
なので、今後の資料としてベータで使用できる装備なんかの一覧を作っておこうと思います。
ちなみに近作は同じ武器のモデル違いも存在しますので、そちらも分けてまとめておきます。



■突撃兵

・武器
┣ Model 10-A FA/HE
┣ MP 18 TR/AR/EX
┣ Automatico M1918 FA/TR/LI

・ガジェット
┣ ATグレネード
┣ ATロケットガン
┣ AT地雷
┣ ダイナマイト


■衛生兵

・武器
┣ Cei-Rigotti AR/FA
┣ M1907 SL AU/FA
┣ Mondragon AR/MA
┣ Selbstlader M1916 SH/AR

・ガジェット
┣ 注射器
┣ 回復パック
┣ 医療バッグ
┣ RFグレネード HE/SMK


■援護兵

・武器
┣ Lewis Gun LW/AR
┣ M1909 Benèt-Marciè LI/GU
┣ Madsen MG LI/TR
┣ MG15 N.A. LI/SU

・ガジェット
┣ 弾薬箱
┣ 弾薬パック
┣ トリップマイン HE/INK/GAS


■偵察兵

・武器
┣ Russian 1895 MA/RI
┣ Gewehr 98 MA/SH
┣ Gewshe M.95 RI/MA
┣ SMLE MKⅢ SH/CA

・ガジェット
┣ 信号拳銃 FL/SP
┣ 徹甲弾
┣ 双眼鏡


■その他

-パイロット-
・武器
┣ C96 Carbine
・ガジェット
┣ 信号拳銃
┣ 対戦車グレネード
┣ レンチ

-騎兵-
・武器
┣ Russian 1895
┣ サーベル
・ガジェット
┣ 回復パック
┣ 弾薬パック

-共通-
・武器
┣ M1911
┣ P08
・ガジェット
┣ ガスマスク




以上が各兵科のオープンベータで使用できる装備・武器となります。
こうしてみてみるとこれだけでも十分多いように感じますね
特に今作は同武器でもモデル違いが存在するため、さらに種類が多いように見えます。
何だかんだでオープンβ期間中に全て使い込むことは厳しそうですね
とりあえず浅くでも全体的に触っておくのが正解な気がします。
私としてもベータが終わるまでには一通りのことはやっておきたいと思っています。

そして先程も申しましたが、オープンベータの残り期間が残り5日ほどとなっています。
残り期間やり残り等が無い様、皆様も全力で楽しんでください。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-