FC2ブログ

ダークソウル3 武器の強化について

こんばんは~
管理人のFLATです。
本格的に春が近づいて来ましたね
外が温かいので、個人的にはものすごく助かっています。
特に外から帰ってきて手が悴んでいないのはかなりありがたいです。
新年度でも気合を入れて頑張って行きたいと思います。

1週間ほど前にダークソウル3が発売され、皆様も楽しんでいるかと思います。
ゲーム初期と言うことで色んな情報がネットで飛び交っている状況です。
そこで当ブログでは役に立ちそうな情報のまとめなんかをとりあえずはやって行きたいと思っています。
そしてある程度環境が整ってきたら考察系の記事に切り替えていくつもりです。
まぁ、結局はその時の状況を見ながら記事を書いていくと思いますので、よろしくお願いします。

それでは今日は武器の強化についてまとめたいと思います。

今作はダークソウル2とほぼ同じような強化システムとなっています。
簡単にシステムをまとめるとこんな以下のようになります。

・通常武器は「楔石の○○」で+10まで強化が可能
・通常武器は「○○の貴石」によってそれぞれの属性に派生が可能(強化自体は楔石)
・特殊武器は「光る楔石」で+5まで強化が可能(+5では楔石の原盤を使用)
・ソウル武器は「楔石のウロコ」で+5まで強化が可能(+5では楔石の原盤を使用)
・武器によらず強化テーブルは一定
・変質武器を作るには対応した種火をアンドレイに渡す必要がある


次に強化テーブルを示します。

・通常武器
[+1~+3:楔石の欠片(2,4,6個)]→[+4~+6:楔石の大欠片(2,4,6個)]
→[+7~+9:楔石の塊(2,4,6個)]→[+10:楔石の原盤(1個)]

・特殊武器
[+1~+4:光る楔石(2,4,6,8個)]→[+5:楔石の原盤(1個)]

・特殊武器
[+1~+4:楔石ウロコ(2,4,6,8個)]→[+5:楔石の原盤(1個)]


最後に変質強化についてまとめます。

重厚 : 筋力補正が大きく上昇する
鋭利 : 技量補正が大きく上昇
熟練 : 筋力、技量両方の補正が上昇する
粗製 : 補正が無くなる代わりに元の攻撃力が上昇
結晶 : 魔力攻撃力を持ち、理力による補正を追加される
愚者 : 魔力攻撃力を持ち、FPが少しずつ回復する
炎  : 補正がなくなるが炎攻撃力を得る
混沌 : 炎攻撃力を持ち、理力・信仰両方の補正をが追加される
雷  : 雷攻撃力を持ち、信仰による補正も高くなる
祝福 : HPを少しずつ回復する
深み : 補正がなくなるが闇攻撃力を得る
血  : 出血攻撃の属性を得る
毒  : 毒攻撃の属性を得る
亡者 : 運によって攻撃力が上昇する


以上が今作の武器強化関連のまとめになります。
強化システムはダークソウル2を踏襲しつつ、変質武器を増やした感じになります。
変質武器が多いおかげでビルドも様々なモノが登場してきそうです。
特に個人的には運の補正が掛かる武器が登場したことに少し驚きました。

今作は武器も多いので、変質と組み合わせて色んなパターンが考えられます。
こういったボリュームの多さは個人的にはモチベーションに繋がるのでとてもありがたいですね
もちろん武器の強弱は出てくると思いますがそれを含めて武器選びをしていけたらと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~
スポンサーサイト



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 アンケート「一番最初に選んだ素性は?」

こんばんは~
管理人のFLATです。
待ちに待ったゲームが出てるとやっぱり自分の中から活力が出てきますね
こういう時期が一番生きている実感が湧きます。
常に本当にやりたいゲームが発売されているわけでは無いので、この時期は大切にして行きたいです。

現在は先日発売されたダークソウル3をプレイしています。
少し私用と重なってしまっているので、ゆっくりめなペースではありますがストーリーを進めています。
そしてそれと並行してネットやゲームプレイから、重要だったり役立ちそうな情報の収集を行っている感じです。

ちなみにゲーム開始初期と言うことで色んな情報が様々な形で入ってきます。
それをプレイ時間を確保しながらのまとめるのははなかなか大変だったりしますねw
まぁ、出来る限り早くまとめて情報を扱いやすい状態にしたいと思います

それで今日はちょっと自分が気になったことがあるのでアンケートを久しぶりにさせて頂きたいと思います。
(ちなみにこれ自体も情報収集の一環だったりします)
それで今回アンケートさせて頂く内容は「最初に選んだ素性」になります。

この内容についてアンケートを取ろうと考えたにも一応理由があったりします。
実は以前に前情報段階で素性について記事を書いていたりするのですが… (その記事はこちら)
その記事を書いている際に「その素性が人気が出るかな?」という疑問を予想を踏まえながら考えていました。
そして実際にゲームが発売されて、どの素性が人気なのか調査してみようと思った次第です。
なので、簡単な調査と自分の興味を兼ねたアンケートって形になりますね
(ちなみに意外と自分以外にも気になっている方は居るんじゃないかなぁ~…とは思ってたりもしますw)
もちろん素性の人気などが判れば色々と考察出来るので、貴重な資料にもなるかとは思います。
そういうことでお時間がある方はお付き合い頂けると幸いです。

■アンケート「ダークソウル3で最初に選んだ素性は?」


以下のアンケートフォームから素性を一つ選択して投票してください。
(現在の投票結果のみ見たい場合は何も選択せずに投票してもらえば閲覧することが出来ます)
----------------------------

----------------------------

ある程度投票が集まりましたら結果発表の記事を書きたいと思います。
今からどのような結果になるか楽しみですね
それではよろしくお願いします。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 発売!

こんばんは~
管理人のFLATです。
時間が流れるのは早いものでもう今年の4分の1が終わろうとしています。
いやぁ…正直洒落にならないぐらいの早さな気がします。
このブログも気付いたら冬の新作のBFやCoDの記事を書いてそうですねw
まぁ、時間は有限と言うことだと思いますので、無駄なく使って行きたいと思います。

今まで色々と前情報をまとめてきましたが…
遂にダークソウル3の発売日(3/24)になりましたね!

いや~毎年この時期はソウルシリーズの発売を待ち続けてますから、もはや恒例行事になっている気がします。
そしてこの瞬間のワクワク感は何回味わっても飽きないです。
ある意味発売日が一番ゲームに対するモチベーションが高い日なのかもしれませんねw

待望のソウルシリーズ最新作にして最終作と言うことでいつにも増して注目されています。
特に最終作なんでシリーズファンからの期待がすごい高いみたいです。
開発も最後と言うことでかなり力を入れたみたいです(これはいつも言っている気がしますがw)
まぁ、前情報調べた感じだと色々とユーザーの声を聞きながら改善しているみたいですね
少なくとも注目度だけなら今年トップレベルのゲームだと思います。

そのダークソウル3の製品情報は以下のようになっています。

対応機種:PlayStation 4, Xbox One, Windows

発売日:2016年3月24日(木) ( Windows版 2016年4月12日(火) )

価格:パッケージ版 ¥7,430- (税別),ダウンロード版 ¥6,930- (税別)

ジャンル:アクション RPG

プレイヤー人数:1人 (オンライン時未定)

レーティング:CERO D

開発::株式会社 フロム・ソフトウェア

公式サイト:http://www.darksouls.jp/


先程も申しましたが、今作は最終作と言うことでかなり注目度を集めています。
(宣伝もいつも以上に行っていることも注目度が上がっている理由だとは思います)
もちろん実際のゲームの評価は出てみないとわかりませんが、個人的にはとても期待しています。
シリーズファンはもちろんのこと、新規で参入を考えている人にも是非やってみて欲しいゲームですね


長く続いてきただけに人気もありましたが、不安点も色んな場所で上げらてきたシリーズです。
今作はそれらを踏まえてソウルシリーズの有終の美を飾れるような作品になって欲しいですね
特に最後の作品という事で長生きするようなゲームを期待したいです。
実際にどうなのかはこれからプレイして確かめたいと思います。

ブログの方はとりあえずゲームプレイに役立ちそうな情報を中心に記事にする予定です。
特にある程度環境が落ち着いたらマルチ(対人)関係を詳しく書いて行きたいですね
まぁ、プレイしないと始まらないので、まずは頑張ってストーリーなどを進めて情報を集めたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 前情報その8 「武器カテゴリーについて」

こんばんは~
管理人のFLATです。
もうそろそろ新年度が始まりますね
友人が今年度からとあるゲーム会社に就職と言う事で気合が入っていました。
日本のゲーム業界は結構大変みたいですから頑張って欲しい所です。

それでは今日もダークソウル3の前情報をまとめて行きたいと思います。
今回はダークソウル3で登場する武器(装備)カテゴリーについて紹介します。

今作の武器カテゴリーはダークソウル2に準拠しているとのことです。
なので、ダークソウル2の情報を元に武器カテゴリーをまとめております
(一応公開されている動画などである程度の確認はしています)
そのため一部武器カテゴリーの変更される可能性があることはご了承ください。

それでは始めたいと思います。
(数が結構多く縦に長いのでご注意ください)



■短剣
盗賊の初期武器
幾つかの武器で戦技「クイックステップ」を所持している。
おそらく標準な武器としては一番小型

■刺剣
刺客の初期装備
追突攻撃が中心の武器であり、致命などにもボーナスを持つ
今作から戦技のおかげで苦手だった盾への対処方法も出来ました。
ちなみに今作からようやく鎧貫きがこのジャンルになりました。

■直剣
騎士の初期装備
スタンダートな性能で、近作からは戦技「構え」によって攻撃パターンも増えました。
おそらく初期では人口が多い武器になると思います。

■大剣
大型武器としてはスタンダートな性能をしており、かなり人気の高い武器ジャンルです。
今作も片手・両手でモーションが大きく変わるみたいです。
武器の数が多いのもこのジャンルの特徴ですね

■特大剣
剣としては最大の武器
今作は今まで以上に単発威力に重きを置いているみたいですね
モーションこそ遅いですが、威力がとても高いので地味に人気がある武器です。

■曲剣
傭兵の初期装備
斬撃属性の武器での標準ですね
今作から戦技「回転」により複数戦にもある程度対応が可能になりました。
パリィモーションが独特で左手持ちとしてもある程度人気がある武器ですね

■大曲剣
曲剣の大型バージョンの武器
イメージとしても曲剣をそのまま大型化した性能ですね
あまり種類はありませんが特徴的な武器が多いです。

■刀
みんな大好きジャパニーズソード
かなり人気がある武器で性能のほうも高くに設定されています。
今作から戦技によって居合い斬りも出来るので相変わらず人気が出そうですね

■斧
戦士の初期装備
今作から戦技によって自分自身を強化できると言う大きな利点を持っています。
今まで少し斧の人気は低めだったので、今作は頑張って欲しい所ですね

■大斧
斧を大型化した武器
他の大型武器と比べても筋力に特化しています。
実は大型武器としては少しリーチが短めだったりします。

■槌
聖職者の初期装備
攻撃属性の基本が打撃と言う特徴を持った武器
戦技「我慢」は使い所は難しそうなのですが、利用した変わった戦法とか出てくると面白いですね

■大槌
打撃武器最大のジャンル
武器全体で見てもトップレベルの重さを誇っているカテゴリーです。
扱いは難しいですが、作中トップレベルの単発威力は魅力ですね

■槍
伝令の初期装備
刺突武器でありながらリーチも長いので1対1ではかなり優秀な武器です。
また、今作は戦技によって突進攻撃も出来るみたいなので、対人で活躍しそうですね

■戦斧
長いリーチが特徴的な斧形状の武器
今作からデモンズモーションに戻ったと話題になっていましたね
戦技も複数判明しているカテゴリーですし、個人的には期待してたりします。

■突撃槍
名前から少し想像し難いですが、簡単に言えば大型の槍です。
こちらも動画で話題になっており、人気が出そうな武器ですね
ちなみにこのジャンルでも突進攻撃は存在するそうです。

■鎌
大きな鎌の形をした武器カテゴリー(まんま死神の鎌です)
クセが強い武器ですが、打点が高いので一部エネミーを倒す際に使われたりします。
地味に前情報でほとんど確認できて無い武器の一つだったりします。

■両刃剣
こちらも前情報でほとんど確認できて無い武器ですね
前作では長い棒の両端に刃が着いていると言う形状でした。
前作から考えて今作もかなり特徴的な性能をしている武器だと思います。

■鞭
このゲームの鞭はかなり特徴的な性能をしている武器ですね
モーションが独特で攻撃をパリィできないといった特徴もあります。
戦技も判明しており、「痛打」は相手の盾を回りこむらしいですね
ちなみに鞭の攻撃属性が打撃だったりします。

■爪
拳武器の一つで斬撃属性を持ちます。
実はまだこの武器の詳細な情報がわかっていません。
おそらくは前作同様な感じの武器になると思います。

■拳
こちらは打撃属性の拳武器ですね
爪との基本的な違いは攻撃属性の違いとなります。
今作は戦技もあるので、そこでも少し特徴が分かれそうですね

■弓
飛び道具の一つ
威力こそ低いですが、貴重な遠距離攻撃手段でストーリーで活躍してくれます。
今作は戦技で連射が可能みたいですので、火力もある程度補えそうです。
ちなみに盗人の初期装備でもあります。

■大弓
弓の大型バージョン
弓より威力は高い代わりに連射が遅くて取り回しが悪いですね
一部武器では防御を貫通する戦技があるみたいです。

■クロスボウ
ボルトを撃つ飛び道具
弓と違い主観で撃てないがその分連射が早くて小回りが利きます。
今作から戦技で回し蹴り(タックル)が出来るので、少しだけ近距離の対処が楽になりますね
しかしこれはなんと言いますか…トンファーキックに似たものを感じますねw

■小盾
一番小さいサイズの盾
受け能力が一番低い代わりにパリィの受け付け時間が一番長いです。
戦士や刺客の初期装備ですね

■中盾
標準的な性能の盾
受け能力そこそこでパリィも出来るので扱いやすい盾ですね
いろんな場面に対応できるので、とりあえず盾はこれが安定です。

■大盾
一番大型の盾
パリィが出来ない代わりに受け能力が一番高いです。
なので、パリィを使わない人には一番合っている盾ですね
地味に盾の中では重量がかなり重かったりします。

■杖
魔術師の初期装備
魔法を撃つために必要な触媒ですね
近作からは杖自体が魔術を強化する戦技を持っているみたいです。

■呪術の火
呪術師の初期装備
呪術の撃つために必要な触媒ですね
触媒としては意外と要求ステータスが低いのが特徴ですね
ちなみに今作の発火は戦技として登場するみたいです。

■聖鈴
伝令や聖職者の初期装備
奇跡を撃つための触媒です。
こちらも奇跡を強化する戦技を持っています。



以上がダークソウル3で登場が予想される武器になります。
こうやってまとめてみると本当に武器カテゴリーの多さを実感しますね

今作は200以上の武器があると公式が発言していたりします。
(200となるとダークソウル2の初期より少し多いくらいになりますね)
そして戦技によってさらに武器に特徴が付くので、本当に今作は色んな戦闘パターンが楽しめそうです。
このような装備のボリュームの多さはソウルシリーズの魅力だと思います。
ボリュームの多さはコンテンツの長寿化やモチベーションにも繋がるので個人的にはとても嬉しいです。

こんな感じで装備が多いので、今作もなかなか対人が盛り上がりそうですね
色んなビルドを試しながらゲームを楽しみたいと思います。
発売までもうすぐなので、ワクワクしながら待ちたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 前情報その7 「マルチプレイ関連」

こんばんわ~
管理人のFLATです。
最近VRの話題が少しずつ聞くようになりましたね
私の最初はあまり興味が無かったのですが、釣られる形で色々と調べています。
何だかんだで新しいコンテンツなので、興味も尽きません。
最初は色々あると思いますが、最終的には流行ってくれる嬉しいですね
ちなみに個人的にはVRではホラーとかFPSとかプレイしてみたいです。

今日も今日とてダークソウル3の前情報を書いて行きます。
今回は「マルチプレイ」について解説を行いたいと思います。

ソウルシリーズには協力と敵対プレイが存在します。
基本的にはシリーズ通して共通しているシステムですが、作品ごとに細かい仕様が違ったりします。
なので、まずは今作でのそれぞれのプレイの細かい仕様について説明を行います。

■ 協力プレイ

今作の白霊の召還にはサインを用います。
自分を白霊として召還してもらいには「白いサインろう石」でサインを書き、そのサインを拾ってもらう必要があります。
そのサインを拾ってもらうことでホストの世界に召還され、協力することが出来ます。
また、帰還方法はアイテムの仕様又はエリアボス撃破です(死亡することでも元の世界には戻れます)
ここまでは今までとほぼ同じですが、今作からは白霊を召還するために「残り火」と言うアイテムが必要になります。
このアイテムを使用した「薪の王」状態でしかマルチプレイのホストになれないみたいですね
今作から亡者・生者の区別が基本低に無くなったみたいなので、その代わりなのでしょう。
つまるところ「薪の王」状態が前作で言うところの生者の状態に近い感じなんだと思います。
(残り火を使うと体力が×1.4されることを含めて)
ちなみに今作は一定の条件で白霊を3体まで呼べるみたいです(基本は2体)

■ 敵対プレイ

こちらも前作同様にオーブを使用して相手ホストの世界に侵入します。
侵入する世界は入れる状態のホストにランダムで侵入します。
勝敗条件も倒す or 倒される/逃げられると分りやすいものとなっています(敵対が終われば元の世界に戻る)
敵対についてもここまでは前作と同じ仕様となっています。
今作からの違いとしては白サインを触ったホストにしか侵入できないようになっているみたいです。
なので、侵入する際は基本的に複数戦になることが予想されます(侵入するタイミングで白が死んでいれば別)
これより侵入する側は不利な状況が増えることになりますね
そこら辺侵入プレイをする人は意識して行かなければならないと思います。
また、白霊を3体呼んだ状態だと黒霊も2体まで同一ホストに侵入される可能瀬もあるみたいです。
これらより今作の対人は複数戦がメインとなるかと思うので、これがどのようにゲームに影響が出るか楽しみです。


次にマッチング関連の仕様についてまとめて行きます。

■マッチング仕様

ダークソウル3のマッチング関係の大まかな仕様は以下の項目となります。
・レベルマッチング
・フレンドとは合言葉マッチングで比較的簡単にマッチングが可能
・今作も専用サーバーが存在
・海外勢ともマッチングが可能
・協力プレイの時間制限は廃止
・連続で同ホストに侵入されない(アイテムで解除可能)

基本的には今までのシリーズの良い所を集めた仕様になっていますね
特に個人的にはレベルマッチングと合言葉マッチングの復活は嬉しいです。
今作もしっかりサーバーを用意してくれるみたいですし、マッチング関係は問題なさそうです。
海外勢とのマッチングだけ回線の心配がありますが、最悪切り離すことも出来るみたいなので大丈夫でしょう。
こういった風に考えられる問題に対策が取ってあるのは個人的にはとても好印象でした。

ちなみに現在わかっているマルチプレイ用のアイテムは以下のようになります。
■マルチプレイ用アイテム

・白いサインろう石:召還サインを書く

・赤い瞳のオーブ:相手世界に侵入する

・決別の黒水晶:元の世界に戻る・零体を元の世界に戻す

・干からびた指:マルチプレイの侵入の制限を無くす


ダークソウル3の現在判明しているマルチプレイ情報はこれくらいですかね
また、映像や画像などでは他のマルチプレイ関連と思われるモノも確認されています。
詳細こそ判明していませんが、まだ他にもいくつかのシステムがありそうですね
そこら辺にも期待しつつ、すぐそこまで来た発売日を待ちたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 前情報その6 「ビルドについて」

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近音ゲーの楽譜を聞きまくっているのですが、かなり良い音楽が多いですね
さすが音で売っているゲームなだけあって力の入っているものがほとんどです。
何かオススメの音ゲー音楽がありました紹介してくれ嬉しいです。
ちなみに私自身は音ゲーはゲーセンで軽くプレイするくらいのプレイヤーです(最近はサンボルがメイン)

それでは今日もダークソウル3の前情報についてお話していきたいと思います。
今回はビルドについて説明したいと思います。

ビルドについては今までも少し話題に出していましたが、要するにステ振りの事です。
ダークソウル3はいくつかのステータスがあり、そのステータスを上げてキャラクターを強化します。
そしてステ振りの仕方でキャラの特性が決まってきます(装備なども大きく影響してくる)
その振り方が対人では大きなファクターとなるので、ビルドは結構重要視される要素です。
そのためステータス関係の話になるとそのビルドを意識してお話しすることになります。

そこでゲームが発売する前ではありますが、現段階で考えられるビルドについて考察して行きたいと思います。
もちろん実際は武器の性能やステータス関係の仕様で大きく変わるので暫定的なお話になります。
(過去作から考えてこんなビルドがありますよって感じの紹介です)
ちなみにビルドは100~120レベル帯を想定したものとなります。



■筋力特化型

いわゆる脳筋と呼ばれるビルドですね
接近戦で必要なステータスをある程度まで上げて,他を全部筋力に割くビルドです。
魔術や奇跡,技量を要求される武器は使用できませんが、特化している分火力は出ます。
特に筋力ボーナスの高い大型武器を主に使用したい人には合っていると思われるビルドですね
単純ですが意外と無駄がないビルドで火力も確保できるので、結構人気のあるビルドです。

メリット:単発火力の高い大型武器を扱うので,高い火力を確保する事ができる。
デメリット:戦闘パターンの幅があまり広がらない

・ステータス優先度

優先度(高):生命,持久,体力(装備重量の関係),筋力
優先度(中):集中(戦技による),技量(使用する武器の最低値程度)
優先度(低):理力,信仰,運



■技量特化型

こちらも近接型で技量に特化するビルドです。
技量ボーナスは手数が多い武器に高く設定されていることが多いので、そういう武器を使用したい場合にオススメです。
また、技量よりの方が使用できる武器が多かったりするので、プレイの幅も広くなります。
ただし技量だけだとあまり火力が上がらないと言った弱点があったりします。
なので、技量特化については対人では見ない系統のビルドだと思います(改良型は多いです)

メリット:プレイの幅がそこまで狭くならない
デメリット:火力がそこまで上がらない

・ステータス優先度

優先度(高):生命,持久,技量
優先度(中):体力,集中(戦技による),筋力(使用する武器の最低値程度)
優先度(低):理力,信仰,運



■筋力エンチャ型

筋力+魔術を上げてエンチャしながら戦うタイプのビルド
ちなみに戦闘スタイルが接近戦なので、生命や持久も上げます。
筋力からある程度理力に割くので通常時の火力は特化に負けますが、エンチャ時は上回ります。
ただ、単発系の武器とエンチャはそこまで相性が良くないので筋力寄りのビルドの場合は特化させてアイテムなどでエンチャする方が個人的には良いと思います。
また、この型は必要なステータスが多いのでレベルが高くなりがちです。

メリット:瞬発的な火力は最大クラス 
デメリット:戦闘パターンの幅があまり広がらない&レベルが高くなりがち

・ステータス優先度

優先度(高):生命,持久,体力(装備重量の関係),筋力
優先度(中):理力(エンチャントのためある程度必要),集中,技量(使用する武器の最低値程度)
優先度(低):信仰,運


■技量エンチャ型

こちらは技量武器とエンチャントで戦うビルド
技量武器は手数の多い武器が多いので、エンチャントとの相性がとても良いです。
そのため技量ビルドでの火力不足を補いながら戦う事が出来て優秀です。
また、武器の選択肢が多く、対策を取られ難い点でも対人においては大きな利点です。
レベルに関しても武器が軽いものが多く体力を抑えられるので、意外と困らなかったりします。
100~120レベル帯のビルドなら個人的には一番高いパフォーマンスを出すことが出来ると考えています。
ただし、エンチャありきで戦うのでエンチャが切れると途端に弱体化する点は大きなデメリットですね

メリット:エンチャ時は火力や戦いやすさ含めて高いパフォーマンスを発揮する
デメリット:エンチャが切れると一気に戦力ダウン

・ステータス優先度

優先度(高):生命,持久,技量
優先度(中):理力(エンチャントのためある程度必要),集中,筋力(使用する武器の最低値程度),体力
優先度(低):信仰,運


■上質型

これは筋力と技量をどちらも上げる型です。
この型の利点は高い火力と原則ほとんどの武器が使える事ですね
特に火力に関してはこのゲームの仕様上ステータスが高くなっていくと伸びが悪くなるので、その関係でどちらにも特化しない上質型は伸びが悪くなる前にビルドが完了するので火力が相対的に高くなります。
ただし、このビルドはとにかくステータスに余裕が無いと言うデメリットがあります。
そのためエンチャ型ともなるとほとんど他に振れなくなります。
高いレベル帯ではかなり優秀なビルドですが、低レベルビルドには向かないです。
ちなみに上質と言うのはデモンズで筋力・技量にボーナスが付いていた派生の名前から来ています。

メリット:高い火力を確保しながらほとんどの武器が使用できる。
デメリット:どうしても高いレベルでのビルドになってしまう(マッチングに問題が出てくる可能性がある)

優先度(高):持久,筋力,技量
優先度(中):生命,理力(エンチャントのためある程度必要),集中,体力
優先度(低):信仰,運


■魔法剣士型

この方は理力ボーナスのある武器で戦うビルドです。
そのため理力と接近戦に必要な生命,持久を中心に伸ばしていく感じになります。
(筋力と技量は使用する武器の要求ステータス程度まであげる)
それなりの火力を出せますが、エンチャントが出来ないため瞬間火力が少し低くなる傾向があります。
また、筋力と技量の要求ステータスが高い武器を使用し辛いといったデメリットもあります。
(理力にステータスを割く関係上、筋力・技量にポイントを割く余裕があまりないため)
その代わりに接近戦+魔術を同時に扱えるので戦闘パターンが広く取れるメリットはかなり大きいと思います。
どちらかと言うと接近戦に魔術を混ぜて相手を錯乱しながら戦う方になりますね

メリット:接近戦と魔術を同時に扱うことが出来る
デメリット:瞬間火力が低くなりがち&ステータスに余裕が無い

優先度(高):持久,理力
優先度(中):集中(魔術を使用頻度による),生命,体力,筋力,技量
優先度(低):信仰,運


■アンバサ型

こちらは魔法剣士の信仰版のビルドですね
こちらの強みは接近+奇跡が使える点です。
信仰は補助効果のものが多いので、魔法剣士に比べると防御型のビルドだと思います。
デメリットも似たようなものですね(その上攻めのパターンも多くないので、攻撃性が不足しやすい)
正直最近の傾向では攻撃のほうが重視されるので、人気が下火のビルドかもしれません。
ちなみに一部ではカルト的な人気のあるビルドだったりします(アンバサ~)

メリット:補助が充実しやすい
デメリット:攻撃性に欠けやすい

優先度(高):生命(補助を生かすため),持久,信仰
優先度(中):集中,体力,筋力,技量
優先度(低):理力,運


■純魔型

ほぼ魔術オンリーで戦う型
そのためビルドも魔術関係に特化させます。
一応武器も持ちますが、トドメ用だったりと補助程度です。
メリットは遠距離から高い火力で相手を攻撃できること
デメリットは接近戦が極端に苦手なことですね
正直対策されるときついビルドですが、それでも唯一レベルでの遠距離ビルドなので意外と人口がいます。
ちなみにストーリーだとかなり楽できるビルドだったりします。

メリット:魔術を最大限に生かすことが出来る(遠距離攻撃+火力)
デメリット:接近戦がかなり苦手(ソウルシリーズのゲームシステムだと結構致命的)

優先度(高):持久,理力,集中
優先度(中):生命
優先度(低):体力,筋力,技量,信仰,運




以上が現段階で考えられるビルドになります
実際のビルドは使いたい武器なんかに合わせるので、本当に暫定的な意見になります。
細かいステ振りなんかもまだ考えられませんし、こんなビルドが今までにあったんだな程度に思ってもらえると幸いです。
(それぞれビルドの内容もダークソウル3に当てはまるとは限りませんので)

一応ビルドについて私の大まかな考えを説明しますと…
とりあえず生命と持久にはある程度振っておくタイプです。
特に接近戦では火力と同様に重要なステータスと思っています。
なので、この2つについてはそれなりに比重を重くして考えています(特に持久は重めにしています)
また、体力に関しては装備に合わせて振る感じになるでしょう(一応防御力にも関係しますからね)
次に火力面についてはこのゲームはほぼ武器に依存するので、使用する武器に合わせてステータスを振ります。
そのため筋力・技量は武器のボーナスを見ながら上げていくことになります。
理力・信仰も似たような感じになりますが、こちらは魔術と奇跡が絡んで来るのでその兼ね合いもありますね
残りの集中と運に関しては正直未知数なところがあります。
集中は戦技や魔術、記憶スロットによって大きく比重が左右しそうだと思います。
最後の運に関しては正直余程効果が優遇されないと優先度が一番低くなりそうですね

これで前情報でのステータス関連の話題は一通り終わりましたかね
前情報段階でのお話でしたので、疑問符が浮かぶ点も多々あったと思われます。
おそらく実際にゲームが始まれば違った意見が出てくるかと思いますし、私自身の意見か変わると思います。
もうちょっと意見がまとまった文章が書ければ良かったのですけどねw
そこら辺はゲームが発売してからの課題としたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 前情報その5「素性」

こんばんは~
管理人のFLATです。
昨日ゲーセンに行ったら音ゲーコーナーに小学生(多分)がいました。
そしてjubeatをプレイしていてすごい印象に残りました(しかもうまい)
ゲームの高年齢化と言っても、探せばチビッコプレイヤーもいるものですね
今後のアーケードゲーム業界のために若いプレイヤーをどんどん取り込んでいって欲しい所です。

それでは今日は前回の関連としてダークソウル3の素性について紹介して行きます。
前回の記事はこちらからどうぞ→http://flatmk2.blog.fc2.com/blog-entry-518.html

ソウルシリーズには素性と言うものが存在します。
それぞれに初期ステータスと装備が決まっており、選んだキャラでゲームを開始して育てていくことになります。
初期装備についてはすぐに更新できるのであまり気にすることはないのですが、重要なのは初期ステータスです。

このゲームは初期ステータス以下には出来ない仕様になっています。
そのためビルドの際に無駄なステータスが高い素性を選んでしまうとそれだけでロスになってしまいます。
なので、最初の素性選びもビルドを行い場合は大事なファクターになってきます。

そこで今日は現在判明している素性の初期ステータスについて紹介・解説をして行きたいと思います。
ただし、現段階で判明しているものなので、誤情報や仕様変更の可能性があることはご留意ください。
それでは始めていきます。



■騎士

LV:9
生命:12
集中:10
持久:11
体力:15
筋力:13
技量:12
理力:9
信仰:9
運:7

完全に近接キャラ寄りの初期ステータスですね
近接キャラでは不要になりがちなステータスが抑え気味で無駄なくビルドできそうです。
とりあえず近接中心のビルドをしたい人にはかなりオススメの素性です。



■傭兵

LV:8
生命:11
集中:12
持久:11
体力:10
筋力:10
技量:16
理力:10
信仰:8
運:9

騎士と比べて技量寄りになっている素性
技量ビルドをする場合にちょっと向いているかなって感じですね
ただ、普通の技量戦士を作るなら騎士のほうが都合が良いと思います。
信仰と運が低めなので、そこら辺を必要としない場合は便利かもしれませんね



■戦士

LV:7
生命:14
集中:6
持久:12
体力:11
筋力:16
技量:9
理力:8
信仰:9
運:11

騎士と似ている初期ステータスの素性
こちらは攻略で必要なステータスに振られているので、ストーリー初期は便利かもしれません。
ただ、対人用にビルドしようとすると高い運がネックになってくると思います。
なので、どちらかと言うとストーリー攻略に向いた素性のような気がします。



■伝令

LV:9
生命:12
集中:10
持久:9
体力:12
筋力:12
技量:11
理力:8
信仰:13
運:11

全体的に振られておりあまり特徴がない初期ステータスですね
特に持久が低いのはネックでストーリでは使い難いと思います。
ビルドに関してもステータスがバラけているので無駄が出やすいかと思います。



■盗賊

LV:5
生命:10
集中:11
持久:10
体力:9
筋力:9
技量:13
理力:10
信仰:8
運:14

おそらく最大の特徴としては初期値最大の運14ですね
この関係で対人用のビルドをしたいと時は選ばないほうが懸命ですね
ストーリーに関しても生命と持久の低さの問題で少しきつい可能性があります。
ただし、運特化ビルドにしたい場合はかなり無駄がないのでその場合はこれ一択な気がします。
(イメージとしてはデモンズのエンチャブルブラです)



■刺客

LV:10
生命:10
集中:14
持久:11
体力:10
筋力:10
技量:14
理力:11
信仰:9
運:10

このキャラも伝令と同じく器用貧乏な感じですね
ストーリーを進めるだけなら問題なさそうですが、ビルドにはあまり向かないでしょう。
個人的には伝令と並んで印象が薄かった素性です。



■魔術師

LV:6
生命:9
集中:16
持久:9
体力:7
筋力:7
技量:12
理力:16
信仰:7
運:12

この素性の特徴は魔術関係のステータスに特化していることでしょう。
近接に必要なステータスが軒並み低いので、魔術キャラを作るとき以外は選ぶ必要はないと思います。
また、運が地味に高いので魔法剣士寄りにするなら「騎士」のほうが向いていると思います。



■呪術師

LV:8
生命:11
集中:12
持久:10
体力:8
筋力:12
技量:9
理力:14
信仰:14
運:7

こちらは理力と信仰に特化した素性ですね
全体的に無駄が無い初期ステータスなので、魔術と信仰を同時に使う場合はこれ安定ですね
さすがに近接キャラを作る際には高い理力と信仰が無駄になるのでオススメしません。



■聖職者

LV:7
生命:10
集中:14
持久:9
体力:7
筋力:12
技量:8
理力:7
信仰:16
運:13

こちらは奇跡特化となっている素性ですね
ただ、どうしても高い運がネックになるので純アンバサみたいなキャラを作らない限りは需要が低そうです。
そもそも奇跡オンリーみたいなビルドはかなり希少なんですけどねw



■持たざるもの

LV:1
生命:10
集中:10
持久:10
体力:10
筋力:10
技量:10
理力:10
信仰:10
運:10

みんな大好き持たざるもの
初期装備なしで全ステータスが同じと言う点が最大の特徴ですね
さすが対人用のビルドには向きませんが、色々と1キャラで試したい人にはオススメですね
特に偏りが無くLvも1なので、かなり色んな方向に満遍なく育てることが出来ます。
そのため1キャラで色んな要素を体験できるので、ある意味キャラを模索している人向けな気がします。
なので、個人的には対人向けではないが色々と便利な素性…といった感じでしょう。
ただ、さすがにステータスと初期装備なしの問題で初心者にはオススメできないですw




以上がダークソウル3での素性の初期ステータスとなります。
今作もなかなか多くの数の素性が用意されましたね(多分過去最高)
最初のキャラ作成は特にワクワクする場面なのでその時の選択肢が増えるのは良いことでしょう。

では、実際にどの素性がオススメかと言いますと…
普通にストーリーだけプレイするつもりなら、それほど素性ごとの差はありません。
それこそ初期装備で使いやすい素性を選べば大丈夫だと思います。
ステータスに関しても進度に合わせて順次上げていけば良いですからね

素性選びが必要になってくるのは対人用などにキャラをビルドする人になってきます。
基本的には使わないステータスを低く抑えるのがポイントになってきますね
ビルドについては後日書きたいと思っていますが、素性選びのコツとしては低いステータスに着目することですね
とにかく上げないステータスを低く抑えることが大事なので、その値が低い素性を選ぶのがポイントになります。
(上げない予定のステータス以外は基本的に初期値よりは高くしますからね)
そういう意味では偏った初期ステータスの方がビルドはやりやすいかと思います。

素性の初期ステータスが公開されてキャラビルドの案が色々と考えられ始めました。
正直なところ実際にゲームが発売されないと詳しい調整なんて出来ないんですけどねw
まぁ、今ある情報で色々考える発売前考察もゲームの楽しみ方の一つなので、色々と話題が出るのでしょう。
(その外の理由として時期的にユーザーの考察モチベーションが高いのもありますね)
何だかんだで後2週間程度で発売なので、私もそれまで楽しみに待ちたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 前情報その4 「ステータスについて」

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近ソシャゲの不祥事が結構ニュースになっていますね
前に一度コンプがチャなるもので話題になっているので、そういった注目を集めるのは2回目になるかと思います。
最初はかなり細々としたコンテンツがいつしか社会現象までになるのには時間の流れを感じますね
結局は収束してそれっぽい所で着地すると思いますが、新規参入は結構厳しそうなご時勢になってきました。
まぁ、流行って問題になって落ち着くって形はゲームのサガみたいな気もしますけどねw
次のステージとしてはVRになるのかもしれませんがこちらは少しコア向けのコンテンツになりそうですね
なので、お手軽に出来るソシャゲは何だかんだで当分は長生きしそうな気がします。
ソシャゲにももちろん良さがありますが、個人的にはもう少しコンシューマーにも頑張って欲しい所です。

それでは前置きが長くなってしまいましたが、今日もダークソウルの情報についてまとめて行きます。
今回はそれぞれのステータスについて解説したいと思います。

ソウルシリーズはアクションRPGと言うことでレベルとステータスが存在します。
レベルを上げるごとにいくつかあるステータスの中から一つ伸ばせるシステムですね
(正確にはステータスとレベル連動しているだけなので、レベル自体はマッチングの指標程度にしかなりません)
基本的にはステータスの振り分けには制限はなく、レベルアップごとに好きに振り分けれます。
そのステータスの振り方によってキャラに段々と特色が付いて行きます。

そしてダークソウル3には以下の9個のステータスが存在します。

・生命
・集中
・持久
・体力
・筋力
・技量
・理力
・信仰
・運


今回はこの各ステータスの情報について説明していきます。
また、今作のステータスの詳細情報はまだ出ていないので、前作からの推測となりますがご了承ください。



■生命
プレイヤーのHPを上げてくれるステータス
このステータスが高いほど最大HPも高くなります。
何だかんだでHPは死亡率に直結してくるので、このステータスの重要度は毎作品高いですね
その他にも作品ごとで一部状態異常に対しての耐性も付いていたので、もしかすると今作もあるかもしれません。

■集中
おそらく前作で言うところの記憶力だと思います。
効果もFPの最大値を上げてくれるステータスだと予想できますね
ちなみにFPとは戦技や魔法を使うときに使用するゲージです。
今作は魔法使いだけでなく、近接キャラもゲージが必要になるので結構重要そうなステータスな気がします。
他には魔法や奇跡の装備枠なんかにも影響してくるかもしれませんね

■持久
スタミナの最大値を上げてくれるステータス
このゲームはかなりスタミナ管理が難しいゲームなので、スタミナの重要度が高いです。
なので、余程特殊なビルドでない限りは一定の数値まで上げると思います。
個人的には一番優先度が高いステータスですね

■体力
装備重量を上げてくれるステータス
良くHPを上げてくれるステータスと間違えられますが、ダクソの体力は装備重量が上がります。
装備重量は使う武器によって必要な数値が変わってくるので、振り幅もビルドに大きく左右されます。
一応防具の関係で防御力にも関係してきますが、それだけのためだと優先度はあまり高くないですね
まぁ、使いたい装備に合わせて必要最低限上げるステータスだと思います。
また、状態異常の耐性も付く可能性があるので、そちらでもしかすると必要性が出てくるかもしれません。

■筋力
こちらは武器で要求されるステータスですね(ボーナスと装備条件)
あくまで筋力を上げると武器の筋力ボーナスによって物理攻撃力が上がります。
(筋力ボーナスがない武器ではいくら上げても上昇しません)
なので、使用する武器によって必要値も変わってきます。
まぁ、実際には攻撃力に直結してくるので重要なステータスではあります。
ちなみに通常武器や打撃武器で多く値を要求されることが多いです。

■技量
筋力と対になるもう一つの武器で要求されるステータス
扱いとしては筋力と同じような感じです。
こちらのステータスは斬撃や刺突武器で多く要求されます。
ちなみに筋力と技量をどのように振るかで使用する(出来る)武器が決まってきますので、両方振らないことはほぼないですね

■理力
魔法を使用するときに要求されるステータス
これが低いと使えない魔法があったり、威力が低くなったりします。
なので、魔法を中心に使いたい場合は最優先で上げることになります。
(逆に魔法を一切使わないビルドの場合は出来る限り抑えたいステータスでもあります)
また、武器に理力ボーナスが付いていることもあるのでそういった場合は武器の属性攻撃力を上げてくれます。

■信仰
こちらは理力と対になっているステータス
扱いも理力と似ており、その奇跡版といった感じのステータスです。
奇跡よりのビルド(通称:アンバサ)の際に優先してあげるステータスとなります。

■運
まさかのデモンズから復活したステータス
おそらくはアイテムドロップの確率を上げてくれるステータスです。
戦闘に対してはデモンズ通りだと基本的には影響してきません。
そのため一番重要度が低いステータスになるかと思います。
それの対策のために新しい効果が幾つか追加される可能性もありますし、一番今のところは謎が多いステータスですね
デモンズみたいに運のステータスが優遇される装備なんかがあっても面白いかと思います。



以上がダークソウル3でのステータス紹介になります。
ダークソウル2から「敏捷」を削除し、そこに「運」を追加したような感じになっていますね
また、戦技の追加だったり、魔法などがゲージになったのでそこら辺で「記憶力→集中」への変更もあります。
それでも全体的には今までシリーズに近い仕様で極端な仕様変更はないと思います。

このゲームシリーズはレベルキャップがなく全てのステータスをMAXにすることが可能です。
ただし、それまでに莫大な時間が必要だったり、極力プレイの際にレベルが問題でマッチングしなくなります。
そのためこのゲームにはビルドと言うものが存在します。

ビルドというのは要するに一定のレベル内で必要なステータスにだけ数値を割り当てることです。
レベルの目安はゲームが始まらないとわかりませんが、おおよそ100~150レベルが通例です。
このレベル内で無駄なくステータスを振ることで強いキャラをビルドすることが出来ます。
逆に器用貧乏にしてしまうと必要なステータスが全然伸びずに弱くなってしまいます。
そのためキャラの特化するステータスを決めてビルドを行っていくのが基本になります。

ただ、ビルドに関しては対人を中心としてプレイする人でなければそこまで気にする必要はありません。
普通にプレイする限りでは、ある程度適当に割り振ってもストーリーはクリアできます。
最悪きつくなってもレベルを気にせずしてステータスをガンガン上げれば問題ないですからね
まぁ、このゲームについてはプレイヤーの腕自体も大きく影響するので、ステータスだけ上げても意味がない場合もあります。
少なくても特化するとプレイの幅は減ってしまうので、やりこむつもりがなければビルドは気にしないほうが良いです。
(特に一度クリアするだけで良いと言う人は、ステータスを上げて色んな武器や魔法を使ったほうが楽しいです)
マッチングについても協力プレイだけなら余程極端なレベル上げをしない限りは大丈夫だと思います。

このようにステータスの上げ方一つとっても色んな遊び方があるゲームです。
なので、自分にあったプレイスタイルでゲームを遊ぶのが一番幸せになれると思います。
もちろんシリーズファンの人も多いと思いますので、そういう人たちには無用なアドバイスですねw

自分自身はソウルシリーズ最後と言うことで近作は頑張って行きたいと考えています。
そのため対人関係の記事も多くなるかと思いますので、その点を含めて今後もよろしくお願いします。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 前情報その3「戦技」

こんばんは~
管理人のFLATです。
昨日久しぶりにPS2を起動させてみたら何にも異常なく起動しました(3年ぶりくらい)
もう購入してから何年も経っているので結構驚きましたね
ソニーの製品はすぐ壊れるなどとも言われますが、結局は個体差なんだと感じました。
(こういう話題は統計を取らないと結論が出ませんが、意外とそういった実験はないですからねw)
まぁ、電子機器なんで急に壊れるものと考えて補償とか入っておくことをオススメします。

それでは今日もダークソウル3の前情報まとめになります。
今回の記事では新要素「戦技」についてまとめたいと思います。

戦技については以前の記事でも簡単に説明した通り,各武器の固有アクションとなります。
この戦技の登場により,各武器に新しい特徴が加えられ戦略やビルドの幅も広がると考えられています。
また、この戦技の発動にはFP(フォーカスポイント)を使用することになります。
イメージとしては専用ゲージを使用した必殺技(攻撃だけはないですが)って感じですね

そこで今日は現在の私自身が把握している戦技を紹介したいと思います。



・構え [武器:ロングソード(直剣)]
直剣は戦技を発動することで構えを取ります。
そして通常では出すことの出来ない攻撃モーションに派生するみたいですね
おそらく複数派生できるとのことなので、他の武器よりモーションが多く存在することになると思います。
ただし、一度構えを通さなくてはいけないので、どうしても攻撃にワンテンポ開きが出てしまうデメリットも存在しそうです。
なので、派生モーションがそれなりに優秀でないとなかなか使い勝手の悪い戦技になってしまいそうですね
逆に使い勝手さえ良ければ攻めのパターンが純粋に増えるので、対人でも力を発揮してくれそうです。

・回転 [武器:不死隊シミター(曲剣)]
回転しながら近くの敵を薙ぎ払う攻撃
まぁ、ありがちな回転攻撃ですね
単純な攻撃ではありますが、広い範囲の敵を巻き込めるのは魅力でしょう。
特にソウルシリーズは囲まれることも多いので、そういった場面で助けになりそうですね
ただ、リスクもあるみたいで硬直が長いみたいです。
FPも消費しますし、ある程度使いどころを選ばないといけない技ではあるみたいです。
ちなみに回転攻撃後特殊なモーションに派生できるみたいです。

・連射 [武器:ショートボウ(弓)]
弓で矢を連射します。
こちらも単純ではありますが、ダメージソースとして優秀そうですね
ただ、連射中は動けないみたいなので基本は大型エネミーに対しての戦技となりそうです。
少なくとも複数戦では隙を晒すリスクのほうが大きいと思います。

・踏み込み [武器:グレートソード(大剣)]
戦技を発動することで踏み込んで行きます。
そしてそこから各種モーションに派生していくみたいですね
まぁ、「構え」の移動するバージョンって感じだと思います。
メリット・デメリットも「構え」と似た感じになると思いますが、こちらは相手との距離を詰めれるメリットもありますね
特に動きが重いグレートソードでは貴重な戦力になりそうです。

・雄たけび [武器:バトルアクス(斧)]
雄たけびを上げて自分の物理攻撃力を一定時間強化する。
要するに攻撃力上昇系のバフですね
他と違いモーション系の戦技ではありませんが、攻撃力が純粋の上がるのは強いですね
使用時に相手を怯ませてくれるみたいですし、使い勝手としてはかなり良さそうです。
後は他と比べて武器のモーションが実質的に減ることになるのでそれがどれだけ響いてくるかですね

・詠唱 [武器:魔術師の杖(杖)]
こちらは魔法攻撃力を上昇させてくれます。
遠距離攻撃の威力を上げれるのはボス戦などで重宝しそうですね
対人なんかでもプレッシャーを掛けれますし、こちらも「雄たけび」同様優秀そうです。

・我慢 [武器:グレートメイス(槌)]
地面に武器を突き立てて強靭度を上げます。
また、被ダメージも抑えられるので相手の攻撃受けることが出来ます。
使い時は攻撃を避けれなく時に受ける場合に使用する感じですかね?
この戦技中は攻撃できないみたいなので、ちょっと明確な使い道が現在では思い浮かびません。
もしかするとカウンター的な使い方が出来るかもしれないので、何とも未知数な戦技です。

・チャージ [武器:?(槍)]
槍による連続突き
結構連続で攻撃を入れるのでまとまったダメージを与えられます。
逆に言うと複数戦や外した場合などは長い隙を晒すことにもなりますね
使いどころは難しいが決まれば強力な戦技ってイメージだと思います。
後は相手のガードを崩したりする場合にも使えるみたいです。

・居合い[武器:打刀(刀)]
伝統と安心の居合い切り
居合い自体は構えでそこから派生していくタイプの戦技らしいです(「構え」や「踏み込み」と同タイプ)
居合いからの派生モーションは全体的に振りが早い攻撃になっていみたいです。
また、刀に関してはパリィにも派生できるとの噂もあります。
なので、一度構えてしまえば対人などでも大きなプレッシャーを与えられそうですね
それでなくても居合いってだけでかっこいい感じがするので、人気が出そうな戦技です。



以上が現在私が持っている戦技の情報になります。
武器ごとに戦技が設定されているみたいで、これ以外にも相当数の戦技があると考えられます。
(調べ始めるまでは武器種類ごとに一つだと思っていました)
また、調べた中でも結構個性や性能が分かれていたので、大きく武器評価に直結してきそうです。

新しいシステムで色々と不安もあったのですが、調べている限りでは面白そうな感じはします。
(また、魔術や奇跡と戦技はゲージが共有みたいなので、そこら辺の絡みも楽しみだったりします)
ただ、特徴がハッキリと出てくるため武器性能の差が広がってしまう懸念もあります。
そこら辺は公式さんにしっかりと調整して貰いたいですね

ちなみに個人的にはバフ系統の戦技が強そうに感じましたね
やっぱり単純ながら攻撃全体の威力を上げれるのは大きいと思います。
また、動画などでは刀の居合いの評価が高かったのでそちらも使ってみたいです。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ダークソウル3 前情報その2「プレイ動画」

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近はコンシューマゲームの高年齢化が進んでいるみたいですね
やっぱりソシャゲーにユーザー取られているのが原因でしょうけど、そのソシャゲも最近はトラブルが多いです。
そう考えるとゲーム文化そのものが少しずつ衰退している気がして個人的には凄く悲しいですね
まぁ、アーケードゲームのように前例もありますし、時代の流れも大きいのでしょう。
将来的にはどのようになるかはわかりませんが私個人としては最後までゲームと付き合っていきたいと思います。

それでは今日もダークソウル3の前情報として動画を紹介して行きたいと思います。
今回は前回のPVから変わりプレイ動画を紹介したいと思います。

ダークソウル3は公式のプレイ動画の公開や試遊などが活発でプレイ動画も発売前ながらそれなりにあります。
特に最近では発売が近づいたと言う事で露出も増えてきました。
なので、そういった動画を見ることで今作の大まかな雰囲気を汲み取る事が出来ます(開発途中の場合もありますが)
そういった実際のプレイ画面は大事な前情報源となりますので、今回もいくつの動画を紹介したいと思います。

ちなみにプレイ動画はそれなりの数がありますので、いくつかをピックアップしたいと思います。



・DARK SOULS Ⅲ GamePlay Footage
  

公式のプレイ動画の一つですね
こちらは魅せるための動画なので、プレイ動画でのPVに近いかもしれません。
得られる情報は少ないですが、HUD等がない状態でのプレイなのでゲーム自体の雰囲気が良く伝わります。
また、HUDがないのでグラフィックが他より見やすくなっていたりします。
地面が抜けるなどの大掛かりなギミックも確認できますし、ゲームに対する期待感が煽られる動画ですね
ちなみに「Footage」は短いフィルム調の映像って感じの意味らしいです。



・「DARK SOULS III」TGS2015プレイムービー
  

TGS2015で公開されたプレイムービー
こういったイベントで公開される動画としては珍しく道中を多く映している動画です。
なので、PVやショートムービーでは把握し難い道中について色々と情報を得ることが出来ます。
自分自身が見た感じとして道中に関しては今までのソウルシリーズを踏襲していると感じました。
特に鎧と盾を装備して人型の敵を倒していく様なんかは今までも良く見た光景ですね
(ここら辺はブラボと少し違った感じとなるでしょう)
他にも武器の新しいモーションや伝統のヘルカイトさんなんかも確認することができます。
あまり長い動画ではないのですが、それでも幾つかの情報を得ることが出来る動画となっています。



・Dark Souls 3 Gameplay TGS 2015
  

TGSでのプレイ動画
これは生放送されていた映像だったと思います。
一応開発の人のコメント付きで17分ほどの映像となっています。
長めのプレイ時間でコメント付きなので、結構な情報が汲み取れる感じですね
特にちょくちょくゲームのコンセプトを語っていたので、そういった背景についても把握できます。
ただ、複数人でしゃべっているので少し動画に集中出来ないかもしれません。
(後一応は公式の放送と言うことで少し情報をぼかしている部分もあります)
ゲームシステムなどを把握できる動画なので、予習したい人はご覧になるといいかもしれません。




以上でダークソウル3のプレイ動画を終わります。
一応公式が絡んでいそうな動画をピックアップしました。
もっと色々と見たい人はYoutubeなどで探せばbetaの動画などが結構出てきますので調べてみることをオススメします。
(そちらは公式の動画ではないので、情報が多い代わりにネタバレなどへの配慮がない可能性があることはご注意ください)
また、今まで出ているプレイ動画は開発中のものなので、製品版で変更される可能性もご留意ください。
あくまでゲームの雰囲気掴みと購入検討の資料として利用するのが個人的には良いかと思います。

ダークソウル3の発売日も少しずつ近づいてきており、私のテンションも徐々に上昇しております。
現在はとにかくブログで紹介できるようなネタを探し回っている感じです。
前情報として紹介できるようなモノならバシバシお伝えして行きます。
ゲームの発売前のこの時期も前情報から色々と考察などをして楽しんで行きましょう!

それでは今日もこれくらいで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-