FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGSV:TPP バディについて

こんばんは~
管理人のFLATです。
MGO3サービス開始まで後1週間となりましたね
私は既に気合が入りまくっている状態です。
今作でも力を入れてプレイして、ブログの方でも役立つ情報を提供できたらを思います。

それでは、今日もMGSVの攻略関係の情報をまとめて行きたいと思います。
今回はミッションなどに連れていける「バディ」についてです。

まず「バディ」と言うシステムは今作から実装されたものでミッションでお供として連れていける仲間
そのバディには4種類あり、「D-Horse」「D-Dog」「クワイエット」「D-Walker」が存在する。
それぞれ持っている特性が違い、状況に応じて選択出来るようになっています。
また、それぞれのバディには親密度が設定されており、使用することで上昇します。
この親密度が上がるとバディに出せる指示が増えます。
そしてバディの装備も開発でき、ある程度バディの能力もカスタム出来ます。
(装備の開発には親密度や研究開発班のレベル、開発資料などが必要になります)
まぁ、こんな感じにバディにも育成要素があるので、使う順番など含めてバディの選択が結構重要になって来ます。
なので、前回と同様に各バディの特徴についてまとめたいと思います。



・D-Horse
一番初期にバディとなる馬
主な用途としては移動手段となります。
今作はオープンワールドで移動が大変なので、移動手段があるのは便利ですね
動物や兵士を轢いてスタンさせたり、簡単なトラップ(糞)を設置できたりします。
また、馬単体では敵と認識されない等のメリットもあります。
ただし、他のバディと比べるといささか機能不足で利点が少ない気がします。
まぁ、移動手段としてみればおそらく一番使いやすいので、マップを走り回るようになると重宝しますね
装備に関しては防御力と走力を上げるものがあります。
ちなみに移動が速い分敵をバッタリ出くわしてしまう事が多いので、その点には注意しましょう。

・D-Dog
初期の方で助けた子犬?が成長してなったオオカミ(ここら辺の話はマザーベースで聞けます)
プレイヤーに追従してきて、自分の周りの敵兵士やオブジェクトを自動でマーキングしてくれる。
(マーキングしてくれるオブジェクト:捕虜、野生生物、固定兵器、車輌、薬効植物、地雷)
マーキングの距離は最初は60mですが、親密度が上がれば120mまで広がります(ただし、マップには表示されない)
他にも吠えて気を惹いてくれたり、噛みついて相手の動きを止めたりキルを取ってくれたりします。
ぶっちゃけ潜入のバディとしては頭一つ抜けて優秀です(諜報班より多くの情報をもたらしてくれます)
バディに迷っているようならまずはこのDDをオススメします。
また、D-Horse同様に見つかっても敵として認識されません(むしろ気を惹いてくれます)

・クワイエット
前情報などでも何かと話題になっていた水着姿の女性
敵兵のマーキングと狙撃を行ってくれる。
索敵に関しては姿を消して屋外を動きながらマーキングを行ってくれるが、室内の敵はマーキングしてくれません。
また、偵察を負えないと狙撃態勢に入らないので、攻撃はしてくれません。
射撃に関して指示を出したときかプレイヤーが敵に発見されたときに相手兵士を狙撃します。
また、指示で自分が投げた投擲物を狙撃して空中にいる敵に攻撃できたりします。
この時の特性や性能に関しては開発した武器に大きく依存します(麻酔銃なんかにも変更可能です)
他にも補給物資としてプレイヤー付近に配置してくれます。
ちなみにクワイエットが先に見つかる事はありません(狙撃で警戒されることはありますが)
戦闘能力はかなり高めですが、索敵に関してはDDと比べてしまうと結構劣ります。
そして以外にも扱いが面倒です(ある程度自動で動いてしまうため意図しない行動を取ることがあります)
自動での戦闘力が高いので、ドンパチするときにはありがたいですが、潜入ではDDのほうが使いやすいですね
ちなみにゲームの進行で脱退してしまうので、そういう点でも少し面倒な印象ですね

・D-Walker
スネーク自身が乗り込んで操作するタイプのロボット型バディ
親密度が存在せず、性能に関しては装備によって大きく変わってくる特性を持っている。
(初期では麻酔銃しか使えない、少し移動が難しいD-Horseのような性能)
装備に関してはかなり大量にあり、ガトリングやロケラン、果てにはマチェットや火炎放射器や放電器まである。
また、頭のパーツを変えることで自動化することも可能(索敵と迎撃)
色んな装備があり、耐久力もあるため戦闘するためのバディとしては最優だと思います。
ただし弱点もあり、開発に結構な手間が掛かったり、使用するにも出撃コストが高かったりします。
また、D-Walker自体が見つかると警戒モードになります。
まぁ、能力は高いがコストが高く、機能が多いため扱いも少し難しいと言った感じでしょう。
扱いに慣れれば戦闘にも潜入にもかなり高い能力を発揮するため、余裕がある人は使ってみると良いと思います。



以上がバディの簡単な紹介となります。
個人的には潜入&ノーキルプレイが好きなので、DDを愛用している感じですね
やっぱり視覚的情報が多いのはステルスゲームとしては大きなアドバンテージだと思います。
他にはサイドオプスでは麻酔銃を装備させたクワイエットや遊びでD-Walkerを持っていきますね
D-Horseは最近は使ってないのですが、初期の頃はかなりお世話になっていました。
何だかんだ言って今までのメタルギアは個人での侵入でしたので、サポートがあるのは心強いですね
最終的にはD-Walker使いこなせるようになりたいのですが、それはもう少し後の話になりそうです。

今日のお話はこれで終わりになります。
最近はMGO3の前哨としてFOBも結構楽しんでおり、そちらの話ももうそろそろ書いて行けそうです。
ただ、FOBとMGO3が同時進行になりそうなのですよね…
時間的にどのように感じでブログの更新を進めていくかわかりませんが、今後もお付き合い頂ければと思います。
それでは、さようなら~
スポンサーサイト

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGSV:TPP 各プラットフォームについて

こんばんは~
管理人のFLATです。
10月から生活環境が変わるので、現在少しバタバタしています。
まぁ、準備に関してはあまり気にしていないのですが、ネット環境が変わるのでそこが少し不安です。
ブログ更新は普通に行なえると思うのですが、問題はMGO3などのオンライン対戦です。
今の環境にように安定して対戦が出来る環境ならありがたいですね

それでは、今日は久しぶりにMGSV本編について触れて行きたいと思います。
特に攻略関係をまだ全然書いていなかったので、今回からはそこに触れて行きます。

元々メタルギアシリーズはステルスゲームと言う特性上、複雑なゲームシステムをしていたのですが、今作はオープンワールドや新しい要素がいくつか追加されてさらに複雑になりました。
特にマザーベース関係のシステムは不明な点が結構あると思います。

そもそもマザーベースには7(+1)つのプラットフォームが存在しており、それぞれが役割を持っています。
このプラッフォームは資源とGMPを消費することで各4段階まで建設・増設することが可能です。
(ちなみに建設自体はストーリーの進行具合で解禁されます)
増設することで班の収容上限を多くする事が出来、多くのスタッフを主要出来るようになります。
(ちなみに班の機能はその班に所属するスタッフの数と能力で決まります)
ただ、色々あってどれをどのように増設したり、スタッフを集めたりしていいかわからない人も多いと思います。
なので、各プラットフォームについて簡単にまとめたいと思います(今回はオフラインでの要素が中心)



・司令部プラットフォーム
一番最初に建設されているプラットフォーム(この班にはスタッフの配属はありません)
これ単体に機能はないのですが、増築することで各班スタッフの「収容上限」を増やしてくれます。
ただし、他の班の増設と比べると全体の上限を増やすためか枠の拡張数は少ないです。
なので、前半はそこまで必死になって上げる必要はないと思います
まぁ、コスト自体が低いので、実際は一番早く増設が終わることが多いですね
ちなみに後半にはFOBの警備班にも関係してきますが、そこまで行けば基本的には余裕が出来ていることが多いです。

<警備班>
FOBにおいて侵入してきた敵を迎撃してくれるスタッフ
迎撃するので、相手プレイヤーに奪われたり殺されたりする可能性があります。
ただし、それを嫌って弱い兵士ばかり配置している今度はFOBを突破されてしまいます。
なので、余裕がないうちは余っている兵士を配備して、徐々に強化していくのが良いと思います。



・戦闘班プラットフォーム
班の機能としては定期的にGMPを取得してくれます。
他にはこの班のスタッフはスネークの代わりに出撃できたり、派遣ミッションの報酬にも関わってきます。
ただし、GMP自体はあまり貯められませんし、他の機能に関してもそこまで人数を必要としません。
なので、この班も急いで増設する必要はないと思います。
(ただ、戦闘班は派遣ミッションなどでロストしやすいので、予備確保のために増設するのはありだと思います)
ちなみに消費が激しいためか意外と戦闘班に関しては優秀なスタッフが集めやすかったりします。
なので、スタッフに関してはバンバン能力の高いスタッフを使用していきましょう。

・研究開発プラットフォーム
武器や装備品の開発に関わってくる班でレベルが上がると開発できるものが増えます。
(たまに他の班のレベルが要求されることもあります)
この開発が意外とレベルを要求するので、率先して増設したいプラットフォームですね
また、特殊技能も開発に要求されることがあるので、種類確保するためにスタッフの枠が必要です。
なので、この班には優先してスタッフを配備して上限も拡張することをオススメします。
(意外と開発資料がなくて開発ストップすることがあるんですけどねw)
最終的にはLv.60近くまで必要になってくるので、一番優秀なスタッフが必要な班ですね

・拠点開発プラットフォーム
定期的に資源を入手したり、加工してくれるプラットフォーム
レベルが上がるとそのスピードが増加します。
前半は資源が不足しがちなので、積極的に増設すると良いと思います。
(一応プラットフォームの建設速度も上がるので、前半に上げるとお得感があります)
常時機能していてので、おそらく一番恩恵を感じやすいプラットフォームだと思います。
ただ、この班に関しては優秀なスタッフ集めが大変なので、枠だけ増やしてスタッフが集まらないパターンもあるので注意してください。
ちなみにこの班専用の特殊技能はなかったりします。

・支援班プラットフォーム
サプライドロップでの武器や弾薬の補給、空爆での攻撃支援を行ってくれる班
班のレベルが上がると、攻撃の種類が増え、攻撃や補給の支援の実行も早くなります。
また、悪天候下でのフルトン回収率の低下も抑えてくれます。
この班の機能は意外と使うことが多く、フルトン回収の成功率の上昇もなかなかに恩恵があります。
ただ、レベルの上昇で極端に変わるわけではないので、プラットフォームとしての優先度は中くらいといったところですかね
(攻撃支援の種類に関してはレベルを上げるしかないので、頻繁に使う場合は優先しても良いと思います)
まぁ、資源が他と被らないため増設しやすいので、そこまでここに関しては順番を気にする必要はないですね

・諜報班プラットフォーム
相手兵士やアイテムの探知を行ってくれる班
レベルが上がることでその報告の頻度と精度が上がります。
また、マップに裏道やゴミ箱などのオブジェクトも表示してくれるようになります。
DDを使っているとそうでもないのですが、それ以外では先に相手兵士の位置がわかるので便利です。
アイテム集めなどにも役立つので、スタッフは積極的に配置していいと思います。
増設に関しては他のプラットフォームの状況を見てと言った感じですね(拠点開発と研究開発の次くらいですかね)
(DDを優先的に使っている人は後回しでもDDが優秀なので、意外と平気だったりします)

・医療班プラットフォーム
スタッフの負傷/病気などを治療する班
レベルアップで診療所に送られたスタッフの回復が早くなります。
また、フルトン回収の対象者の負傷による成功率の低下も抑えます。
正直あまり頻繁に使う機能がある班ではないので、そこまで優先しなくていいと思います。
一応トラベルメーカー対策にある班なのだと思いますが、トラベルメーカーは即解雇したほうが得策です。

・動物保護プラットフォーム
マップで回収した動物が集まっているプラットフォーム
機能は動物を集める以外ないのですが、なかなか癒されます。
テープや植物が自生するので、回収にたまに訪れて見るといいかもしれません



以上が各プラットフォームの特徴みたいなものになります。
(FOBが開放されるとまた少し変わってくるのですが、FOB関連は後日まとめたいと思います)
前半とかは資源の問題で増設について悩むと思いますが、意外と早い段階で全てのレベル上げれたりします。
寧ろ後半はスタッフ集めと管理が大変になってくる感じですね
特に最後のあたりは意外と班のレベルが伸び悩むので、優秀なスタッフ集めに躍起になります。
後はスキルとの兼ね合いになるのですが、結局は厳選作業になると思います。
(その内スタッフに関しても個別で記事書けたらと思います)
なかなか大変な作業になってくると思いますが、後半はオンライン要素のFOBにも関わって来ますので頑張ってください。

それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~



-追記(9/27)-
一部文章の追加・修正と抜けていた項目(諜報班プラットフォーム)の追加を行いました。
よろしくお願いします。

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

「MGSV TPP」 解説付きプレイ動画第4弾

こんばんは~
管理人のFLATです。
9月に入って日が少しずつ短くなってきましたね
気温も下がってきて本格的な秋の到来を感じます。
ここから体調を崩しやすい時期になってくると思いますので、皆様もお気を付けください。

今日は最近公開されたMGSV:TPP声優による解説付きの公式プレイ動画第4弾の紹介です。
今回の解説をしている声優はスカルフェイス役の土師孝也さんです。
(役で有名なところだとハリーポッターのスネイプ先生ですね)
基本的にこういった動画は発売前だけのことが多いので、発売後にも動画が公開されるのは珍しいことだと思います。
ファンとしては発売後もこのような感じでコンテンツを出してくれるのは嬉しいですね
ここら辺はコジプロならではと言った感じだと思います。

ちなみに動画内容はSIDE OPSに関しての内容となっております。
それでは動画のほうをご覧ください。


・【公式】SIDE OPS 1 戦車隊戦編 - TGS2015 GAME PLAY DEMO (解説:スカルフェイス/CV:土師孝也) | MGSV:TPP (JP) CERO [KONAMI]




・【公式】SIDE OPS 2 ゾンビ戦編 - TGS2015 GAME PLAY DEMO (解説:スカルフェイス/CV:土師孝也) | MGSV:TPP (JP) CERO [KONAMI]





まず第一印象は土師孝也さんがかなりのはじけっぷりがひどいことですねw
まぁ、スカルフェイスも本編では意外と多弁なので、結構解説役は合っていたと思います。
(さすがにところどころのテンションが変なところはキャラ崩壊でしたけどねw)
そういうこと出来るのも動画ならではなんじゃないかなって思っています。
内容に関してはSIDE OPSに対しての様々な攻略法の解説でした。
結構発売から時間が経っているのですが、それでもこんな方法があったのかと驚かされました。
そう考えると今作の自由度やボリュームの多さ、ゲーム性の高さは凄いものがあるのだと思います。
(公式から攻略法を出す当たりに製作の自信を感じます)

動画自体に関しても色んな手段を紹介していました。
普段使わない装備なんかも紹介されていて、今後活用できそうなものも結構ありましたね
特にカセットテープの意外な活用方法にはびっくりしました。
こういった隠れた要素を見つけていくのもMGSVの魅力の一つなのでしょう。
まぁ、個人で全部見つけるのはさすがに無理がありそうですけどねw
そういう意味では現在の動画を活用できる環境ともマッチしているのかもしれません。
(攻略法を紹介してくれている動画は実際結構出てきていますからね)
ゲームにおいても情報収集が重要になってきた現代ならではの形だと思いました。

MGSVはMGO3が10月に控えていることもあり、発売されてからもなかなかに盛り上がりが収まらないですね
公式も定期的にコンテンツを出しているのもユーザーの興味が失われない理由の一つでしょう。
(まぁ、バグだったりストーリーが未完だったり、一部要素が隠されていると言った良くない話も意外とあったりはします)
そういった点を含めて今後どのようにMGSVのコンテンツが展開されていくか期待しましょう。

それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さとうなら~

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGO3 プレイ動画紹介

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近3D酔いが頻発してきて結構困っています。
特に動きの多いゲームなんかしていると大変ですね
皆様もゲームをする場合は自分の体調に気を付けながらプレイしてください。

今日は前回に引き続きMGO3についての情報をまとめて行きたいと思います。
前回ではシステムやルールなどの紹介となっていましたが、今回はTGS2015での実際のプレイ動画の紹介となります。
まず最初にそれらの動画をご覧ください。



・Bounty Hunter


・CLOAK AND DAGGER





ルールはCLOAK AND DAGGERとBounty Hunter になります。
とりあえず開始時は簡易ボイスも相まって完全にMGO2の雰囲気に似ていますねw
最初に敬礼してリンクを繋ぐのも前作に本当に似ていると思います。
アバターは結構服装に自由度がありそうですし、武器に関しては本編に登場したものが使用されているみたいです。
また、ロードアウトシステムはFPSでお馴染みのものとかなり近い感じになっていました。

戦闘に関して一番目に付いた事はロック撃ちが無くなっていた事ですかね
また、MGO2はTPSながらも独特な視点になっていたのですが、MGO3はよりTPSに寄った感じです。
その他にもダッシュが追加されたり、HSが減っていたのも印象的でした。

ルールに関してもBounty Hunterは予想以上にドンパチしていて驚きました。
確かにフルトン回収でのポイントも多かったのですが、人数が多いこともあって基本はTDMになりそうですね
結構横槍入れられていた場面が多かったので、乱戦から抜ける技術も大切になってくるんじゃないかなと思っています。
CLOAK AND DAGGERに関しては完全にTSENでしたね
一応マップが広くなっているので、そこら辺での変化はあると思います。
ただ、今作はロック打ちがないせいかフルオート武器と非殺傷武器の差が大きいので、防衛側が有利な印象を受けました。

前作のMGO2とは少しだけ雰囲気が変わっていましたが、やっぱり見ていて楽しそうですね
(印象としてはステルスより少しシューティング要素が強くなっていたイメージでした)
サービス開始日までもう少しなので、期待して待ちましょう。

それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGO3 情報まとめ

こんばんは~
管理人のFLATです。
現在とあるソシャゲのイベントやらMGSVやらで幸せな日々を過ごしています。
その上楽しみのゲームの続報まで来たので、今年一番のテンションかもしれませんね
このまま今年のゲームライフを駆け抜けて行きたいと思います。

皆さんはメタルギアの本編を楽しんでプレイしていますか?
私はダラダラとストーリーを進めつつマザーベースを成長させている感じですが、本編の要素をほとんどやり終えてMGOを待っている状態の方もそれなりに多いかと思います(それかFOBをプレイして待っている人)

そこに関係して本日から4日間TGS2015(東京ゲームショウ2015)が開催されています。
その中のコナミブースでは10/6からサービスが開始するMGO3のデモプレイが行われています。
そこからMGO3についての詳細が公開されたので、今日はMGO3についての情報をまとめて行きたいと思います。
(ちなみに一部不確定情報が含まれている可能性がありますのでご了承ください)

名称未設定 1



・基本情報

サービス開始時は今まで通り10/6からで本編との連動はほとんどないとのこと
操作キャラは3人まで作る事が出来て,デフォルトのキャラが本編で作製したアバターになる。
残り二人については自由に作製する事が出来、性別やボイスもある程度は変更が可能らしいです。
ちなみにクロスプラットフォームではなく、セーブデータの移動も不可能みたいです。



・プレイヤーキャラ関係

まずセッションについてはMGO2のようにホストが建て、それに参加するようなタイプらしいです。
そして装備やアビリティについてはプレイヤーレベルを上げることで入手・習得することが出来,それらをロードアウト方式で組み合わせを登録することが可能みたいですね
また、GP(ギアポイント)と言うMGO専用のゲーム内マネーが存在し、防具や装飾品を買うことが可能とのことです。
そして今回の注目点の一つとして操作キャラクターに「偵察」「重装」「潜入」の3クラスがあることがあげられる。
(これもおそらくはロードアウトごとに設定できるのだと思います)
特徴は以下のようになっているらしいです。

偵察:標準的な身体能力で、双眼鏡での偵察や、スナイパーライフルでの遠距離からの援護などが得意
重装:耐久力が高く、強力な武器が持てるが、動きは鈍い
潜入:動きが素早く、ステルス迷彩などの潜入向きの装備を使用できるが、耐久力は低め


ちなみにユニークキャラも設定すれば使用する事が出来て、それぞれのキャラごとに特徴があるみたいです。



・ゲームルール

MGO3サービス開始時に遊べるのは、「BOUNTY HUNTER」,「CLOAK AND DAGGER」,「COMM CONTROL」の3つらしいです。
(MGO2にあったルールは開始後に追加されていく予定みたいですね)
今回は次世代機と言う事で対戦人数は8対8に増えるみたいです。
また、上記3つのルールの詳細は以下のようになります。

・BOUNTY HUNTER

チームデスマッチに近いルールで敵兵をキルかフルトン回収を行う事でチケットを減らせます。
そしてチケットを先に0にしたチームが勝ちとなるルールです。
また、敵を殺害したプレイヤーは「賞金首ポイント」が上昇し、この賞金首ポイントを所持した敵プレイヤーを、フルトン回収で生け捕りにすると、これまでその敵プレイヤーがキルした(賞金首ポイント)ぶんのチケットを奪えるようになっている。
なので、強い人をフルトン回収出来れば有利に試合を運べるようになると言った感じです。
まぁ、フルトン回収によるボーナスはありますが、基本的にはチーデスと思って良さそうなルールですね


・CLOAK AND DAGGER

潜入チームと防衛チームに分かれて、潜入側はデータディスを奪取してゴールに持っていき、防衛側はそれを阻止すると言った感じのルールです(リスポンがないので、相手を全滅させても勝ちだと思います)
また、潜入チームは全員がステルス迷彩を装備しており、使える武器は非殺傷兵器のみで、防衛チームは殺傷兵器のみ装備できる感じです。
基本的には従来のチームスニーキングほぼまんまだと思います。


・COMM CONTROL

攻撃チームと防衛チームに分かれて、攻撃側はマップ上にある通信タワーの制圧を、防衛側は通信タワーの防衛を目指すミッション(制圧は通信タワーに一定時間留まることで徐々に行なえるとのこと)
そして制圧すると機密書類のダウンロードが開始され100%完了になると攻撃側の勝利となります。
(ちなみに制圧されると防衛側は制圧し返せるみたいです)
また、マップ内には通信タワーが数カ所あり、制圧しているタワーが多いほどダウンロードが早くなるみたいです。
前作で言うところのBaseがわかりやすく防衛と攻撃に分かれたルールって感じですね



・マップ

森林、基地、ダムなど、さまざまなシチュエーションのマップがあるみたいですね
また,天候や時間の変化などもあるみたいです。
今回は対戦人数が増えたのでMAPも少し広めに設定されているみたいですが、ルール設定時に「ラッシュモード」でマップの広さを小さくすることも可能らしいです。

   

   




なかなか詳細な情報が出てこなかったMGO3ですが、これである程度は形が見えてきましたね
また、デモプレイの動画も出回り始めているので、そちらを確認していただければより雰囲気がわかると思います。
サービス開始までもう少し時間がありますので、本編の残りの要素を楽しみながら待ちましょう。

・MGO3デモ動画


それでは、今日はこれで終わりたいと思います。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGSV:TPP 序盤の感想

こんばんは~
管理人のFLATです。
ここ最近の雨の影響で一気に冷え込んだ気がします。
このままだと今年は残暑みたいなものがないまま秋が終わるかもしれませんね
温度変化が激しくなってくる可能性もありますので、私も風邪だけにはならないように気を付けて行きたいと思います。

今日はある程度MGSV:TPPをプレイできたので、ゲーム序盤での感想を書いて行きたいと思います。
(ゲームの方はEp.10に入ったばかりです)
ちなみにゲーム途中での感想なので、認識の誤りや変化は今後出てくると思いますがご了承ください。
それでは、感想を方を書いて行きたいと思います。





まず全体を通して一番に感じたことはゲーム自体の雰囲気が今までの作品と違う点です。
理由としては今作は超能力みたいなものが前半は目立っているためだと思います(ホラー色も強いです)
今までもSF要素は多くある作品でしたが、メカ側に寄っていたのでそこの差の違いでしょう。
まぁ、この点に関しては今後の展開で変わってくると思うので、現状ではと言った感じです。
後はグラフィックの進化とオープンワールドの仕様で視界が広く感じるのも理由だと思います。

・グラフィック

この点に関してやっぱり大きな進化を感じましたね
一番に大きい点はマシン性能の向上による描写距離の拡大でしょう。
今作はオープンワールドの描写を実現していることからおそらくは今までの一番の進化している点でしょう。
細かい描写に関しても4と比べれば大きく進化していました(8年の差があるとは言え相当進化していると思います)
後は光と影の描写は個人的にはすごいと思った点ですね
GZからあまり変わっていないと言われるグラですが、結構変わっていたと思います。
まぁ、総評で高いマシンスペックを生かしていると言った感じでした。
(特にオープンワールドで高いグラフィックを実現しているのは本当にすごいと思いました)

また、大きく雰囲気を変えたなと感じるもう一つの点は拠点と味方がいることですね
今までの作品はとにかくスネーク一人で淡々とミッションをストーリーに沿ってこなしていくだけでしたので、ゲームシステム含めて今作は大きく変化した点だと思います。
やっぱり拠点があったり、味方が居たりするだけで大きく変わることを実感しましたね
また、雰囲気関連でストーリーに関してですが、現状はあまり進めていないので何とも言えないですね
ただ、ムービーもゲームシステムが変わってためか少し断片的になってしまっていますし、今作は今まで以上にポンポンと話が進むので、ある程度メタルギアについて知識がないと置いてけぼりをくらうかもしれません。
(まぁ、オープンワールドのゲームはプレイヤーによって進行が変わるので、少しストーリーが追い難いのだと思います)
そこら辺が気になる人は他で少し補完しながらプレイしてみると良いかもしれませんね
ちなみに序盤のストーリー自体はなかなかにホラー色が強く新鮮味があって面白いのですが、先ほど述べたとおりに説明がほとんどなく話が進んでいくので結構難解な感じになっています。


次に今作のゲームシステムについて話して行きたいと思います。
今作の大きな売りの一つとしてオープンワールドが導入されたことが言えると思います。
オープンワールドのおかげで今まで以上に色々とやれる事の幅が広がりました。
特にマザーベースなんかはメタルギアのシステムそのものに大きな変化を与えてと思います。

・マザーベース

オープンワールドの重要となってくる拠点の役割を持つ場所
このシステム導入のおかげでミッション以外にもマップでのアイテム採集等の今までになかった概念が追加されました。
今までほとんどなかった成長要素が追加されたことにより一気にゲームのボリュームが増えましたね
個人的にはオープンワールドがもたらした最大の産物だと思っています。
まぁ、ある意味で今作の中心で一番重要となってくるシステムですね
コレクター気質のある人なんか狂喜乱舞するシステムだと思います。

その他にもストーリーについてはミッションと言う形である程度の制限を掛けて本筋を作ったりしている辺りもうまく元のシステムと組み合わせたなと思いましたし、オープンワールド特有の広大なマップを生かした自由な潜入もかなり面白いです。
その上にサイドオプスといった今までにはなかった横道だったり、ただマップを散策することも出来ます。

・自由潜入

今作に売りの一つであるシステム
オープンワールドの利点を生かして様々な方法で潜入を行えるようになっている。
(今までと違いわき道なども色々とあるため侵入ルートに関しては過去とは比べ物にならないですね)
また、敵兵士もある程度視界が広かったりと今作に合わせた仕様になっています。
マップ内を徘徊する兵士や時間や天候の概念もあるので、同じミッションでのシチュエーションが増えたのも魅力です。
私はステルスとオープンワールドのいい所が融合して出来たシステムだと思います。
少しゲームテンポが落ちますが、急いでプレイしている場合以外では気にならないと思います。

その他の色んな点も含めても現状ではゲーム性はかなりの完成度を見せています。
少なくともよくここまでうまい事ゲームを完成させたと思います(オープンワールドを生かしたシステムが多いです)
まぁ、一応ストーリーが追い難い等の不安点も少しはありますが、いい点含めて考えればゲーム性は十分以上にプラスでしょう。
まだ自分が体験出来ていないシステムもあるので、今後ゲームがどのよう進行していくかも個人的にはかなり楽しみです。
そこら辺のゲーム性も今後評価して行けたらと思います。


最後に操作性に関してはGZの改良版といった感じですね
特にダッシュからの匍匐や双眼鏡でのマーキングはとても使い易くなっていたと思います。
また、HUDもとてもシンプルになっているので、ゲームプレイの邪魔にならなくて雰囲気がいいです。
逆に武器チェンジ周りのシステムは少し使い難く感じました。
(後オブジェクトに対するアクションもボタンが被っていて誤操作しやすい気がします)
まぁ、そこら辺は装備が多かったり、アクションが多かったりするのでしょうがない部分でもありますね
後はオープンワールドの関係上どうしてもマップがごちゃごちゃしてしまうのと、そもそもスタートメニューの項目(特にマザーベス関係)が多いのでそちらも慣れないと結構手間取るような気がしました。
(マザーベースの管理なんかは結構大変です)
こちらも扱う要素が増えたためなので納得はしていますが、もう少し見易くしてくれると個人的には助かりますね
その他に関しては操作性は十分高いと思います。



序盤での私の感想はこんな感じです。
まだまだ色々と語りたいことはありますが、うまくまとまらないのでまたの機会にしたいと思います。
(そもそもクリアすらしていないので、あまり憶測で語りすぎるのもよくないですからね)
まぁ、現段階ではかなり楽しんでゲームをしております。
特にボリュームが多そうなので、かなり私好みのゲームな気がしています。
とりあえずは気になっているシステムのFOBまで頑張って進めて行きたいですね
そして一通り進められたら、もう一度感想でも書いて行きたいと思います。

それでは、今日はこれで終わりたいと思います。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGSV:TPP FOBとログインンボーナス

こんばんは~
管理人のFLATです。
昨日は関東地方は台風で大変だったみたいですね
私の方も風が強くて車が煽られるレベルでした。
そして何より数時間ネットが切断されて、一部ゲームが出来なかったのがつらかったです。
現在のゲームが如何にインターネットと共存しているか再認識させられましたね
まぁ、オフラインで遊べるゲームも多いので、そこら辺は個人の趣味だとは思いますけどねw

最近は頑張ってメタルギアを進めている状態でとりあえずはFOBが建設できるEp.22のクリアを目指しています。
よくやく最初の病院が終わったところなので、まだまだ先の話になるんですけどねw
また、ゲームを進めていくとログインボーナスを貰える様になるので、ある程度先を急いでいる感じです。
そこで今日はMGSV TPPのFOBとログインボーナスについてお話して行きたいと思います。



・FOBとは?

マザーベースとは別に、オンライン上に前線基地 FOB (Forward Operating Base) を建設することができる施設
FOBを建設すると、他プレーヤーのFOBに潜入でき、相手側のスタッフや資源を奪うことができる。
しかし、逆に自分のFOBにも潜入されることがあるので注意が必要
また、自動で資源の回収するので、マザーベースを早く成長させることが出来るようになる。

一応これらがFOBの大まかな説明になります。
まぁ、マザーベースでオンラインの影響がある建設エリアだと思っておいてください
その他細かい仕様は機会があったら後日記事にしたいと思います。
そしてこのFOBの目的は資源集めにあるのですが、それ以外にも資源を貰える方法があります。
それが今作から導入されたログインボーナスです。(今ではソシャゲなどでお馴染みのシステムですね)
ただし、意外とコンシューマーでは無いシステムなので,気が付かないでプレイしている人もいるみたいですね
そこで現状判明しているログインボーナスの仕様についてまとめたいと思います。


・MGSVのログインボーナスについて

・ゲームを起動しオンラインに接続するだけで取得可能で1日1回報酬が得られる
・Dailyログインボーナスはその日の17:00に切り替わる
・Dailyログインボーナスは曜日によって報酬が変わる

曜日ボーナス
月曜日100000GMP
火曜日生物資源(加工済)x5000
水曜日MBコインx15
木曜日ジギタリス(ルテア)x16
金曜日コモンメタル(加工済)x5000
土曜日MBコインx35
日曜日MBコインx30

基本的には資源なので、ゲーム内で貰えるものが追加で手に入る感じです。
ただし、MBコインに関しては課金アイテムなので、出来る限り貰えるようにしておきたいですね(一週間でMBコインは80個貰えます)
まぁ、ログインするだけで貰えるので、余程忙しくなければログインだけでもすると良いと思います。
ちなみに先ほども行った通りに、ある程度ゲームを進めないと貰えようにならないので、そこだけは覚えておきましょう。
また、今後ボーナスの内容が変わる可能性もあるので、そこもご留意ください。



今作のメタルギアはオンライン関係でなかなか複雑なシステムをしていますが、その分面白みもあるので頑張って行きましょう。
とりあえず自分もオンライン要素が遊べるところまでいけるように頑張りたいと思います。
それでは今週の週末も楽しいメタルギアライフをお過ごしください。

それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGSV:TPP 特典志願兵について(引継ぎ特典のスタッフ)

こんばんは~
管理人のFLATです。
更新に少し時間が空いてしまい申し訳ありません。
土曜日から今日まで用事があり東京に行っておりました。
そのおかげで4日くらいまともにゲームが出来ていないので相当精神的につらいです。
これからはある程度時間が空くと思うので、メタルギアが遅れ気味なこともありますし、頑張ってプレイして行きたいと思います。

そういうわけで未だに記事が書けるほどTPPをプレイしていないので今日も前回の続きの話をしたいと思います。
前回の記事でマザーベススタッフの引継ぎ特典の話が少しありましたが、今日はそれについて詳しく話していきます。

まずマザーベースの引継ぎスタッフは特典志願兵と言う名目で追加されます。
(ちなみに追加されるタイミングはスタッフごとに違うみたいです)
現在そのスタッフは20人確認されております。
その一覧が下の表になります(左がランク、右が名前)

S   Hideo
A+  Garnet Canine
A+  Crimson Canine
A   Night Tree Frog
A   Bitter Centipede
A   Roaring Capybara
A   Pirate Capybara
B   Gold Fox
B   Amber Fox
B   Eye
B   Midnight Mastiff
B   Blue Chameleon
B   Gray Wallaby
B   Finger
C   Hungry Crocodile
C   Grizzly Hedgehog
C   Ochre Chameleon
C   Wild Harrier
?   WILD STALLION
?   MAD WALLABY 


以上のスタッフはMGSV:GZの捕虜やユニーク兵士を捕獲することで特典として扱えるようになります。
また、ミッションごとに救出できる捕虜や捕獲できるユニーク兵士の数は以下のようになっています。

・メインストーリー:捕虜5人(チコとパスは除く)
・帰還兵排除 :ユニーク兵士2人(目,指),捕虜2人
・諜報員奪還 :ユニーク兵士1人(小島監督)
・機密情報回収 :ユニーク兵士2人(工作員の2人),捕虜3人
・対空兵器破壊:捕虜4人(管理塔にいる捕虜はおそらくユニーク)
(デジャブとジャメブミッションには該当なし)


これらのミッションで捕虜と兵士を回収すればTPPで特典として使えるようになります。
(難易度だったり、クリアランクは関係ないと思います)
ただし、確認されている特典志願兵の数が捕虜やユニーク兵士の数よりも多いので、他の条件でも加入する可能性があります。
(DLC特典スタッフはしっかりと別にいます)
その点なんかもわかり次第何かしらの形でお伝えできたらと思います。
志願兵については誰が誰に対応しているかわからないのですが、少なくてもAランク以上のメンバーは欲しいですね
特に小島監督は優秀な割りに簡単に獲れるので、欲しい人はそれだけでもやってみると良いと思います。
なので、時間があったり、スタッフを集めたい人はGZでスタッフ集めに挑戦してみてください。

それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGSV GZ→TPPへの引継ぎ要素まとめ

こんばんは~
管理人のFLATです。
ここ数日はメタルギアのおかげでもの凄く充実しています。
オフラインでここまで楽しんでやれているゲームも本当に久しぶりな気がしますね
これに一か月後にはMGOも始まると言う事で当分はこればかりやっていそうです。
記事の執筆意欲も高まってきているので、時間がある限りはメタルギア関係に力を入れて頑張って行きたいと思います。

それでは今日はファントムペインについて!…と思ったのですが、書くネタがまだない状態です。
(実は忙しくてまだまだ序章もあまり進んでいない感じです)
さすがにその状態で感想を書いてもしょうがないので、今日は他の事について書きたいと思います。

まぁ、この流れでメタルギアと無関係なことを書くのもアレなので、今日はGZからの引き継ぎについてまとめたいと思います(GZ→TPPの引き継ぎについて少し情報がわかりにくいと友人から指摘があったため)
ただ、自分もネットで調べた情報を元にまとめているので、間違いがある場合がありますのでご了承ください。



まず、MGSV TPPではMGSV GZのセーブデータから一部引き継ぎを行いことができます。
ただし、GZから全てのものを引き継いで使えるわけではなく、一部のアイテムを特典のような形で引き継ぎを行います。
ここでは何が引き継がれるかを紹介したいと思います。


・スニーキングスーツ(MGSV:GZでスネークが着用していたもの)

これはGZをプレイしていれば誰でも貰える引き継ぎ特典ですね
一応条件としてオンライン環境とゲームソフト本体とそのセーブデータが必要のようです。
(ダウンロード版は本体にゲームデータが入っていれば多分大丈夫です)
また、同一アカウントでないと引き継ぎは出来ない様なので、その点も注意してください(全部の引き継ぎ特典に共通)



・マザーベーススタッフ

GZで捕虜やユニークキャラを救出しておくと、 本編(TPP)のマザーベースのスタッフとして使用可能になります。
条件としてはスニーキングスーツの同じですが、こちらはゲーム内で救出しておく必要があります。
(おそらくヘリで捕虜を救出してミッションをクリアしていれば、スタッフとして使えるのだと思います)
どのキャラをどのように扱えるかなどの詳しい条件をわかっていませんので、そちらは本編で確かめるしかないですね
噂では小島監督もスタッフとして雇えるとのことなので、TPPをプレイする前にGZでスタッフ集めをしてみるといいかもしれません
ちなみに敵兵士を捕獲してもスタッフとして雇えるらしいです(こちらは多分ユニーク限定だと思います)

名称未設定 4



・FOX仕様のマザーベーススタッフ(初回特典)

MGSV:GZの初回版に付いてくるダウンロードコードで貰えるマザーベーススタッフです。
(ダウンロード版にも同様に付属しています)
こちらもTPPで使用できるマザーベーススタッフでダウンロードコードで獲得できます。
ですので、こちらに関しては引き継ぎと言うよりは、前売りの特典のような感じですね
(GZにTPPの特典が付属している状態なので、少しだけ分かりにくいかもしれません)
ちなみにこちらに関してはゲームをプレイする必要はないみたいです。



・金のバイオニックアーム

GZ達成率100%で追加されると噂の金のバイオニックアーム
ただし、達成率は関係なく追加されたり、そもそも追加されないとの噂もあります。
正直情報が曖昧なので、噂程度に考えてもらえるとありがたいです。



・MGS1のスネークスキン

デジャヴミッションクリアで貰えるとの噂です。
ちなみにデジャヴミッションはGZのストーリーで落ちているFOX勲章を9個集めると解放されます。
こちらも噂なので、真偽のほどはよくわからない状態です。
まぁ、こちらは条件がハッキリしているみたいなので、気になる人はクリアしておくといいかもしれません。





以上が引き継ぎが出来る特典と条件になりますね
結構色々なものが引き継げるみたいなので、GZをやっていない方は練習ついでにプレイしてみるといいかもしれませんね
(ちなみにPSNなら9/8まで1000円で購入できるみたいです)

また、引き継ぎはGZを起動してセーブデータをアップロード(ゲーム内に項目がある)すれば完了になります。
(TPPのセーブデータを作ってからでもでもGZから引き継ぎは出来るみたいなので、タイミングは自由みたいですね)
ちなみに引き継ぎにはハード間の条件もありますので、そちらは下の画像をご覧いただければと思います
privilege_data


それでは、今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

MGSV TPP発売!

皆さんこんばんは~
管理人のFLATです。
今日は簡易的な記事となります。



遂にMGSV TPPが今日発売されました。
多くの方が手に入れてプレイを始めていると思います。
私も早くプレイして記事にまとめて行きたいと思っています(ちなみにまだプレイ出来てません)

ちなみに今作は本当に人気があるみたいで、色んな場所で売り切れが続出しているみたいです。
特に通販サイトは結構入荷待ちのサイトが多く見受けられました。
なので、予約をしていないで購入したい方は近くのお店にない場合は少し入荷を待たないといけないかもしれませんね
また、次回入荷分も早く無くなる可能性があるので、早めの注文をオススメします。
(DL版でもいい場合は特に売れ切れなどは気にする必要はないです)

今作のレビューはもう既にいくつか出ていますが、軒並み高評価がもらえているみたいですね
もちろん人気作なのである程度色眼鏡は掛かっているかもしれませんが、十分以上に期待できる結果だと思います。
ご購入を考えている方には今年を代表するゲームとしてオススメしたいと思います。



今回の記事は短いですがこれくらいとさせていただきます。
とりあえず当面はメタルギア5を楽しんでプレイして、ブログのほうにもフィードバックして行きたいと思います。
また、次回の記事はいつもより早めに投稿したいと思っているので、よろしくお願いします。
それでは、失礼します。



-オマケ-

公式完成報告映像「Debriefing」


MGSや小島監督自身に関してのインタービュー動画です。
なかなかにファンには感慨深い内容となっていると思います。

テーマ : MGSV TPP
ジャンル : ゲーム

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。