FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OverWatch 一部ヒーローの再修正(7/27)

こんばんは~
管理人のFLATです。
遂にボロボロの携帯を機種変しました。
これでやっとまともにゲームが出来ますね
最近は某カードゲームに嵌っているので、外でプレイできるのは今から楽しみです。
今度はもう少し労わりながら使ってあげたいと思います。

今日はOverWatchに再度修正があったので、そのまとめです。
(全快のバランス調整の評価を受けて対応したみたいです)
今回再修正を受けたのはマクリー、アナとなります。
それでは、各キャラの内容を見て生きたいと思います。



■マクリー

・通常射撃の減衰距離を10メートル減少
・ファニングのレートが15%上昇
・フラッシュバンの投擲硬直を0.5秒→0.35秒に減少


■アナ

・ライフルのレートが20%上昇
・装弾数が8→10発に変更
・スリープダーツで眠った敵が攻撃で起きない時間を追加(0.5秒)




以上が今回の修正内容となります。
修正してみたら意外と極端だったので急いで修正したのでしょう。
まぁ、こういったゲームのバランス調整が如何に難しいかが分かる問題ですね
それでもすぐに再度調整した点はやっぱり優秀だと思います。
プロリーグも開催するみたいですし、そこら辺はかなり神経質になっているのでしょう。

修正内容については正直予想できた感じですね
マクリーは中距離以遠でかなり強力になっていましたし、アナの火力不足も顕著でした。
マクリーについては射程を減らして、ファニングを強化したのでまた少し近距離キャラに戻った感じなのでしょう。
これでスタン中にファニングを全て当てやすくなったので、アタッカーなどの体力低いヒーローに対して有利になりそうです。
アナについてはレートと装弾数で武器の扱いやすさを上げましたね
ただ、それでもまだまだ火力不足な気がするので今後様子を見たいところですね
スリープダーツについては機能しないことが多かったので、この修正は純粋にありがたいです。

最近は結構頻繁に環境に修正が加えられています。
おそらくはランクマだったり、プロリーグの影響でしょう。
今後こうやってゲームの完成度がだんだんと上がっていくことを期待しましょう。
ちなみにまた新キャラの情報が少しずつ出てきているのでそちらも楽しみにして行きましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなた~
スポンサーサイト

テーマ : オーバーウォッチ
ジャンル : ゲーム

OverWatch 修正後のヒーローの使用感まとめ

こんばんは~
管理人のFLATです。
遂に日本でもポケモンGOが配信されましたね
ただし、田舎なのであまりスポットが無くて泣きそうですけどねw
また、交通事故なんかも多いみたいなので、外でプレイするときは気をつけましょう。

それでは今日は修正後の各ヒーローの使用感をまとめたいと思います。
ただし、修正されてからそこまでプレイできていないので、現時点での暫定的な意見となります。
また、修正された全てのキャラを十分に使えているわけではないのでその点もご了承ください。
(大きく修正されたキャラを中心にプレイしています)



・アナ

追加された新ヒーローですね
軽く使ってみた感じはなかなか難しいイメージですね
何よりも武器が扱い難いのが厄介です。
使ってみると分かるのですが、思った以上にダメージが低いのでそこがかなりネックですね
(味方を打って回復も現時点ではうまい事扱えてないです)
逆にグレネードとナノブースにはなかなか可能性を感じています。
自己回復キャラへの対策や突破時のサポートとしてはかなり力を発揮しそうです。
ちなみにクイックでは配信されて間もないので、かなりの数使用されてたりしますw
(まぁ、ボルトスナイパーなので落ち着いた後もそれなりに人気は残りそうな気もします)


・D.Va

このキャラはだいぶ使いやすくなりましたね
まずディフェンスマトリックスが小出しに出来るようになったのがかなり大きいです。
とりあえず警戒で張っておくみたいな運用も出来るようになったので、生存率が上がった気がします。
使いたいときに残ってる場合が多いのもポイント高いですね
自爆に関してもかなり使い勝手が上がった気がします。
起爆速度もありがたいですが、何より自滅しなくなったのがポイントですね
(強引に飛ばして逃げるための距離を確保しなくて良くなったので、使うタイミングが簡単になったかと思います)
コストも下がりましたし、これで今までより積極的に使っていけるようになったかと思います。
ただ、同一キャラが使用禁止になったので、D.Va戦隊みたいな運用ができなくなったのは少し残念ですね
まぁ、単体での役割は増えたのでこれからは積極的にピックしていけるでしょう。


・マクリー

これは単純に射程が伸びたのが実感できます。
体感最高ダメージが倍くらいの距離がありますね
なので、うまい事使えばファラの明確なアンチになってくれそうな予感がしています。
そうじゃなくても少し特徴が変わって強いマクリーが戻ってきた感覚ですね
これからは近距離最強から中距離最強へのモデルチェンジを目指して頑張って欲しい所です。


・ゼニヤッタ

思ったほど極端に変化はしませんでしたが、安定感が上がった気がします。
何だかんだでシールで体力+50されたのは大きいですね
(死亡率が2~3割くらい減った気がします)
オーブが早くなったのも地味ながら助かる場面が何回かあったりしましたね
総じてこのキャラも強化のおかげで使える場面が増えたと思います。
ちなみにナノブースとが付いた状態で心頭滅却するとかなり面白いことになったりします。


・トールビョーン/シンメトラ

コンシューマー版でどちらもトレットの威力が3割減しました。
正直今までの感覚が残ってるので、かなり火力が下がってしまったイメージですね
もしかすると防衛でも今まで見たいにコンスタントに活躍してくれなくなってしまうかもしれません。
火力が下がったせいで強引に壊されるパターンが増えたのが痛いですね
とりあえず一定の間はこのキャラたちは様子を見て行きたいと思います。


・マーシー

ウルト使用時も止まらなくなったので生存率は上がりましたね
(地味ながら結構大きい気がします)
それ以外は極端に変化してないと思います。
攻撃のバフが単体で50%アップになったので、うまく使えば防衛とかでは役立つ場面があるかもしれないですね
正直元々使用率が低かったキャラなので、うまい事変化をつかめてる自信がないキャラだったりします。




以上現時点で軽く使った修正・追加キャラの大まかな印象ですね
ウルトのコストが変わった組は正直そこまで変化を感じませんでしたね
寧ろ自己回復で増えるようになったので、効率が良くなる場面もあったような気がします。
結局は自己回復分だけウルトのコストを増やした感じになるのでしょう。

また、環境についてはコンシューマー版では意外とタレット組みの弱体化が大きな変化になっている気がします。
やっぱり今までも防衛の要ではあったので、環境への影響も大きかったのでしょう。
後はマクリーとD.Vaが出てきそうなので、そこでどのように環境が変わるかですね
結構環境が変化しそうなので、また心機一転して楽しんで行けそうです。
これからもコンテンツの更新が続きそうなので、そちらも期待して行きましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : オーバーウォッチ
ジャンル : ゲーム

OverWatch 新キャラ「アナ・アマリ」

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近EVOと言う格ゲーの大会がありましたね
近頃はあまりプレイできていませんが、大会の様子は調べてたりしました。
それはそうと,遂に日本でもEVOの大会が開催されることになりました。
こういった大型のゲーム大会はあまり日本で行われないので、ゲームファンとしては素直に嬉しいですね
年々縮小傾向にあるゲーム市場ですが、こう言ったイベントで盛り上げて言って欲しいです。
VRも発売されるので、これからの業界の動向に注目したいと思います。

それでは今日は前回に少し触れていたOverWatchの新キャラについてです。

前々から噂されていた新キャラが遂に発表されました。
キャラ名は「アナ・アマリ」で噂のファラ母ですね
ちなみに見た目はこんな感じです。
『オーバーウォッチ』新ヒーロー アナ・アマリ

現在はPTRでテスト運用されており、正式な追加に向けて準備している状態です。
最初に簡単にアナのプロフィールにまとめたいと思います。

キャラ名:アナ・アマリ

ロール:サポート

ウェポン:バイオティック・ライフル
敵にダメージ,味方を回復することが出来るスナイパーライフル,スコープはズームが可能

スキル:
スリープ・ダーツ:相手を眠らせるサブウェポン,ダメージによる相手は起きる

バイオティックグレネード:相手にダメージと回復制限,味方に回復を回復アップを与えるグレネード

アルティメット:ナノ・ブースト
付与した味方のダメージと移動速度上昇,被ダメージ減少


以上がアナの大まかな情報になります。
実際の使用感などについてはまだ自分が使用していないのでわかりません。
噂程度では,スキルとウルトは強いけど武器の扱いが結構難しいみたいですね
(スコープ使わなくても戦えるが、レートに対して威力が少し低いみたいです)
積極的に前に出れないので、文字通り役割は味方のサポートになるみたいです。
まぁ、まだまだ調整の段階だと思いますので、場合によっては性能の変更はあるかと思います。
現時点でもPTRでの使用動画がいっぱい上がっているので、気になる方はチェックしてみてください。

次にアナのトレーラーとキャラストーリの動画を記載しておきたいと思います。




遂に登場した新キャラと言う事で色々と期待感が出てきますね
(個人的にはナノブーストとグレネードの回復制限にかなりの可能性を感じています)
このキャラがゲームにどのような変化をもたらすか楽しみにしたいと思います。

それでは今日はこれくらいで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : オーバーウォッチ
ジャンル : ゲーム

OverWatch 大型アップデートについて(7/13)

こんばんは~
管理人のFLATです。
PSVRまた予約を再開しましたね
やっぱり人気だったので、増販を決定したのでしょう。
私も今回は頑張って手に入れられるようにしたいですね

それでは今日は先日公開されたいくつかのOverWatchの情報についてまとめます。
メインの情報としては新キャラの追加とバランス調整ですね
それぞれを同時にまとめると記事が長くなってしまうので個別でまとめたいと思います。
今回は大規模アップデートについてです。

先日大規模アップデートの内容が公開されました。
内容は主にゲームバランスの調整となります。
今回は結構な数のヒーローに調整が加わるみたいです。
(ちなみに現在PTRでそのアップデート状態で稼働中)
この記事では大規模アップデートのゲームバランスに関わりそうな部分をピックアップしてまとめたいと思います。



■システム関係

・オーバータイムが20秒以上続いた場合はタイムアップが早くなる
・オーバータイム時のリスポーン待機時間が2秒長くなる
・ライバルマッチでは同一ヒーロー使用不可に変更
・己修復アビリティ使用でアルティメットアビリティをチャージが上昇


■ヒーロー関係


■バスティオン


・アルティメットのコストが10%上昇


 ■D.Va
・ディフェンスマトリックスがゲージ制に変更
(アビリティのクールタイムは1秒になり、追加された専用ゲージを消費して使用する)
・アルティメットのコストが15%減少
・自爆時間が4秒から3秒になり、自分自身には当たらないように変更


 ■ルシオ

・アルティメットのコストが10%上昇


 ■マクリー

・ピースキーパーの射程上昇
・遠距離での最低威力減少


 ■マーシー

・ダメージブーストのが30%から50%に増加し、重ねがけ不可に変更
・アルティメットコストが30%上昇
・使用時に移動が出来るように変更
・使用時にガーディアン・エンジェルが即リセット


 ■ロードホッグ

・アルティメットコストが45%上昇


 ■ソルジャー.76

・ダメージブーストのが30%から50%に増加し、重ねがけ不可に変更
・アルティメットコストが10%上昇
・レティクル拡大時の回復速度が上昇


 ■ゼニヤッタ

・シールド50追加(初期からヘルス50+シールド150に変更)
・オーブ系の弾速が30から120へ上昇
・アルティメットの移動速度が2倍に上昇
・アルティメットの回復速度が毎秒200から300に変更




おおまかにバランスに関係してきそうな項目は以上ですね
内容を見る限り相当環境が変わりそうですね
(現時点でテスト中ではあるので、配信時には内容が変更になる可能性はあります)

まずオーバータイムについてはかなり短縮されるのは間違いないでしょう。
同一ヒーロー禁止についても大きく戦法が変わるきっかけになると思います。
(ただ、野良だと結構キャラの取り合いになりそうな気がします)
ヒーローの修正については、こればかり配信されないと判断できないですね
新キャラの追加もありますし、配信されてすぐは結構模索が続きそうです。
ただ、強化された組に関しては今までと比べて使用率が大きく上がってきそうですね
とにかく環境が変わることは確実なので、配信されたら心機一転頑張って行きましょう。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : オーバーウォッチ
ジャンル : ゲーム

OverWatch ここ最近のヒーローピックの変化について

こんばんは~
管理人のFLATです。
最近ゲーム中の姿勢が悪いのか腰を痛めました。
何だかんだで動いていなくても姿勢が悪いと体を痛めると痛感しましたね
長時間座りながら作業などをする人は気を付けましょう。

それでは今日も前回に引き続きライバルマッチについてになります。
ライバルマッチと一部キャラの修正で少しずつですが、環境が変化してきています。
特にライバルマッチでは、今までとのキャラピックに違いを感じています。
そこで今日は現在のライバルマッチでのキャラピックの印象を主観でまとめたいと思います。
(ちなみにレート帯はおおよそ60付近での印象となります)

■使用率が増えたヒーロー


・リーパー

おそらくライバルマッチトップレベルの使用率を誇るヒーローですね
今までのクイックマッチでも多かったですが、より一層増えたイメージです。
理由はマクリーの弱体化で今まで以上に動きやすくなった点とマクリーに代わるアンチタンクピックでしょう。
その他にも様々な状況で安定して活躍できるので、その点からも全体として使用率が高くなっているのでしょう。
特にレート戦になると長いスパンで成績を考えるので、扱いやすいこのキャラの評価が高いのも頷けます。
現在最もゲームとライバルマッチのシステムにマッチしているキャラでしょう。


・ロードホッグ

これは完全にマクリー弱体化の影響でしょう。
今まで大きな抑止力となっていたマクリーがいなくなって動きやすくなった印象です。
(フラバン+ファニング*2で倒せなくなりました)
元々それなりに活躍していたヒーローでしたが、ここに来て一気に評価を上げた印象です。
現在ではアンチでリーパーを使われていますが、修正前のマクリーと比べたらたいぶ勝算がありますからね
後は良くも悪くも攻撃性の高いタンクなので、個人行動できる点も人気のある理由の一つなのかもしれません。


・ルシオ

これはヒーラーのピックの比率がだいぶコイツに傾いたイメージですね
(マーシーに比べてだいぶルシオが増えた印象です)
色々理由は考えられますが、レート評価の点でルシオの方がポイントを稼ぎやすいのが大きいような気がします。
特にマーシーは個人評価が低くなりがちなので、その点が使用率の差になっている気がします。
(大きなパーティになってくるとリザレクションの関係でマーシーの方が多いみたいです)
少なくともレート60付近で大型パーティ以外でプレイしている時はこちらが多い印象を受けました。
もちろん理想は状況とで切り替えられるのが一番ですが、難しいキャラが人気が出ないのは仕方ない気がします。
今後レート評価のシステムが変わってくれば、もう少しヒーラーの割合は変わってくるんじゃないかなと思います。


・ザリア

このキャラもだいぶ増えた印象ですね
これは環境の変化と言うよりはプレイヤー帯による変化でしょう。
個人的にはですが高レートの人なんかが好んで使っている印象です。
このキャラは扱いは少し難しいのですが、能力はかなり高かったりしますからね
その分プレイヤーによって脅威度は変わるのですが、最近ではこのキャラの対処に苦心することが多いです。
(たまにいるパーティでのダブルザリアとか泣きたくなります)
自分も練習しているキャラですので、うまいこと使えるようになりたいです。


・ファラ

これはライバルマッチが始まる前から少しずつ増えていたキャラですね
理由としてはおそらく初期から強かったキャラの対策が進んだからだと思います。
(他にはファラ自体の評価が上がっていた点もあります)
特に最近ではディフェンスに対するアンチとして使用率がかなり高くなっています。
(ウィドウが弱体化してさらに仕事が回ってきている感じがします)
私個人としてはディフェンスを良く使用するので、かなり苦手意識があります。
うまい人が使うと手が付けられませんし、環境の中心キャラの一人になってきているのかなっと思います。




■使用率が落ちたヒーロー


・マクリー

これは弱体化の影響で明確に使用率がガクッと落ちましたね
今までみたいにファニングでゴリ押す戦い方が出来なくなったのはかなり大きでしょう。
(多分環境にも一番大きな影響を与えた調整でしょう)
少なくてもタンクに対して弱くなってしまったので、役割は減ってしまったと思います。
運用方法も中距離でチクチクやりながら、近づいてきた敵を追っ払う感じになっています。
ペイロードの攻めとかでは、この運用の関係で中々相性がいいです。
決して弱くはありませんが、他に役割を喰われ気味なので使用率は上がってこないでしょう。
(前が強すぎたのもありますが、今は今で少し役割が弱い気がします)
せめてもう少し離脱系のスキルを封印できたら、明確なアンチアタッカーとして役割が出てくるんですけどね…
個人的にはちょっと地味になってしまった印象を受けるヒーローです。


・ウィドウメイカー

このキャラも目に見えてピック確率が落ちましたね
これは弱体化+レート帯の問題だと思います。
特に自分はコンシューマーでプレイしているのでその影響も大きいですね
正直私自身は現時点のライバルマッチで一番見ていない気がします。
(安定して扱うのは難しいですし、色々と物議にもなるキャラですから控えてる人も多そうです)
もしかするともう少し上のレベルに行くとうまい人が使っているのかもしれませんね
まぁ、それにしても激減したので弱体化の影響が大きかったのでしょう。
個人的にはディフェンス組を極端に倒し難くなったのが痛手な気がします。
現在はハンゾ―の方が評価が高いですし、同じ狙撃枠としてはなかなか厳しい立場だと思います。


・マーシー

これはルシオの時に語った通りですね
評価がどうこうと言うよりはレートシステムの問題な気がします。
そこが改善されればもう少しこのキャラについては使用率は上がりそうです。
(もちろん扱いやすさの問題で勝率が安定するかどうかも関係しているかとは思います)
後は何だかんだ言って、個々の生存能力の違いで少し差が出てきているような気がしています。


・ゲンジ

これもレート帯の問題かピック数は減っている気がします。
その代わりに使っている人は明らかにうまい人が増えてますね
最近ゲンジを殺しきれずに試合がひっくり返ることがあるくらいです。
色々と言われているキャラですが、能力的には戦えるだけの力は十分あるのでしょう。
ただ、相性が悪いキャラはとことん悪いので、やっぱり扱いが難しいことには違いないと思います。


・トールビョーン

これは明らかに環境がこのキャラに順応してきた気がします。
全体的にトールビョーンに対する警戒・対策がしっかりしてきたので、最近ではかなり動き難くなっています。
最初は使ってたけど、あまりにも対策されていてキャラ変更する事も多いんじゃないかと思います。
まぁ、環境初期にあれだけ暴れていれば色々と対策なんかも講じられるでしょう。
もちろんキャラ自体は普通に強いので、対策がされていない場合は今まで通りに防衛で活躍出来るかと思います。
ただ、この状態で弱体化されるとマクリー同様に使用率が大幅に落ちそうですね



以上が主観ではありますが、現在自分が感じているライバルマッチでのキャラピックの変化ですね
(ちなみに他のヒーローについては今までと似たような感じの割合でした)
まだまだ試行回数が少ないので偏りがあるかとは思いますが、印象としては少しずつ環境が変化している気がします。
急激に変わらないのでわかり難いですが、初期と比べると結構全体としての戦い方が変わって来ていますね
やっぱり相性があるゲームは少しずつ環境が変わって行くのでしょう。
最終的に人気キャラのの対策のためにアンチキャラが人気になって…みたいな繰り返しになりそうな気がします。
(ポケモンのWifiバトルなんかがそんな感じでしたね)
まぁ、こういった環境の変化もこの手のタイプのゲームの醍醐味だとは思います。

そして、これから新キャラの追加や修正でどんどん環境が変わって行きそうです。
ライバルマッチも段々と本格化してくるでしょうし、楽しみが尽きません。
ですので、これからも全力でオーバーウォッチを楽しんで行きたいと思います。

それでは今日はこれで終わります。
次回もまたお会いしましょう。
さようなら~

テーマ : オーバーウォッチ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

FLAT

Author:FLAT
ゲーム好きの考察やら日記やらを垂れ流すブログです!
FPSとか格げーとか中心にやってます!

※FPS
CoDがほとんどですね(ほぼTDM専)
こちらはMWからやっていてそれなりに得意なので考察とか書きたいです

※格ゲー
BBがほとんどで上達しない勢 
全然うまくならず実力も下の上くらい…
でも何故かやる気勢だったりするのでこちらは日記とか予定中 

最新記事
ブログ用ツイッター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
かうんた~
現在人数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。